縁談と見合い☆見合いの決心がついたら

見合いの決心がついたら(世話役に依頼)

~当人同士の都合のよい日時を選んで~

 見合いの決心がついたら、世話人に段取りをととのえてもらいます。昔は、こうした吉事は暦の吉日の午前中を選ぶこととされていましたが、忙しい現代ではそうこだわる必要もなく、まず、当人たちの都合を優先するのがよいでしょう。

~日時~

 仕事や生活環境を考え、ゆっくりできる休日の午後や、休日前の昼下がりなどが気持ちにも余裕があってよいのではないでしょうか。
 初めての人と食事をすることは、意外と気をつかうものです。できれば、お茶とケーキくらいで話せる時間帯を選ぶほうがよいようです。
 もし意気投合したなら、その雰囲気は相手に言わずともわかると思いますが、さりげなく「今日はとても楽しい1日でした。またお会いできたらうれしいです」というくらいの言葉を添えるのもよいでしょう。しかし、いくらフィーリングが合ったからといって、その日のうちにプロポーズをしてしまうといったことは避けなければなりません。

~場所~

 静かでゆっくりと話のできるところ、たとえばホテルのラウンジや、落ち着いた雰囲気の喫茶店などがよいでしょう。ふだんの生活からあまりかけ離れていない場所で、静かなBGMや適度なざわめきがあるくらいのほうが自然にふるまうにはよい場所といえます。
 世話人は、あらかじめ下見をし、適当な場所が見つかったら、予約をしておくと安心です。和室は、あまり正座に慣れていなかったり、立ち居ふるまいがぎこちなかったりして自信がないときは避けたほうがよいかもしれません。
 また、季節もよく、当人同士も意見が合えば戸外で会うのもよいでしょうし、趣味が合えば、演奏会や観劇などをセッティングするのも一法でしょう。アットホームな雰囲気の中でというなら、世話人の家で行うのもよいものです。しかし、いくら自分らしいからとか、行きつけの店だからといって、初めから居酒屋などくだけすぎた場所は禁物です。

~同席者~

 世話人はそれまで面識のないふたりを紹介したら、「あとはお若いかた同士のお話もおありでしょうから……」などと言ってさりげなく席をはずします。初めの段階で、もしふたりの表情や態度がかたくなっているようなら、気分をほぐしてあげたり、話題に詰まるようなら、話の糸口をつくってあげたりし、よほどふたりが合わないような場所を除いては、しばらくしたら席をはずすなり、ふたりを別の場所に移すなりの気づかいを。
 格式を重んじる場合や、家の意識のかなり強い場合は、昔同様、世話人のほかに、付き添い人を立てることもあります。その際は本人をよく知っていて、相談に乗ってもらえるような人がよいでしょう。そのときの人数は、男性側と女性側同数が原則です。親の前ではなかなか本音が言えないものですから、親の同席は避けたほうがよいでしょうし、成人してまで親に付き添われるのもどうかと思います。

~服装~

 改まった感じのするものの中からTPOに合わせ、双方とも雰囲気が違いすぎないように、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。
 場所、時間などによって異なってきますが、女性なら一般にシルエットの美しいドレッシーなワンピースや、やわらかい印象のスーツ、和服なら小紋、つむぎ、訪問着などが適当でしょう。
 やさしい感じの女性にあまり個性的なファッションはきつすぎますし、活発な女性なら生き生きした自分に似合うファッションにすれば、多少派手かなと思っても着こなしてしまうもの。要は見合いだからと、特別なことをする必要はありません。
 アクセサリーは真珠など控えめなものが、上品さと美しさを引き立たせてくれるでしょう。化粧もふだんの自然な感じでかまいません。
 男性は、ダークスーツやおしゃれな感じのソフトスーツがふさわしいでしょう。男女とも本人らしさのあらわれる服装で、自分のよさや個性をどんなふうにアピールしていくのかを考えましょう。
miai_fmiai_m

~当日の費用~

 見合いの費用は、ふたりで折半にしますが、当日のレストランや喫茶店の支払いは、世話人に立てかえてもらってかまいません。
 後日、見合いの返事も兼ねてお礼に伺うときに、手土産とともに当日の費用プラスお礼の気持ちを
「薄謝」として包みます。目安としては、実際にかかった費用が2,000円くらいでも10,000円くらいにします。現金を受けとってもらえない場合は、商品券なども喜ばれます。









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。