子供の祝い☆七五三の由来、しきたり

七五三(子供の成長を祝い、親が子の厄を払う)

~七五三の由来としきたり~

 昔は、男女とも3歳になると「髪置(かみおき)」といって、髪をのばして結い直しました。男の子は5歳になると「袴着(はかまぎ)」という、袴と小袖をつけて扇を持つ儀式をし、女の子が7歳になると「帯解(おびとき)」という、つけひもをとり、初めて本式の帯を締める儀式を行いました。これらをいっしょにして「七五三の祝い」と称し、氏神様にお参りしたものです。11月15日に行うようになったのは、江戸時代からといわれています。
 本来、3歳、5歳、7歳は子供の厄年といわれ、身体的にも精神的にも、成長の節目に当たるといわれています。このとき「鬼宿日(きしゅくにち)」、いわゆる鬼が家にいる11月15日に鬼のいぬ間に神社にお参りして、神の加護を願ったものです。
 当日の装いは、3歳のときは、出産のとき贈られた祝い着を着ます。5歳の男の子は、紋つき羽織に仙台平(ひら)の袴、7歳の女の子は本裁ちの着物に揚げをして着せ、かかえ帯を華やかに結びます。この着物は成人してからも着られるように、と考えられているものです。付き添う両親も子供の装いに合わせ、礼服を着たものでした。
sitigosan

~晴れ着を新調するならあとあと着られるものを~

 最近の七五三には子供にやたら高価なものを着せたり、奇をてらった特殊な服装も見かけます。この日はあくまでも子供の成長を祝い、この行事を通して、子供自身に大きくなったという自覚を持たせるためですから、特別な服装でなくてもかまいません。
 その子に似合った、かわいらしい服装をさせ、もし新調する場合でも、あとあと、お正月や発表会、外出着などに使えそうな洋服を選ぶのがよいでしょう。

~神社へお参りしてお祝いする~

 神社でおはらいをしてもらう場合は、あらかじめ社務所に申し込んでおきます。このときのお礼は、「御初穂料」と表書きした祝儀袋に現金を包みますが、金額は神社によって決められているところもありますので、社務所などに問い合わせましょう。普通は親子で参拝して、おさい銭を上げるだけでも十分です。
 お参りする日も11月15日にこだわらずに、その前後の休日を利用するとか、天気のよい日などを選んでもよいでしよう。

~挨拶回りと内祝い~

 昔は、神社にお参りしたあと、お祝いをいただいた家にお礼の挨拶に回り、千歳飴(ちとせあめ)やお赤飯などを内祝いとして配り、帰宅したあとは、人を招いて祝い膳をふるまいました。
 最近は、ごく身内だけで祝うことが多く、記念撮影をしたり、子供中心の楽しい会食にするのが一般的です。
 お祝いをいただいた場合は、千歳飴以外に決まりはありませんが、品物でお返しする場合は「内祝」として、紅白の水引を蝶結びにして、子供の名前にします。
 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。