披露宴でのマナー(服装・スピーチなど)

披露宴でのマナー

~会場へは開宴の30分前に到着~

 当日は必ず時間に余裕を見て家を出ます。開宴の2、30分前に会場に着くようにし、手荷物をクロークに預け、洗面所で着衣の乱れがないかどうかを確認しましょう。
 会場入り口に出ている表示札で会場を確認したら、受付に足を運びます。受付の方に一礼をし、「この度はおめでとうございます。ご新婦の友人、○○でございます。お招きいただきましてありがとうございます」と、挨拶をします。招待状を差し出して芳名簿に記帳します。この日にお祝いを持参した時は、「気持ちばかりのお祝いですが、お納めください」とふくさをとって相手向きに金包みを渡します。ただし、できるだけ当日にお祝いを持参するのは避けるのがマナーです。

~控え室ではなごやかに歓談を~

 次に、案内された控え室へ行きます。軽く一礼して入り、新郎新婦やご両親、仲人が出迎えている場合は、その場で立ち止まって、「おめでとうございます。お招きいただきありがとうございました」と挨拶してから中へ入ります。
 適当な席に座ったら、できるだけ初めて会った人とも自己紹介しなごやかに話をするようにします。
 新郎新婦の身内の方には、お祝いとお礼の言葉を述べましょう。
 飲み物が用意されている場合、勧められたら好みのものをとります。

~宴会場では和気あいあいと~

 開宴の時間になると、係が入場を知らせます。席次表を見て、自席を確かめてから入りましょう。
 新郎新婦が出迎えている時は、「おめでとうございます」と挨拶をします。椅子の左側から席に着き、周りの席の人とも挨拶を交わして自己紹介をすれば、披露宴の間中気づまりな思いをしなくてすみます。
 新郎新婦の入場は、厳粛な気持ちで拍手で迎えます。媒酌人や主賓の挨拶のときも静かに聞いて、私語は慎みます。
 乾杯の時は、グラスを右手で持ち、乾杯の音頭に合わせて目の高さくらいに持ち上げ、周囲の人とも視線を交わします。着物の場合は左手でそっと袖口を押さえましょう。
 お酒が飲めない人も、お酒に口をつけるまねだけでもします。乾杯が終わったら、拍手の後、椅子に腰を下ろし、ナプキンをとってひざにかけます。
 披露宴に遅刻した場合、会場係の人にわけを話して案内してもらいます。係の先導で目立たないように静かに歩き、「遅れて失礼いたしました」という気持ちを込めて軽く会釈して座ります。

~食事は周囲の人々ともペースを合わせて~

 自分のところに料理が運ばれても、すぐに手をつけるのはよくありません。同じテーブルに同席している人全員に料理が行き渡り、年配の方や目上の方が召し上がってからいただくよう心がけましょう。
 ディナー形式の食事は、回りの人々とペースを合わせるようにしないと迷惑になります。
 スピーチ中の食事は、司会者が召し上がりながら、どうぞ」と言った場合はかまいませんが、スピーチを全く聞いていないような食べ方は失礼です。また、スピーチが終わったら拍手を忘れずに。

~スピーチと余興は短く印象に残るように~

<スピーチは短く、明るく>
 スピーチを依頼されたら、できるだけ短い時間に話せるように、まとめておきます。時間にして、2、3分程度にします。
 まず、全体に向かって軽く会釈してから自己紹介をし、新郎新婦との間柄と、お祝いの言葉を述べて、次に本題に入ります。ユニークなエピソードや励ましの言葉を明るく、ユーモアを交えて簡潔にまとめます。もし得意な歌や好きな詩があれば、それを披露してもよいでしょう。

<忌み言葉に注意>
 「切れる」「離れる」「別れる」などの忌み言葉は使わないように気をつけます。また新郎新婦のプライバシーを暴露するようなことも避けます。

<決まり文句は避け、あたたかいスピーチを>
 よくある格言や決まり文句など、ありきたりなスピーチはつまらないものです。当人の人柄が印象づけられるようなエピソードや、両親の気持ちをくんだ一言など、あたたかいスピーチを心がけましょう。

<決まり文句は避け、あたたかいスピーチを>
 よくある格言や決まり文句など、ありきたりなスピーチはつまらないものです。当人の人柄が印象づけられるようなエピソードや、両親の気持ちをくんだ一言など、あたたかいスピーチを心がけましょう。

