縁談と見合い☆見合いの実際と当日のマナー

見合いの実際と当日のマナー(お見合いの席次など)

~見合い当日のマナー~

 当日になってあわてないように、前日のうちに場所の確認をし、服装の準備などをしておきます。
 遅刻しそうな事態が起こったり、体調が悪くなったときは、すぐに世話人に連絡をとります。
 当日、待ち合わせの場所へは心持ち早めに着くようにしたいものです。

~席次~

 勝手にすわらず、世話人の案内に従います。本人同士が向かい合うと視線がストレートではずしにくくなりますので、はす向かいになるようにすわるとよいでしょう。
 見合いの席次は次に述べるような形式もありますが、現在では形式にはあまりこだわらず、話をしやすい場所を世話人が指示することが多いようです。
miaisekiji

<和室>
 床の間のある側が上座になります。床の間と違い棚があるときは、床の間側が上座、違い棚のほうが下座になります。世話人と本人同士の4人の場合の見合いなら、男性が上座(床の間側)、女性が下座にすわり、その間に,世話人が入ります。

<洋室>
 マントルピースや絵のある方向の奥が上座になります。当日は女性が主役という意味合いもあり、上座には女性がすわります。また、窓がある場合で、自然光が女性を引き立たせるようなら、その場所に女性をすわらせます。
 慣習を重んじる改まった席での見合いで、付き添い人がつくような場合は、本人同士が向かい合って上座につき、上座に向かって右が男性側、左が女性側となります。付き添い人は男性の左、女性の右に付き添い、世話人の男性は上座の中央に、世話人の女性は、下座の中央にすわります。

~挨拶と自己紹介~

 ふたりが世話人にまず「本日はお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします」と挨拶します。次に世話人が男性を女性に紹介したら、男性はにこやかに軽い会釈をし「○○でございます。どうぞよろしくお願いいたします」と言い、つづいて女性本人が「○○でございます。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします」などと挨拶を交わします。

~話題~

 世話人がふたりの話しやすい趣味や旅行、音楽などの話題などから話のきっかけをつくってくれたら、背伸びせず、適度にリラックスして話しましょう。
 本人の口から言うと、自慢話になってしまうような特技や長所などは、世話人の口からPRしてもらうとよいでしょう。
 あがってしまった場合は、世話人が何らかの形で助けてはくれますが、自分から「このような場所は不慣れで、たいへんあがっておりまして、お聞き苦しい点もあるかと思いますが-」などと話してしまったほうが落ち着くものです。
 もし、条件や特別な希望などがあれば、世話人がいるところで聞いておくとよいでしょう。
 ふたりの話がはずんで、ふたりだけの設定になったら、ざっくばらんにお互いの将来の希望や夢などを語り合っておきましょう。その際、相手の話を丁重に聞くこと、なごやかな雰囲気をつくることなどを心がけましょう。
 たとえ外観が思い描いていたイメージとは違っていても、話をしているうちに意外と好感が持てるということもあります。要は一生のパートナーを選ぶのですから、先入観は捨てて、いろいろな角度から相手を見てみましょう。
 見合い時間は、2、3時間をめどにします。意気投合したとしても、最初からおそくなるのはよくありません。
 帰宅したら、すぐに世話人に電話をし、お礼と簡単な報告をするようにします。くわしい返事は、後日改めてということでよいでしょう。

お見合いの場でのタブー(やってはいけない事)
tabu1
tabu2










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。