弔問の心得☆香典のマナー・意味

香典のマナー・意味・相場(香典は香を供える)

~香典の本来の意味は~

 供え物は、死者の霊を慰めるために霊前に供える品物、香典は香を供えるの意味で、香を持参するかわりの香の料(代金)というわけです。
 昔は、葬儀のための米や麦、野菜など、すべて弔問客が現物で持ち寄りました。しかし、現代では、香をはじめとするいっさいのものを喪家側がととのえるので、その料として現金が包まれるようになったのです。
 そのため、地位のある人には現金では失礼とする考え方もありましたが、現在では不時の出費に対する相互扶助の意味合いも強くなり、供え物ではなく、香料として現金を包むことが一般的になっています。そして宗教に関係なく、霊前に供える現金をすべて”香典”というようになっています。
kodenman


~香典の金包みは慶事と反対の折り方に~

 香典を入れる金包みは既製の袋が市販されていますが、市販品はすべて慶事用と同じ折り方になっているのにお気づきでしょうか。市販の金包みの形は最も簡単なものですが、正しい金包みの形は、吉は右前、凶は左前に折ります。市販品は、弔のものも吉と同じ右前に作られていますので、奉書を用いて自分で正しく折って作るか、市販品を用いる場合は、蓮(はす)の花などの模様や「御霊前」などの印刷が入っていないものを求め、いっぱん水引を抜いて上下を逆にして水引をかけ直してから、上書きして用いるとよいでしょう。
 また裏の上下の折りも、凶事では上の折りを下の折りにかぶせ、吉事ではこの逆の上の折りの上に下の折りをかぶせるのが正しい折り方です。悲しみのときは下を向き、喜びのときは上を向くと覚えておくとよいでしょう。
 なお、自分で作る場合は、重ねるということを忌む習慣から、用いる紙は1枚、つまり、一重です。

~香典の表書きは故人の宗旨に添って~

 表書きは、故人の宗旨に合わせた書き方をします。仏式では、「御香料」「御供料」、神式なら「御玉串料」「御榊料」、キリスト教は「御花料」(プロテスタント)「御ミサ料」(カトリック)、宗旨がわからないときは「御供料」とします。
 よく宗旨がわからない場合は「御霊前」とするといわれますが、ご霊前とかご仏前とかの言葉は、前者は亡くなった御霊(みたま)の前に、後者は仏さまとなられたその仏の前にという意味で、いずれも位置を示す言葉です。
 したがって、香典には、”御香料”とか”御供料”などの意味を書いてさしあげ、ご冥福を祈りましょう。

~表書きは、本来は目録のかわりをするもの~

 包みの表書きは、現金、品物のいずれかの場合も、本来目録のかわりをするものですから、水引を境にして上のほうに品名または何々代(料)と書き、下のほうに数量または金額を書くのが正しい書き方です。したがって香典の場合は、水引より上に「御香料」と書き、下に「金何円」と書いて、氏名は金額の左に書くのが本来の書き方というわけです。
 また氏名は目上に対しては名を書いた紙(名札)、あるいは名刺をつけ、同輩や目下に対しては包み紙の上に書いてよいというのがしきたりでした。そして「書」の字体は、目上に対しては楷書で書くのが正式であり、行書、草書は略式とされていました。
 現代では、水引より上に名目を書き、下に氏名を書くのが一般的で、目録の意味を果たす金額は裏面に書き入れるのが通常になっています。
 中包みが用いられるようになったのは近年のことで、昨今では中包みに金額、氏名を書き込む枠が印刷してあるものも多くなっています。これは葬儀の場合、第三者が整理に当たるときに、数も多いことから、まぎれて分からなくならないようにとの配慮からと思われます。
 いずれにしても中包みがあるものを用いるときは、金額と住所、氏名は中包みに書いておいたほうがよいでしょう。

~連名で包む場合の表書き~

 香典を何人かで出し合って包む場合は連名になりますが、金包みの表に書くのは三名までです。それ以上の人数になるときは、表書きは「○○会一同」「○○課有志」などとし、全員の氏名を書いた紙を金包みの中に入れておきます。
 書き方の順番は、向かって右が目上で左に向けて目下になります。順位がつけにくい場合には、五十音順でもよいでしょう。

~名刺を貼る場合は~

 氏名を書くかわりに名刺を貼ることがあります。
 故人との間柄がわからないことも少なくない弔事の場合には、氏素性を明瞭にするものとしてよしとされています。
 仕事上の関係とか、家族には分かりにくい友人関係などの場合には、氏名を書くところに名刺を貼りましょう。

