春の行事(5月)☆端午の節句(こどもの日)・母の日・八十八夜

端午の節句(こどもの日)・母の日・八十八夜

~端午の節句(こどもの日)~


<端午の節句の由来>

 端午とは月の初めの午(うま)の日のことですが、古代中国で5月を物忌みの月とし、五が重なる五月五日に、様々な邪気をはらう行事を行いました。これが、日本に伝わり、よもぎや菖蒲(しょうぶ)で厄除けをするようになり、武家社会になって、男の子の出世を祝う日になったのです。
 現在では、男の子だけでなく、女の子も含めた「こどもの日」として、未来社会を担う子供たちの健やかな成長を願う、国民の祝日です。

<鯉のぼりを立て五月人形を飾る>

 それぞれの由来ですが、鯉のぼりは、男の子の出世を願って、鯉が滝を上って竜になるという中国の故事にちなんだものです。また五月人形は、強くたくましく育つようにという願いを込めたものです。

<五月人形の飾り方>

 雛人形ほどきちんとした決まりはありませんが、一般的には三段飾りで、上段中央に鎧(よろい)、冑(かぶと)と左右に弓(ゆみ)と太刀(たち)。中段に陣笠と軍扇、左右に吹流しと鯉のぼりを飾り、下段には中央にちまき、酒などの供物、両端にかがり火を置きます。場合によっては段飾りにせず、鍾馗(しょうき)さまや若武者、桃太郎や金太郎を飾ったり、人形がなければかぶとや太刀だけでも十分です。

<かしわもちとちまきを食べる>

 かしわもちは、かしわの葉が、若い葉が出ないと古葉が落ちないことから、跡継ぎが絶えないという縁起にならったものです。
 ちまきは、古代中国の忠臣、屈原(くつげん)の命日が5月5日で、供養のために米を入れた竹筒を供えたのが始まりと言われています。

<菖蒲(しょうぶ)湯>

 菖蒲は古くから薬草として用いられ、また魔よけの植物と言われているので、日本でもこの日、菖蒲を入れた湯で入浴します。地方によっては菖蒲の根をせんじて飲んだり、菖蒲酒を飲んだり、束ねたものを軒先につるして、厄病災難を除く風習もあります。
kodomonohi

~母の日~


<母の愛に感謝を捧げる日>

 アメリカから生まれた習慣で、クリスチャンの女性が自分の母の命日に、信者の人たちに白いカーネーションを配ったのが始まりです。日本では昭和の初め、教会を中心に母をたたえる運動が起きました。
 5月の第二日曜に定まったのは戦後のことで、お母さんが健在な人は赤いカーネーションを、亡くなった人は白いカーネーションを胸に飾って感謝の心を新たにします。
 このほか、お母さんの喜びそうな品物をプレゼントしたり、お母さんに骨休めをしてもらう日として小旅行や観劇に出してあげるのもよいでしょう。夫は妻の母に、妻は夫の母に贈り物をすると、人間関係の円滑化にも役立ちます。
hahanohi

~八十八夜~


<寒さとの別れの日>

 立春から数えて88日目にあたる日のことで、だいたい5月2日前後になります。一般に、八十八夜の忘れ露といわれて、この日を過ぎると露の心配がなくなり、稲や野菜などの種まきの目安とされていました。
 この日を境に、お茶つみが最盛期に入り、88が縁起のよい数字であることからも、この日につんだお茶は極上で、このお茶を飲むと長生きするといわれています。農家の人にとっては、八十八の組み合わせが、「米」の字になることから、この日を大切な日とするようです。
88ya









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。