婚約と結納☆目録と受書

目録と受書(結納のとき)

~目録と受書に必要事項を記入する~

 結納品の受け渡しの際には、目録と受書が必要です。目録と受書は一対になっていて、目録にはとり交わす結納品を1品ずつ書き、受書は、目録どおりのものを受けとりましたという、いわば受領書のような役割を果たすものです。
 目録も受書も、昔は自分で書いていましたが、今は印刷された市販のものがあります。
 なお、結納金に加えて男性から指輪、女性から時計などの記念品を贈るときには、結納品目の最後のほうに「指輪付」あるいは「結美和付」などと書きます。
ukesyo1
mokuroku
ukesyo2

<結納品の飾り方>
 
 結納品および受書は、事前に床の間に飾り、本番ではそのつど仲人の前に選びます。仲人宅や料亭などに一同が集まって結納を行うときには、双方の結納品、受書をいっしょに飾ります。
 正式な飾り方としては、結納品は床の間に飾り、受書は、床の間の下に置くのが一般的です。
 往復型の結納で相手方からも結納品がくる場合は、そのスペースをあけておきます。
 洋室で床の間がない場合は、小さなサイドテーブルを用意してそこに飾ります。
 ホテルや式場などで行う場合は、事前に結納のために部屋を使うことを伝えれば、それに適した用意をしてくれるはずです。
 なお、結納後の結納品は、挙式まで床の間に飾っておきますが、するめやこんぶなどの食べ物は、食べたり、料理に使ったりしてもかまいません。
 挙式後は記念に保管しておきますが、保管場所に困って処分したい場合には、氏神様や縁結びの神様に奉納します。









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。