結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方)

結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方)

~結婚披露宴の招待状はすぐに返事を~

 結婚披露宴の招待状が来たら、すぐに返事を出しましょう。招待状には「○月△日」までにと期限が記されていますが、披露宴の料理や記念品、席次などの準備がありますから、返事がぎりぎりになったり、出し忘れのないようにします。
「この度はご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。お招きいただきありがとう存じます」「ご結婚おめでとうございます。お招きいただきありがとうございます。大変残念でございますが、子供の入学式と重なり、伺えません」などと書き、出欠にかかわらず、書状にはお祝いと招待へのお礼の言葉を添えましょう。
 もし、出し遅れたりなどして、電話や口頭でいったん返事をしても、改めて書状で出欠を知らせます。
 返信用のはがきにもマナーがあります。「御」や「芳」の文字は消し、宛名の下の「行」を消して「様」に直しましょう。
 出欠を決めるのに時間がかかる時は、とりあえずお祝いと招待への返事をします。もし、ぎりぎりになっても迷う時には、身内の場合を除き、欠席にした方がよいでしょう。

~身内の不幸と重なったら~

 かつては、不幸があった人は身がけがれるなどの感覚があり、祝いの席への出席は遠慮していましたが、服喪期間を過ぎて心情的に抵抗がなければ、かまわないでしょう。一親等内でも弔明けを過ぎていて先方が出席を望み、自分もぜひ祝ってあげたいと思えば、遠慮することはありません。二親等でも初七日を過ぎれば、またそれ以上はなれた間柄なら、葬儀さえすめば気持ちの問題ですので出席してかまわないでしょう。
 法事と重なる場合、時間的に両方への出席が無理なら、近い関係を優先するようにします。迷う時は、身内の披露宴を除いて欠席したほうが無難でしょう。法事を欠席する場合は前日にでもお参りをします。
 また、不幸と重なって披露宴をやむをえず欠席するときは、祝電を打ちましょう。その際、書状の欠席の理由には、「先約あり」あるいは「社用で」などとします。

~代理出席は望まれた場合に~

 結婚披露宴の招待は、個人にあてて出席を依頼するものですから、出席できないからといって、勝手に代理人を立ててしまうのは大変失礼になります。「欠席」の旨の返事を出せば人数調整を図ったり、向こうの都合もあることです。「どなたか代理の方を」と依頼があった場合のみ代理を考えましょう。
 たとえ、仕事関係のお付き合いで急に夫もしくは妻が出席できなくなった時でも、必ず先方に尋ねてからにします。個人的にごく親しい間柄でも、一応先方にまかせましょう。

~お祝いの品は心を込めたものを贈る~

 婚約がととのった方から結婚の知らせを受けた場合、お祝いの品は遅くとも新居へ荷物を運ぶ前に届くように贈りましょう。
 昔は、結納から挙式の10日前ぐらいまでの吉日の午前中、自宅へ持参したものでしたが、今は挨拶状を添えた贈り物をデパートなどから託送するのが一般的です。その際は、受け取る側の都合もありますので、電話あるいは口頭で、あらかじめその旨を伝えておきます。
 お祝いの品は、”おめでとう”の心を品物にして贈るわけですから、相手に喜んでもらえるものを選びたいものです。親しい友人などなら、気兼ねなく何が希望かをあらかじめ尋ねてもよいでしょう。
 とりわけ希望がない場合などは、まず本人の好みを第一に考えます。迷う場合は、新居にふさわしい日常生活用品などが実用的で喜ばれるでしょう。タオル、エプロン、スリッパ、キッチン用品、バス用品などは幾つあってもよいものです。センスのよい、おしゃれなものが沢山出回っています。
 ブランド物など、あまり高価なものを選ぶのは考えものです。それは第一にお返しなどに気を使わせてしまいますし、いくら高価でもその人にとって不要であったり、気に入ってもらえなかった場合には困るからです。
 親しい間柄なら、本人の喜びそうなもの、個性豊かなものを、あたたかいメッセージとともに贈るのが記念にもなってよいでしょう。
 贈り物の予算は、相手との間柄や親しさの度合い、自分の経済力に見合った額にします。

~お祝い金を贈る時~

 お祝い金を贈る場合には、心を込める意味で、しきたりを重んじて贈りましょう。
 ご祝儀は、奉書紙かのし袋に中包みをしてから包み、紅白や金銀の水引をかけます。ただし、中身と見合った水引に。表書きは「寿」「御祝」とし、その下に名前を入れます。
 このご祝儀を片木盆にのせて末広を添え、ふくさをかけて持っていきます。遅くとも、挙式の2週間前くらいに持参するのが、正式なやり方です。
 略式にする場合には、簡単な台敷きふくさに金包みを包んで持参してもよいでしょう。
 お金は新札にします。何人かの連名の場合は、目上の人を表書きの真下にして順に左へ書きます。「山田花子様」などの宛名を入れる時は、上段の左に宛名を、贈り主は目上の方が宛名に近い方、すなわち左端になるように書きます。
 なお、贈る先が遠方の場合には、お金をご祝儀袋に包んでから、現金書留の中に入れて送ります。

iwai_fukuro1
iwai_fukuro2

~披露宴に出席しない場合の祝い方~

①友人と連名でお祝いを贈る
 お祝いとお招きいただいたお礼の言葉を添えて、欠席の書状をできるだけ早めに出します。異性の友人や同僚の場合には、他の方と連名でお祝いを贈るとよいでしょう。人数がまとまれば金額も多くなり、1人では買えないようなものでも贈ることができます。
②祝電を打ってお祝いを述べる
 祝電を打つ場合には、配達日時を指定し、披露宴会場に開始1時間前に必着するようにします。
③会費制のパーティーを企画する
 会場が狭い場合などの理由で大勢の招待客を呼べなかった時は、披露宴のあとに友人を中心にした会員制のパーティーを二次会と称して開くケースが多くなっています。そのパーティーを企画したり、また参加してふたりを祝い、守り立てましょう。
 その際のマナーとしては、料理テーブルをとり囲んだまま食べ始めないこと。
 初めて会った人たちとも挨拶を交わし、なごやかな雰囲気になるようにします。しかし、いくら二次会で無礼講だからといっても、やたらお酒を飲みすぎたり、プライベートな暴露話などをしたりしないように気をつけます。
 会場は立食式のこぢんまりとしたレストランやパブなど、人数と会の雰囲気によって決めるとよいでしょう。招待状も手作りで趣向をこらしたものを作り、1ヵ月前には発送します。
 ゲームや歌など楽しいイベントを計画するのも喜ばれます。また、そんなパーティーの一部始終を録画して、二人にプレゼントするのもよいでしょう。

 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

赤ちゃんのお祝い☆お宮参り 2019/10/31
秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。