~突然の指名を受けたら率直に話す~

 たいていの場合は、スピーチは前もって依頼を受けるのですが、色々な事情で突然、司会者から指名されることもあります。その際は、もじもじしたり、うろたえて辞退することなく、まず深呼吸して気を落ち着け、ゆっくりと立ち上がりながらその間に何を話すかまとめます。
 突然の指名であることが会場の人々にも分かっているのですから、完璧にまとまったスピーチでなくてよいのです。むしろ「突然のご指名なのでなんと申し上げたらよいのか、とまどっておりますが」などと切り出し、その時に感じたままを率直に言葉に表しましょう。

~中座や退席するとき~

 途中で席をはずすのは好ましいことではありませんが、やむをえず中座する時は、ナプキンを椅子の上に置いて、周りに軽く会釈してから、静かにあまり目立たないように退席します。
 途中で退席することがあわかじめ分かっている時は、なるべく入り口近くに席をとってもらいます。退席する時はスピーチや余興の最中は避け、終わったあとの拍手の間など、タイミングを見はからって出るようにします。
 突然の急用や、気分が悪くなった場合の退席は、「急用ができましたので、失礼させていただきます。のちほどご挨拶させていただきます」などのメモをボーイさんから両親か本人に渡してもらいましょう。

~子供連れの出席は十分配慮して~

 子供は招待されていないのに、勝手に連れて出席するのはマナー違反です。「お子さんもどうぞ」と言われた場合のみ子供連れでもかまわないでしょう。その際も、ぐずついたり騒いだりして周りに迷惑をかけることのないよう、あらかじめ末席近くにしてもらったり、子供の好きなおもちゃを用意したりして、長い宴会の間、子供が退屈しないように工夫しましょう。幼児以上の場合は一人前の料理がつくことが多いので、お祝い金もその点を考慮します。

~立食パーティーでは歓談しながらいただく~

 立食形式の披露宴のときは、格式ばらないアットホームな雰囲気で行われることが多いのですが、その際も守りたいマナーがあります。

<料理>
 食べきれる分量を少しずつ皿に取り分け、いったんテーブルから離れて、周囲の人と歓談しながらいただきます。いつまでもテーブルのそばについたままにならないよう気をつけましょう。空いた皿やグラスは、テーブルの隅に置けばボーイさんが片付けてくれます。
 1ヵ所にとどまらず会場内を回り、多くの人と話をするようにします。
 来賓の挨拶が始まったら、話をやめて注目しましょう。新郎新婦やご両親には、お祝いと招待へのお礼を述べます。

<スピーチ>
 短く、ごく簡単に、その場の雰囲気に合わせましょう。


~お開きになったら挨拶して~

 お開きの挨拶が終わったあとは、ナプキンをテーブルの上に置き、席を立ちます。自分の席札、メニューは、記念として持ち帰るのが礼儀です。「ありがとうございました。お幸せに」などと声をかけます。司会者や媒酌人、ご両親にも挨拶します。

dress

~服装の万ーはTPOに合わせて~
 服装は、結婚式の規模や格式、時間、あるいは自分の立場を考えて決めます。新郎新婦を引き立たせるたに装いは控えめに。特に女性は花嫁の白、お色直しのドレスの色は避けます。和装なら振り袖、中振り袖、訪問着、ミセスは黒留め袖や色留め袖にします。洋装ならカクテルドレス、アフタヌーンドレスを。
 男性は親族ならモーニング、一般の出席者はブラックスーツ、ダークスーツでよいでしょう。
 「平服で」と招待状に記されていても、どの程度の平服なのか確認してからにします。普通の平服で行ったら周りは準礼装だったり、礼装で行ったら会費制のパーティーで、新郎新婦も平服だったりしたら困ります。招待する側の意向をくんだ服装に合わせます。
 次のようなファッションはマナーに反しますので注意しましょう。

 ・昼からメラ入りのロングドレス
 ・黒一色で喪服のイメージのもの
 ・白一色の装い
 ・新郎新婦よりも派手な服装
 ・極端に肌を出した、大胆なデザインでセクシーなもの
 ・ノーメイクあるいは濃厚な香水
 ・男性の靴や小物で、日中のエナメル類
 ・日中の豪華に輝くアクセサリー

 つまり、昼夜の区別をはっきりつけた服装を考えます。午後4時を境として、時間帯にふさわしい服装をしたいものです。
 宝石も日中は真珠を中心に、ガーネット、トパール、アメジスト、アクアマリンなど比較的光沢を抑えたもので、夜なら、金や銀、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、キャッツアイなど華やかなものにします。
 最近では、フォーマルの場でも個性的なおしゃれを楽しめるようになっていますが、最低限のマナーを守って、上手に流行を取り入れていくような服装を心がけましょう。

 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。