結婚式と披露宴の準備☆招待客の選び方と招待状

招待客の選び方と招待状(男女双方でそろえる)

~招待客は本人の交友関係を中心に~

 式場と日取りが決まったら、招待客のリストを男女双方で作ります。リストは、親戚と友人・知人関係に分け、本人との関係を明記し、それぞれ必ず招待したい人、人数に余裕があれば招待したい人というように、ランクづけをしておくと、最終的に人数の調整をするときに役立ちます。また、お互いにどのような人を招待するのかが具体的にわかるので、顔ぶれの予想がつきます。
 招待客は本人の交友関係を中心に、特に親しい人、世話になる人、尊敬・信頼している人などを選びます。昔は親の知人や友人を多くよんだものですが、今はあくまでも本人たちが主体です。本人もよく知っている人ならともかく、親が自分の義理などで、本人と一度も会ったことがないような人物を招待するのは控えたいものです。
 披露宴は、あくまでも新しい人生を踏み出す、ふたりの将来を考えたものでありたいものです。
syotaijyo

~招待客の顔ぶれは男女でそろえる~

 さらにたいせつなのは、どの範囲の人までを招くかを、男女双方でそろえるようにすることです。
 たとえば、友人中心にするのか、あるいは親戚を主体にするのかなどということです。この点が合えば、人数に多少差ができてもおかしくはありません。
 逆に、男性側が親戚中心なのに、女性側は友人中心だというように顔ぶれがアンバランスだと、雰囲気がしっくりいかなくなります。
 人数は、男女同数にするか、男性のほうがやや多くなるようにするのが一般的です。どちらかの郷里で挙式するときなどは、一方の人の招待客が少なくなることがあるかもしれませんが、それはそれでかまわないでしょう。一方に人数が多くなった場合は、その人数に合わせて披露宴の費用を負担するようにします。

~招待しきれない人は二次会で~

 あの人もこの人もと考えると、人数がどんどんふえて、予算内におさまらなくなってしまいます。そのためでしょうか、最近は、披露宴のあとに二次会を催して、披露宴に招待しきれなかった友人や知人に参加してもらうというパターンも多くなっています。
 もちろん必ずしなくてはならないものではありませんし、前もって決めてなくても、披露宴後に自然発生的に開かれる二次会もあります。
 もし、あらかじめ二次会を催すつもりであれば、友人などに幹事になってもらい、場所選び、案内状の作成・発送などの仕事を手伝ってもらうと助かります。
 二次会の形式に決まりはありません。レストランやパブなどで楽しく自由に、お祝いの会をすればよいと思います。
 なお、二次会は招待というより、参加者に会費を払ってもらう形が一般的です。

~招待状は本人か親の名で出す~

 挙式40日前くらいには招待状を出します。それまでに印刷ができるよう、注文しなくてはなりません。
 招待状は、いつ、どこで、だれとだれの結婚披露宴をするという招待の目的ともてなしの内容を記し、必要なら服装の断りも入れます。式場や印刷屋に文例がありますが、招待主を本人にするか親にするかを決めておきましょう。それによって文面やデザインも異なります。
 オーソドックスな形か、多少モダンにするかは、招待客の層に合わせます。
 本人ふたりの名前で書いた招待状の場合には、親からひと言添えてあるのも感じがよいものです。

招待状の文例

 両親が差出人の場合は改まった言葉づかいで、本人たちが差出人の場合は若々しい言葉づかい(ただし、あまりくだけないように)で書くのがポイントです。
 友人たちが発起人となって行う会費制の結婚式の場合は、幹事が差出人となります。

<両親が差出人の場合>

 謹啓 早春の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび、宍戸秀二様ご夫妻のご媒酌により、英明長男文和と澄夫長女美枝との婚約相ととのい、結婚式を挙げることにいたしました。
 つきましては、幾久しくご懇情を賜りますよう、式後心ばかりの披露の宴を催したく存じます。ご多用中恐れ入りますが、ご光来の栄を賜りたく謹んでご案内申し上げます。
 なお、ご諾否は同封のはがきにてご一報ください。
                          敬具
日時 平成○年○月○日(土曜日) 午後1時
場所 ○○ホテル5階鳳凰の間
平成○年○月吉日
                        中野英明
                        唐沢澄夫

<本人たちが差出人の場合>

 謹啓 秋風のさわやかな季節となり、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび、河田和彦様ご夫妻のご媒酌により、私たちは結婚式を挙げることにいたしました。
 つきましては、式に引きつづき、ささやかな披露の宴を催すことになりました。ご多用中まことに恐れ入りますが、ぜひご出席賜りたくご案内申し上げます。
                          敬具
日時 平成○年○月○日(土曜日) 午後2時
場所 ○○会館高砂の間
平成○年○月吉日
                        松田敏和
                        林ひろみ
 なお、勝手ながら、ご都合のほどを、同封のはがきにて○月○日までにお知らせいただきますようお願いいたします。

<会費制の場合>

 謹啓 秋風のさわやかな季節となりましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 さて、このたび荒川敬久君と久野真理さんが結婚することになりました。
 つきましては、披露パーティーを催し、ふたりの門出を祝ってあげたいと存じます。ご多用中まことに恐縮ですが、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。
                          敬具
日時 平成○年○月○日 午後6時
場所 ○○中華飯店宴会場
平成○年○月吉日
                    幹事 西川健治
                        加納 良
 なお、会場の準備の都合上、○月○日までにご返事をくださいますようお願いいたします

招待状を送る際のマナー

(1)あらかじめ話をしておく
 いきなり招待状を送りつけるというのは、唐突です。あらかじめ結婚が決まったこと、そして披露宴に来ていただきたいことを前もって話しておきましょう。
(2)仲人や主賓には手渡しで
 仲人や主賓には招待状を郵送するのではなく、直接伺って渡すようにするのが礼儀です。刷り上がったら、すぐに伺いましょう。
(3)スピーチや余興の依頼は一筆書く
 スピーチや余興をお願いする人たちに対しては、招待状に一筆書き添えて、お願いします。
(4)都合が悪そうな人にも一応送る
 当日はきっと都合が悪くて出席できないだろうと予測できる人でも、招待しておきたい関係にある人なら、招待状を一応、送っておくのが礼儀です。
(5)夫妻には連名で
 敬称は「様」、夫妻を招待するのなら連名にするか、夫の名の脇に、「御令室様」などと記します。
(6)あて名は毛筆で
 あて名は毛筆で書くのが正式です。くれぐれも誤字などがないように注意します。

遠方からの招待客には、車代を包むべきでしょうか?

 どうしても出席してもらいたい人、たとえば仲人や主賓、司会を頼む友人などの場合は、当然往復の交通費と、必要なら宿泊先を提供します。
 しかし、そのほかのかたの場合は、先方の自由意思にまかせるべきではないでしょうか。友人の祝い事にぜひと思えば、出席してくれるはずです。そのときは、前もってお祝いをかたく辞退すればよいでしょう。
 親戚に対しては、親戚同士の慣習に従います。だれそれの家の挙式のときは交通費や宿泊代を出したのに、だれそれのときには出さなかった、というようなことになるとやっかいだからです。
 なお、挙式する場所が特別に不便なところの場合、たとえば思い出のケルンとか、高原の教会などで、出席者全員に足を運んでもらいたいようなときは、挙式する側で車を用意するなど、便宜をはかりましょう。


 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。