洋食のテーブルマナー(レストラン店内でのマナー)

~レストラン店内でのマナー~

 行き届いたマナーというものは、何もテーブルマナーだけではありません。レストランに入店した時から、あなたのテーブルマナーは始まっています。ここでは、レストランなどで食事をする際に気を付けたいマナー全般についてまとめています。

●レストランでのマナー ポイント

<入店時>
 男女カップルでフランス料理のレストランに入店する際、男性は先にドアを開けて女性をエスコートします。これは「レディーファースト」と言って欧米では一般的な習慣となっているマナー。日本ではあまりポピュラーではありませんが、エスコートされたら遠慮したり譲り合わずに女性から入店するのがスマートです。お店の人がドアを開けた場合は、軽く会釈をしたり挨拶をするのを忘れずに。お店に予約の確認をしたり、注文をするのも男性の役割なので任せましょう。席までは、お店の人の誘導に続いて女性が先に歩きますが、案内のないカジュアルなレストランの場合は、男性が女性をエスコートします。
 
<着席時>
 お店の人に席まで案内されたらテーブルのそばに立ち、お店の人が椅子を引いたら軽く会釈をしながらゆっくりと掛けます。自分とテーブルとの距離は、握りこぶし2つ分のスペースが目安です。原則、着席と退席は椅子の左側から行うのがマナーですが、お店の構造などにより難しい場合は特にこだわる必要はありません。席もレディーファーストに沿って、女性は上席に座ります。壁側のソファ席や景色や夜景が望める側の席が上座となります。基本的にはお店の人の案内にまかせましょう。自分で勝手に席を選ぶのはマナー違反です。ただし、トイレの近くの席や窓際の日ざしがまぶしい席など、案内された席に問題があればお店に人にその旨を伝えましょう。また、男性が女性より先に座るのは大変失礼な行為なので気をつけましょう。こちらもレディーファーストに従い、女性が先に座ったのを確認して男性が座るようにします。
 
<食事中>
【気をつけたい仕草】
 ・脚を組む/脚を投げ出す/膝を開きすぎる
 ・頬杖をつく
 ・肘をつく
 ・頻繁に髪をかき上げる
 ・背もたれにもたれたままになっている
【食事中の心得】
 ・食事のスピード・・・同席者のペースに合わせて頂く
 ・料理を残す場合・・・お皿の隅にスマートにまとめる
 ・料理や飲み物をこぼしたら/フォークやナイフを落としたら・・・速やかにサービス係に伝える
 
<手荷物の扱い方>
 バッグは自分の右側に置くと隣の人の邪魔になりますので、必ず自分の左側の足元に置くようにしましょう。小さめのバッグであれば自分の後ろ(背もたれの前)においても良いでしょう。大き目のバッグやコートなどがある場合は、入店の際にクロークに預けます。他にも厚手のジャケットや、スカーフ、手袋などの小物類もバックに収まらない場合は一緒に預けます。テーブルの上にバッグを置いたり、椅子の背もたれにショルダーバッグを吊り下げるのはNGですので注意しましょう。



洋食のテーブルマナー動画については、下の方のリンクから ご覧ください。









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

赤ちゃんのお祝い☆お宮参り 2019/10/31
秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。