~水引とのしについてのしきたり~

 現在、弔事の金包みとお供え物に用いる水引は黒白が一般的と思われています。
 しかし、凶事の正式な色は「白」で、「青白」「黒白」は略式なのですが、いつしか黒白が定着しました。
 本数は本来、2本、3本、5本、7本、9本というように束ねて用いるもので、奇数は陽の数、偶数は陰の数ですから、弔事の場合は偶数の2本や4本で用いるのが本来のやり方です。しかし現在は、慶弔いずれの場合も5本か7本を束ねたものが多くなっています。
 「のし」は酒肴を添えると、いう意味で、古くは吉凶ともに酒肴を使いましたが、仏教伝来後、仏事に”生ぐさ物”を使用しないため、凶事のときは酒肴を用いないようになり、自然に「のし」も使わなくなりました。したがって香典の金包み、供え物のかけ紙には「のし」をつけません。

~香典は通夜か告別式に持参する~

 香典持参の時期は、とりあえずの弔問のとき、通夜のとき、告別式のときのいずれでもかまわないことになっています。
 しかし、死亡直後の弔問のときは、取り込みの最中で、他とまぎれやすいばかりでなく、あらかじめ用意していたような印象も与えかねません。通夜か告別式のときに持参するのがよいでしょう。
 たとえば通夜に出席するのであれば、祭壇に直接供えられるそのときに、通夜に出席しない場合は、告別式のときに持参するようにします。

~香典はふくさに包んで持参する~

 本来、香典は故人に手向ける香や花、供え物のかわりなのですから、霊前に直接供えるべきです。しかし、最近は受付が設置されていれば受付へ、受付がなければ家族にさし出すことが多くなっています。いずれにしても、「ご霊前にお供えくださいませ」と、さし出します。
 直接供えるときは、拝礼をすませたあと、霊前のほうに向けて台の上に置きます。
 持参するときは、古くは香典をふくさかくろしきで包んで白木台の上にのせ、持っていったものです。現代でも、道中よごさないために、ふくさかふろしきに包んでいくようにしましょう。そして、受付や霊前ではふろしきやふくさから出して受付や霊前に向けて出します。
 ふろしき、ふくさの色は特に決まりはありませんが、弔事には紫やグレーなどの地味な色にします。ふくさがない場合は、地味な色の普通のふろしきを四つだたみにしたものに包むとよいでしょう。

fukusa


~香典を人に預けるのは避けたい~

 仕事の関係などで義理を欠くことのできない場合に代理を立てるのはやむをえませんが、他の弔問客に香典を預けるというのはあまり感心しません。
 通夜や葬儀に出席できないときは、後日改めて出向くのがマナーです。香典はそのときに持参すればよいでしょう。香典さえ供えればよし、といった行為は慎むべきです。

~香典を郵送するときは~

 通夜にも葬儀にも出席できず、やむをえず香典を郵送するときは、失礼のないような心配りが必要です。
 弔電といっしょに電報為替で送金することも可能ですが、これは近親者などが、まとまった金額の香典を早く送るときなどに限ります。
 銀行振り込みや為替では、先方を銀行や郵便局に出向かせることになって、かえって失礼になりますから、現金書留で郵送するようにしましょう。
 その場合、弔事用の金包みに入れてから現金書留の封筒に入れます。市販されている通常の大きさの香典袋であれば、現金書留の封筒に十分入ります。
 また、郵送の際も、持参する場合と同様に香典の金包みには上書きをし、裏側には住所、氏名、金額を記入して、必ずお悔やみの手紙を同封します。

~香典の金額を決める~

 香典の金額は故人や喪家との親しさの程度、包む側の社会的な地位、その地方の慣習などで違ってきますから、一概にいくらと言い切ることはできません。また、香典の相互扶助的な意味合いから考えると、金額は多いほどよいように思いがちですが、あまり身分不相応な額では先方を困惑させることになりかねません。
 故人が一家の主や主婦であった場合は多めに、というのが一般的な考え方のようです。迷うときは、最初に思いついた心づもりの額よりいくぶん多く包めは、後悔せずにすみます。兄弟などの身内では、葬儀費用の分担という意味で、相談して金額を決めるのもよいでしょう。
 また、何人かでまとめる場合、人数によっては4,000円とか8,000円などという額になることもありますが、無理に5,000円、10,000円にする必要はありません。2,000円、20,000円という額も差し支えありません。









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。