大人の祝い☆長寿の祝い

長寿の祝い(体力や好みに合わせたお祝い)

~長寿の祝いは誕生祝いにする~

 最近は、平均寿命も延びて満60歳の還暦、70歳の古希の言葉もピンとこなくなりました。このあと、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、99歳の白寿の祝いなどがあります。
 長寿の祝いのしきたりは古くは中国のものでしたが、日本でも室町時代から祝うようになりました。昔は節句やその他めでたい日に祝いましたが、現在は、誕生祝いとして祝うようです。
tyojyu

~お年寄りの気持ちをまず考える~

 満で60歳といえば、まだまだ働いている人も多いこのごろ。古稀の70歳でも、年寄り扱いされたくないと思う人もいますから、本人の気持ちを考えて希望に添ったお祝いをすることがたいせつです。お祝いの贈り物も、還暦には赤い色のちゃんちゃんこにずきんなどを贈るのがしきたりですが、本人の趣味に合わせた品にするほうがよいでしょう。

~体力や好みに合わせたお祝いを~

 何歳になったからお祝いをする、という当日だけの形式的なやり方ではなく、日ごろからのいたわりがお年寄りにとって何よりうれしいことなのは言うまでもありません。
 体力のないお年寄りを、豪華なレストランに連れ出してお祝いをしても、本人は疲れるだけかもしれません。お祝いの会にこだわらず、元気なかたなら、夫婦そろっての旅行をプレゼントするとか、外出嫌いのかたなら、好みの料理を並べて自宅で祝ってあげるなどします。
 きちんとした会を催す場合も、孫などの幼児がいたり、知人などもやはりお年寄りが多いなど、参加する人の年齢もさまざまになるので、こまかい気配りが必要になります。
 お祝いに招かれたら、主役の長老のかたに失礼にあたらないような服装で行きます。会場では、おおげさに喜んだり、はしゃいだりしてお年寄りを疲れさせたり、病気や死に関する話題は避けるように気をつけたいものです。

長寿の祝いの名称と由来

~年齢早見表(一覧表)還暦・喜寿・米寿早見表~


















































































数え年
(満年齢)
生まれ年 賀寿
お祝い名称
お祝い色 名称の由来
61歳
(満60歳)
1955年
昭和30年生
(未)
還暦
(かんれき)

(朱)
還暦は干支(十干十二支の60通り)が一巡し、生まれた年の干支に戻るため「暦が還る」という意味で還暦。また「赤子に還る」と言う意味合いから、赤いちゃんちゃんこ、赤い帽子、赤い座布団などを着用し、長寿の願いを込めて祝います。
66歳
(満65歳)
1950年
昭和25年生
(寅)
緑寿
(ろくじゅ)
99、88、77歳の賀寿はあるのに66の賀寿が無かった為、2002年9月、日本百貨店協会が提唱。
66歳は「緑」の読み「ろく」から緑緑となる為。緑々寿の略。
70歳
(満69歳)
1946年
昭和21年生
(戌)
古希・古稀
(こき)

(紺)
唐(中国)の詩人、杜甫の「人生七十 古来稀也」から。
昔は「70歳まで生きることは古来より稀」だったのです。
77歳
(満76歳)
1939年
昭和14年生
(卯)
喜寿
(きじゅ)

(紺、黄)
喜の字を草書体で書くと、七を3つ書くが、それが七十七に見える事から。
80歳
(満79歳)
1936年
昭和11年生
(子)
傘寿
(さんじゅ)

(黄、金、
金茶)
傘の略字が「八十」に見える事から。
81歳
(満80歳)
1935年
昭和10年生
(亥)
半寿・盤寿
(はんじゅ)
黄、金、
金茶
半の字を分解すると「八十一」に見える事から。
将棋の世界では、将棋盤のマス目の数が9×9=81ある事から
「盤寿」(ばんじゅ)と言う。
88歳
(満87歳)
1928年
昭和3年
(辰)
米寿
(べいじゅ)
黄、金、
金茶
米の字を分解すると「八十八」に見える事から。
88歳は(米の祝い)とも言われ、米文化の日本と末広がりの八の字2重ねで、おめでたいと言われています。
90歳
(満89歳)
1926年
昭和 1年生
(寅)
卒寿・卆寿
(そつじゅ)

(白、黄、
金、金茶)
卒は略字で「卆」と記載する。
縦に読むと「九十」に見える事から。
99歳
(満98歳)
1917年
大正6年生
(巳)
白寿
(はくじゅ)
九十九は、百から一を取ることから、
百の上部の一を取ると白の漢字になる為。
100歳
(満99歳)
1916年
大正5年生
(辰)
百寿
(ももじゅ・
ひゃくじゅ)
100歳以上
基調色無
百賀(ももが)と言ったり、寿命を上・中・下の三段階に分けた、最も上の段階の上寿(じょうじゅ)と言ったり、100年は一世紀を表わすことから「紀寿」(きじゅ)とも言う。

その他の長寿のお祝い
 
■珍寿(ちんじゅ)95歳?、110歳?、112歳?や、天寿(てんじゅ)118歳?250歳?のお祝い名称等も有。
■100歳以降は毎年祝う家庭も。101歳は「百一賀の祝い」(ひゃくいちが)、102歳は「百二賀の祝い」・・・
■108歳(満107歳)は、茶寿(ちゃじゅ)。「茶」を分解すると「十十の下に八十八」に見えるから。20+88=108歳
 不枠(ふわく)とも言う。「枠」の字を分解すると「十、八、九十」に見えるから。10+8+90=108歳。
■111歳(満110歳)は、皇寿(こうじゅ)。「皇」を分解すると「白(百より一を引いた99)、一、十、一」になることから。
 99+1+2+1=111歳。 川寿(せんじゅ)とも言う。「川」が111と読めるため。
■119歳(満118歳)は、頑寿(がんじゅ)。「頑」を分解すると「二、八、百、一、八」に見えるから。
 2+8+100+1+8=119歳
 


 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。