その他日常のお祝い☆昇進・栄転・退職

昇進・栄転・退職(サラリーマン社会に欠かせないおつきあい)

~昇進・栄転のお祝いはさりげなく~

 サラリーマンにとって、昇進・栄転はとても喜ばしいことですが、同期の中で昇進が遅れている人や、後輩に追い越される人もいるでしょうから、本人から、やたらふれ回るのは避けたいものです。
 また、お祝いをするほうも、同じ部署や社内なら、自然にうわさや知らせが耳に入るものですから、昇進・栄転と決まったら、お祝いの言葉をかけてあげましょう。あまりおおげさにせず、実力があるのだから昇進は当然、という、さりげない雰囲気にしたほうが、かえってお祝いの気持ちが伝わります。
 離れた支店などにいる人は、電話でお祝いを言ってあげればよいでしょう。
syosin

~転勤のときの餞別は早めに贈る~

 同じ職場の人が栄転して、転勤が決まったときのお餞別は、職場全体でまとめて贈ることが多いので、この場合は慣習に従いましょう。
 個人で贈るときも、本来、お餞別というのは、旅立つ人へのはなむけとして、旅費の足しにしていただく意味なので、目上のかたには見送りをするだけでよいのです。品物を贈る場合は、なるべく早く贈るようにします。
 昇進・栄転というのは、その人本人の祝い事なので、たとえ家庭ぐるみのおつきあいをしている場合でも、その家のご主人が昇進したとき、妻からのお祝いをあげる必要はありません。ただ、転勤する場合には、お餞別として邪魔にならない程度の実用品を、その家の奥さんへ、妻から贈ってもかまいません。

~退職祝いはねぎらいの心で~

 長年勤めた職場を離れるのは寂しいものです。転職のための途中退職を除いては、定年退職ということになりますが、定年後の再就職が決まっている人も、あるいは特定の仕事はしないで、悠々自適に過ごそうと思っている人も、退職となると、なかなか心から祝うという気分にはなれないものです。
 定年の時期が近づいてきたら、周囲の人はできるだけ明るくふるまい、本人の気持ちを引き立てると同時に、仕事の引き継ぎなど、どんなささいなことでも熱意をもって聞き、今までの業績に対して敬意をはらう態度で接するべきです。
 職場での送別会では、別れの会というより、その人の新たな人生の出発を祝う「激励会」といったあたたかな雰囲気にしたいものです。心からのねぎらいの言葉をかけ、「今後ともよろしくご指導ください」というような前向きの態度で送るほうが喜ばれます。
 贈り物は普通、職場でまとめて記念品を用意することが多いのですが、その人の趣味に関する品や、今後の生活の楽しみになるような品を選ぶとよいでしょう。

~家族そろって感謝の会を開く~

 とかく儀礼的になりがちな職場の送別会より、家族の者がそろってお父さんの長年の苦労をねぎらい、あたたかく迎えてあげるほうがうれしいものです。好物の料理をいろいろと用意して祝杯を上げ、できるなら子供から両親へ、旧婚旅行をプレゼントするのもよいでしょう。











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

赤ちゃんのお祝い☆お宮参り 2019/10/31
秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。