会葬のマナー☆仏式拝礼、焼香の仕方など【動画あり】



出典:葬儀・葬式の佐藤葬祭チャンネル様

~仏式(通夜・葬儀<葬式>)では焼香をする~

 仏式の葬儀、告別式では、会葬者が順に祭壇の前に進み、焼香をします。焼香はその香気によって霊前を清め、その香を霊に手向けるものです。抹香(粉末状の香)と線香の両方が用意されていることがありますが、一般には弔問や通夜では線香を、葬儀、告別式などの儀式には抹香をたくことが多いようです。しかし、通夜でも、通夜式が始まって、読経のあとで順に焼香するときは抹香をたきます。

~焼香の仕方(抹香のたき方)~

 順番が来たら、先客に軽く会釈して霊前に進み、祭壇の少し手前で遺族と僧侶に一礼します。そして位牌(いはい)と遺影に目を注ぎ、深く頭を下げてから祭壇に進みます。
 次に香炉の右にある抹香を、親指、人差し指、中指の三本で少量をつまみ、軽く目の高さにささげてから、香炉の上に静かに少しずつ落とします。
 抹香をたく回数は宗派によって違いがありますが、一般には焼香、従香の2回です。しかし、会葬者が多いときは1回のほうがよい場合もありますし、仏、法、僧にささげるという意味で3回とする宗派もあります。いずれにしても、現代では回数にこだわる必要はなく、ささげる心を大切にすればよいのです。
 香をささげ終わったら、合掌して深く一礼、前向きのまま祭壇前から下がり、遺族と僧侶に会釈し、自席に戻ります。告別式などで立って焼香し、退出の順路が示してある場合は、その順路に沿って下がります。
 祭壇の前に座って焼香する座礼の場合も、基本的には同じ手順で行います。

~焼香の仕方(線香の上げ方)~

 線香を上げる場合も、抹香と同じように霊前に進み、手向けます。
 線香の火はローソクの炎でつけます。炎は左手であおいで消し、息を吹きかけて消してはいけません。
 線香の本数が多いと霊が迷うと言われ、1本だけ立てるのが一般的です。2本に火をつけたときは、離して立てます。また、真宗や日蓮正宗では線香は立てずに、香炉の大きさに合わせて2、3本に折ってねかせてたく場合もあります。
他の宗教の場合は、以下をご覧ください。



~数珠(じゅず)は自分の宗教のものでよい~

 数珠は、仏事に欠かすことのできない法具の1つで、念珠(ねんじゅ)とも言います。
 数珠の数は、108個にするのが正式で、人間の煩悩の数をあらわし、仏様に合掌拝礼しながら108個のけがれた心をはらうためのものです。
 普通、二重にして持つのを「二輪念珠」と言い、数を半分にして用いるのを「単念珠」と言いますが、一般の仏事用には「単念珠」を用います。
 現在では種類や珠の数にこだわらなくなってきていますし、一般会葬者の場合は無理に持つ必要はありません。また、宗派によって種類や用い方が少し異なりますが、数珠を持っているなら会葬者でも自分の宗派のものを持参し、いつもの用い方で拝みます。

●数珠の扱い方

 一般的に、数珠は左手首にかけて持つものです。合掌するときは、短い数珠の場合は房が真下に下がるように両手を合わせて親指で軽く抑えます。そして焼香のときは左手にかけたまま、右手で焼香します。長い数珠は合掌のとき、両手の中指にかけ、両手の間でこすり合わせます。
 拝礼が終わってたら、また左手に持つのが作法です。どんな場合でも畳の上にじかに置いてはいけません。

jyuzu









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。