大人の祝い☆厄年・厄払いしきたり

厄年(男女とも心身の自己診断にあたる年)

~厄年は社会的肉体的な曲がり角~

 厄年というのは陰陽道からきた信仰で、数え年で男の25歳・42歳、女の19歳・33歳を言います。特に男の42歳と女の33歳を大厄(たいやく)と言い、その前年を前厄(まえやく)、後年を後厄(あとやく)と言って、この3年間は身をつつしみ、厄を払って災難からのがれようとする風習があります。
 この風習を単なる迷信として考えることも自由ですが、確かに男の42歳前後は、社会的に責任が重くなり、肉体的にも疲れやすくなる頃です。女の33歳前後は子育ても一段落して、何かと体調が崩れやすい時でもあります。特に厄落としをしなくても、自分の健康について真剣に考えて、生活時間や食生活に対して改善をはかったり、思い切って人間ドックに入って、体のチェックをするには、とてもよい機会だと言えるでしょう。

~厄落としには地方のしきたりがある~

 厄落としの風習は、地方によって様々です。年重ね、年直しといって1年に2回年をとって厄を飛び越すという考えから、正月に門松を2組立てたりするところもあります。厄を落とすには、身につけているものといっしょに落とせばいいと、厄年の男女が神社に行って、身につけている手ぬぐいやくしを辻に落としてくる、というしきたりや、厄をまくという意味から、節分にもちや豆をまくとき、厄もいっしょにまいて、みんなに拾ってもらうというやり方や、割り木に自分の年齢と干支(えと)を書いて火にくべる方法などがあり、女性は、うろこ模様のものを身につけていると魔よけになる、という言い伝えのある地方もあります。
 いずれも、1人では払いきれない厄を、多くの人や神の力を借りて少しずつ清めていく、という考えから出た方法ですから、厄落としの宴に招かれたら喜んで出席し、厄を拾いに行ってあげるのがエチケットです。
 この場合、もてなしを受けるのですから、相応のご祝儀を包むか、厄落としのために縁起がいいとされている品を持参します。
 このときの品は、地方によって決まりがあることが多いので、その土地に詳しい人に尋ねて、確かめておいたほうがよいでしょう。

~現代風の厄落としは~

 都会では、決まった厄落としの風習がないので、中には無視する人もいますが、一般的には、神社でおはらいを受けることが多いようです。
 神社へお参りし、おはらいを受けたら、「御祈祷料」をお供えします。お参りする日は、多くは節分の2月3日ころの夜ですが、誕生日や誕生日近くの吉日に行ってもかまいません。
 本来は、すべての厄年の、前厄、大厄、後厄と3年間ずつつづけるのですが、男42歳、女33歳の大厄の年だけ、丁寧にする人もいます。
 また、都会でも、厄年の人がいる家庭では、節分か誕生日に知人を招いて会を催す場合があります。
 いずれにしても、ひたすら走り続けてきた我が身をいたわり、人生の一区切りとして、自分で納得できる方法で厄に対処することが現代風の厄落としと言えるでしょう。

yakuyoke0









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。