結婚式と披露宴の準備☆衣装選びのポイント

衣装選びのポイント(衣装選びはじっくりと慎重に)

~会場の雰囲気にも合わせて選ぶ~

 花嫁さんにとって婚礼衣装は一生の思い出に残るものです。自分のイメージどおりの花嫁姿になるためには、衣装選びはじっくりと慎重にしましょう。
 衣装選びのポイントは、第1に自分に合うもの、自分の個性を最も発揮できるものを選ぶことです。そのためには、衣装選びの際に、母親や姉妹などについてきてもらい、客観的なアドバイスをしてもらうとよいでしょう。
 第2にたいせつなのは、新郎新婦のつりあいです。和洋の調和と同時に、ふたりの体型も考慮してデザインや色柄を選びましょう。
 そして第3にたいせつなのが、式場、披露宴会場との調和です。神前結婚式なら和洋どちらでも合いますが、キリスト教結婚式なら洋装、仏式結婚式なら和装が適切です。そして、披露宴が豪華で、規模が大きいときは、衣装もそれなりに豪華にしないと引き立ちません。逆に、こぢんまりした披露宴では、豪華すぎるものは避け、親しみやすい感じにします。
isyo_wa
isyo_yo

~和装、洋装とも決まりを心得て~

 和装の場合は、男性は黒羽二重五つ紋つきの長着、羽織に袴(はかま)をつけます。最近は色紋つきをすすめるところもありますが、派手さはともかく、式服としての品格は、やはり黒にまさるものはありません。白半衿をくっきりさせ、袴の縞を派手にして新郎らしさを出します。
 女性の和装はうちかけか振り袖ですが、最近では、式にはうちかけ、お色直しに振り袖と着分ける傾向にあります。りんとした美しさの白むく、豪華けんらんの唐織り、ちりめんの気品に染めとぬいとりで伝統の粋をこらしたり、あるいはモダンに仕上げるなど、うちかけにもいろいろあります。振り袖も同様ですが、式服として着るのなら、格調高い大振り袖がよいでしょう。
 洋装の場合、男性はモーニングを着ます。黒がオーソドックスですが、ヴェストに白やグレーを使ったり、アスコットタイにしてできるだけ華やかにします。あるいはシルバーグレーのモーニングも小いきな感じです。
 女性はウエディングドレスを着ます。つまり、純白のアフタヌーンドレスで、ヘッドドレスをつけます。季節によって、秋冬はサテンやブロケード、タフタなど厚手のものを、春夏はレースジョーゼット、オーガンジー、ローンなどの素材がよいでしょう。
 もし、挙式が夕方以降になるときは、男性はタキシード、女性は豪華な感じのウエディングドレスとヘッドドレスで、夜のムードに合わせます。たとえば、胸あきを広くして、チュールをあしらったり、裾やベールを長く後ろに引き、ヘッドドレスには、ティアラ(宝冠)を使います。男性のタキシードは式服には黒か濃紺のオーソドックスなものがよく、夏以外は、白は避けたほうが無難でしょう。
usyo_sin

~来賓が平服なら、略礼装で~

 来賓に「平服で」と断った場合は、新郎新婦も正装は避け、略礼装程度にします。
 たとえば、男性は、和装なら三つ紋つきの羽織、袴、洋装ならダークスーツかセミフォーマルウエア。女性は、和装なら訪問着、洋装ならセミアフタヌーンドレスなどです。
 親兄弟や親戚の人の服装もこれに準じます。

~お色直しは楽しい雰囲気の衣装を~

 お色直しの本来の意味は、家庭結婚式のおり、陰の式(正式)の白一色を陽の式(色直しの式)で赤一色に改めることといわれます。それがのちに、花嫁が披露宴の最中に衣装をかえるようになったのです。
 お色直しの衣装は、格式ばった式服を、宴に合わせて楽しいパーティーウエアにかえると考えて選びましょう。したがって、和装なら振り袖か訪問着、洋装なら昼間はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスです。いずれもオーソドックスな式服と異なり、流行をとり入れて、個性的でファッショナブルなものに切りかえるのがポイントです。
 和装でも夜ならかなり豪華な振り袖、たとえば緞子ちりめんのように光沢のある布地に金銀などをあしらって、夜らしいムードにするとか、昼の洋装でも、ウエディングドレスとしても着られるようなデザインは避け、もう少し大胆に、かつ華やかにします。
 和洋どちらでもよいのですが、式服の逆にすると効果があるでしょう。ただ、ウエディングドレスから着物に着がえるのは時間がかかります。
isyo_wa2

~お色直しの回数は来賓のことも考えて~

 衣装にどれくらいお金をかけるかは、個人個人の価値観の問題ですから自由ですが、心得ておいてほしいのは、来賓に対する気づかいもしてほしいということです。
 たとえば、最近のお色直しは平均2回で、中には3回という人もいます。花嫁衣装は見る側にとっても楽しみなものとはいえ、お色直しをするため当事者がろくに席にいないというのでは祝ってくれる来賓に失礼です。
 マナーという点からは、お色直しは1回にとどめるべきでしょう。

~じょうずな衣装の借り方~

 貸し衣装にする場合は、式場の衣装室を利用するか、外の貸し衣装屋さんを利用するかします。どちらがよいかは一概には言えません。
 とにかく、自分に合った衣装を予算に応じて借りられるところを選びましょう。ただし、式場によっては外部からの衣装持ち込みに対して、持ち込み料をとることろもありますから、あらかじめ調べておくことが必要です。
 衣装を選ぶときは、時間に余裕を持ってじっくりと選ぶことがたいせつです。1カ所で気に入るものがなかったら、別の衣装屋さんにも当たることができるように、日程に余裕を持たせて準備します。
 ただし、予約はあまり早くからすると、その間にほかの人たちが着るので、ときにはよごれたりして最初の印象と違うことがあります。最終決定は挙式の1、2カ月前くらいにするほうがよいでしょう。
 選ぶときは、予算よりも安いものから見ていくようにします。最初に値段の高い、いいものを見てしまうと、それより安いものはどうしても見劣りがして手を通したくなくなってしまい、結局、予算がオーバーしがちだからです。
 和装の場合は、衣装のよしあしを判断するのが洋装よりむずかしので、着物にくわしい人を連れていってアドバイスしてもらうと、失敗しないですみます。

~オーダーするときは半年前から~

 衣装をオーダーにするときは、和装なら6カ月くらい前に、洋装なら3カ月くらい前に注文します。デザインの打ち合わせや仮ぬいがありますから、満足のいく仕上がりにするためには、こちらの希望を十分に伝える必要があります。
 また、小物類もそろえなくてはなりません。和装なら、帯や帯留、長じゅばん、肌じゅばん、足袋、ぞうりなど、洋装なら、ヘッドドレス、アクセサリー、手袋などですが、衣装との調和を考えて、これらも早めに手配します。

花嫁と四つのサムシング

 花嫁は四つのサムシングを身につけると、幸せになれるという言い伝えが欧米にあります。それは次の四つです。
(1)サムシングニュー(何か新しいもの)
(2)サムシングオールド(何か古いもの)
(3)サムシングブルー(何か青いもの)
(4)サムシングバロー(何か人から借りたもの)
 貸し衣装を借りるなら、これがサムシングバローになりますから、あとの3つのサムシングを自分なりに考えてみてはいかがでしょうか。
 たとえば、サムシングニューはストッキング、サムシングオールドはお母さんが持っていたアクセサリー、サムシングブルーは青い模様の入った下着、というぐあいにするのです。
 挙式を迎えるにあたって、こんなふうに縁起をかつぐのも楽しいものです。











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。