結婚式と披露宴の準備☆結婚式・披露宴のスタイル

結婚式・披露宴のスタイル(ふたりの新しいスタートにふさわしい形)

~結婚式の形式は本人たちの考えで~

 結婚式にはいろいろな形があり、大きく分けると、宗教によるものと、そうでないものとがあります。
 どのスタイルで結婚するかは本人たちの意思により、ふたりの新しいスタートにふさわしい形を選ぶべきでしょう。信仰する宗教があればそれにのっとって行うのもよいでしょうし、なければ一般的な形式の中から、ふたりの人生観と好みで選ぶのがよいでしょう。

~神前結婚式~

 宗教による挙式のうち、最も一般的な形式は神前結婚式ですが、神前で結婚を誓い、三三九度の杯を交わす点が、特徴です。司式は神官によって行われ、場所は神社のほか、結婚式専門の公共施設をはじめ、ホテルや会館など、披露宴を扱う会場のほとんどが神前結婚式の設備を持っています。
sinzen

~キリスト教結婚式~

 キリスト教による挙式は本来、信者のための結婚式で、所属する教会で挙式しますが、ふたりとも信者なら、女性の所属教会で行うのが通例です。
 しかし、最近は未信者に教会での挙式希望者が多いため、キリスト教式専門式場もできましたし、ホテルや一般の結婚式場でも教会式の挙式ができるところがふえています。
 キリスト教による結婚式の特徴は、神と会衆の前で結婚の誓いを交わすことで、それを見届ける第三者が、証人として立ち会うことが必要条件とされます。また、愛のあかしとして必ず指輪の贈呈、もしくは交換を行います。
kirisuto

~仏前結婚式~

 仏前結婚は、香をたき、杯を交わして、如来(にょらい)の前で夫婦の誓いを交わします。
 やはり信者やその家族の挙式が主体でしょうから、その宗派の寺院で行います。専門の結婚式場の中にも、すいているときなら仏前式用に部屋を貸してくれるところがあります。
butuzen

~人前結婚式~

 宗教によらない結婚式では、知人・友人の前で誓いを交わす人前結婚式があります。
 第二次世界大戦後、新憲法の精神にのっとった挙式法として考案され、式次第の中で婚姻届に署名押印をするか、婚姻届の受理証明書を披露するのが特徴です。
 自宅やその他適当な場所なら、どこででも挙式できます。たとえば、山登りの好きなふたりなら山小屋でとか、スキーで知り合ったふたりが思い出のスキー場でなど、ちょっと変わったところを選んでもよいのです。一般的には、通常の披露宴を催し、それに先立って式を行うことが多いようです。
 形式に特に決まりはありませんから、本人の考えや人柄にふさわしい自由な演出を試みることができ、いわばアイディア結婚式というべきものです。

~家庭結婚式~

 家庭結婚式は日本で昔から行われているもので、神前結婚式が一般化するまでの挙式はほとんどこの形でした。
 新郎の家を式場とし、仲人が式をつかさどりますが、三三九度の杯を交わすことで夫婦の契りを結んだとされ、つづいて新夫婦と親族が固めの杯を交わします。

~披露宴は来賓の顔ぶれを考えて~

 結婚披露宴とは、新郎新婦が結婚したことを広く社会の人たちに知らせ、承認と祝福を得るものです。つまり、ふたりのために多くの人々に参会していただくのですから、できる限りのもてなしで祝意にこたえるべきでしょう。
 飲食をともにするのはもてなしの1つであり、その内容は会食会、ティーパーティー、カクテルパーティーなどがあり、食事は和食、洋食、中国料理のほか、これらの組み合わせも考えられます。
 どの内容、形式にするかは、自分たちらしさも必要ですが、むしろ来賓の顔ぶれによって、ふさわしい形や内容を選びます。披露宴はふたりのために出席してくださる来賓に喜んでもらうことが第一だからです。

<料理>
 飲食のメニューは時間によって決めます。食事時間ならフルコースを、午前中や午後のお茶の時間ならティーパーティーにするのがマナーにかなったやり方です。
 どうしても食事のもてなしをしたければ、昼食や夕食の時間帯にするようにします。
 料理の種類は全く好みによります。年配者が多ければ和食、若い人が多いのなら洋食か中国料理といったぐあいです。

<形式>
 一般的なディナー形式は格式があり、落ち着いた雰囲気も保てます。
 しかし、型にはまりやすい欠点があり、多人数の場合は会場がまとまりにくいものです。
 逆にパーティー形式は多人数にふさわしく、さらに列席者の中に多忙な人が多いときは、自由に退出ができるので喜ばれるでしょう。また、新郎新婦が会場内を回り、直接、来賓に挨拶したり、来賓同士も自由に歓談できますから、雰囲気も盛り上がります。ただ、不慣れな人が多いと、スムーズな進行が保てず、疲れるという非難も受けがちです。
 最近、和室で行う披露宴は都会ではほとんど見られなくなりましたが、地域によっては好まれる形です。料亭などの会場を使うときはともかく、自宅で催すには手慣れた裏方など、人手を多く要します。

海外で式を挙げたいとき

 海外での結婚式については、旅行会社がハネムーンツアーのオプションでとり扱っている、現地での結婚式のシステムを利用する場合と、個人的に現地の教会に交渉する場合とがあります。
 旅行会社のツアーに参加するならむずかし手続きは旅行会社がやってくれますから問題はありませんが、個人で交渉する場合は、現地のことにくわしい人やその国の政府観光局などから情報を集めて、事前に十分な知識を得ることが重要です。そして、事前にその教会と連絡をとって話をまとめておきます。
 その国の習慣や宗教上の規則というものがあるはずですから、事前に調べておかないと、行ってからこんなはずでなかったということになりかねません。
 たとえば、アメリカの教会なら日本で婚姻届をすませていなければならないとか、パリの教会なら市区町村発行の「婚姻届受理書」とその仏訳が必要だというように、その手続きは国によってさまざまです。また、教会によっては花嫁のベールに決まりがあるなど、式自体の違いもあります。
 海外での結婚式は、本人たちだけで行う場合と、それぞれの両親や兄弟などを同行して行う場合とがあります。そして帰国後、親戚や友人、上司や同僚などを集めて、改めて披露宴を行うカップルが多いようです。また、そういうことをしないで、結婚通知を発送するだけという場合もあります。


 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。