通夜・葬儀の準備☆葬儀の方針を決める

葬儀の方針を決める(故人の遺志を尊重して)

~喪主の決定~

●故人の最も身近な人に

 喪主は葬儀の前に決めますが、喪主は故人にかわって弔問を受けることになりますので、できれば通夜の前に決めましょう。
 昔は、法律上の相続人が喪主を務めましたが、現代では、故人に最も縁の深い人が喪主になります。
 普通は故人の配偶者で、配偶者が他界している場合は長男、長男も他界していたり、外国にいるなどで葬儀に出席できないような事情があるときは次男といったことで決めます。
 また、故人が子供の場合はその父か母が、家族が1人もなく親族もいないなどのときは、他人でも最も身近にいた人、縁の深かった人が務めます。
 しかし、血筋のうえでは喪主の資格を有していても、故人との生前の縁は非常に薄かったというような人が、喪主を務めるのはどんなものでしょうか。
 残念なことに、そうした人に限って、亡くなったとたんに血縁をたてまえにして差し出るケースが少なくないようです。こうした行為は厳に慎みたいことです。
 故人のめんどうをいちばんよく見、故人もまた頼りにしていたというような人がいた場合は、血のつながりよりも、そうした人こそ喪主としてふさわしいといえます。

~葬儀の形式~

●故人の遺志を尊重して

 日本の葬儀のおよそ9割は仏式で行われています。ほかには神式、キリスト教式、無宗教式などがあり、宗教によって、また宗派によってもそれぞれ違いがあります。
 どの形式で行うかについては、故人の信仰や遺志を尊重したいものです。故人だけが、あるいは故人の一家だけがその家代々の宗教と異なっていて、葬儀形式の決定でもめる場合もよくあるようです。
 こうしたときでも「故人ならどうするだろうか」ということを、遺族や近親者でよく話し合うことがたいせつです。あくまでも故人を中心に決めましょう。
 とはいえ、遺族が決めかねている間に、周囲で事がどんどん運ばれてしまうようなことも少なくありません。特に生前の地位が高かった人や遺族に高名な人がいる場合などは、遺族の考えはもちろん、故人の遺志とは関係なく、周りの人々によって葬儀が進行してしまいがちです。遺族と近親者は、なるべく早く葬儀の形式を決めるようにしましょう。
 なお、宗教にとらわれず新形式で葬儀を行うケース(無宗教葬、音楽葬など)も出てきています。もし、特に遺言もなく、信仰もなく判断がつかないときは、生前の故人の考え方を思い出し、遺族や近親者で話し合ってみます。葬儀社の人の意見も参考になるでしょう。

~葬儀の規模~

 ●故人の遺志を考慮して

 予算の関係もありますが、故人の社会的な地位、つきあいの範囲、境遇、遺族の気持ち、そして何より故人の遺志などを考え合わせて、葬儀の規模を決めます。
 故人の社会的な地位によっては、社葬、団体葬という場合もあります。そうした申し出のあったときは、それらの関係者ともよく相談する必要があります。
 葬儀は人生最後の儀式です。無理をしても盛大な葬儀を行うことをよしとする向きもある一方で、見えや虚栄に流されず、簡素な中にも心を込めるあり方への流れもあります。

~葬儀の日程~

●僧侶の都合を確認してから

 葬儀の日程の決定には、各方面への連絡や手続きがすべて完了し、また遠方から来る親戚縁者などの到着時間なども考えなければなりません。そのうえで僧侶と火葬場の都合を考え合わせて決定します。
 一般的には、死亡したその日のうちに納棺し(死亡が夜なら翌日)、通夜は第2夜というのが現在の普通のやり方です。第2夜を近親者だけの通夜(仮通夜)にあてて、第3夜を一般弔問客の通夜(本通夜)にすることもあります。いずれの場合も、葬儀、告別式は通夜の翌日に行います。ただ、当日が「友引」の日にあたるときは、死者が友を呼ぶという迷信から葬儀を行わず、もう1日延ばすのが普通です。
 最近は死亡当日に納棺と通夜をして、その翌日に葬儀、火葬をしてしまうという、2日間ですますケースも珍しくありません。
 これは死亡時刻が早朝のため、通夜までに準備する時間が十分にあったり、夏場など遺体の保存に問題があるような場合に多く行われます。

●密葬を行う場合

 葬儀が松の内にかかる場合や、知名人で公葬を行う場合には、前もって「密葬」として、身内だけが自宅で葬儀をすませ火葬にしたのちに、日を改めて遺骨を持って「本葬」を行うこともあります。

~葬儀の時間~

●「友引」の翌日は注意して

 葬儀の時間は、火葬場や僧侶の都合によって決められることになります。通夜は、午後6時ごろに始まって9時くらいに終えるのが一般的です。葬儀は午後1時ごろから始めて2時くらいまで、告別式は2時から、出棺は3時というケースが多いようです。
 注意しなければいけないのは「友引」の翌日です。火葬場も僧侶も忙しくなるので、予定の時間がとれずに、時間をずらさなければならないこともあります。

~葬儀の場所~

●団地の集会場、公民館

 本来は通夜から葬儀、告別式までを自宅で行うのが普通でした。しかし、団地やマンションなどの集合住宅では、遺体の持ち込みを禁じているところもあり、またスペースの問題などから、集会所や公民館などを借りることが多いようです。

●自宅

 昨今の住宅事情では、会場として必要なスペースを確保するのはなかなかむずかしいと思います。
 隣近所の家に家具などを預かってもらったり、控え室として部屋を使わせてもらえるように協力をお願いして、少しでも自宅を広く使えるようにします。また、もっと簡略にする場合には玄関に祭壇を飾って、そこで参会者にお参りをしていただくという方法もあります。

●寺院、斎場、教会

 規模の大きい葬儀になると、寺院や斎場などで行うことが多くなってきました。菩提寺で行えばそれに越したことはありませんが、遠方だったりする場合はまず菩提寺に連絡し、式場にするお寺を紹介していただくようにします。
 斎場も葬儀社所有の式場のほか、公営の式場もふえていますので、葬儀社の人に相談してみましょう。

~葬儀の費用~

●内訳

 葬儀にかかる費用は、宗教宗派によっても違いますし、またその土地の習慣や故人の生前の社会的地位などによっても左右されます。大きく分けると、およそ次のように分けられます。
  1. 葬儀社への支払い(棺、祭壇一式、霊柩車代などを含む)
  2. 宗教関係者への支払い(仏式でいえば、枕経、戒名料、葬儀、告別式、拾骨後の還骨勤行など、初七日までのいっさいのお礼を含む)
  3. 会食費(通夜ぶるまい、精進落としの飲食代、関係者のための外食、出前の費用など)
  4. 車代(火葬場への往復や僧侶の送迎ハイヤーなどの料金)
  5. 雑費(運転手や火葬場の係員への心づけや、その他の出費)
●無理のない予算で

 このような内訳を参考に、経済状態や予想される弔問客の人数、故人の遺志や遺族の希望を考え合わせて決定します。たいせつなことは、故人の冥福を祈るために、遺族が納得のいく方法で行うということです。盛大な葬儀をすれば故人が喜ぶというものではないはずです。無理のない予算を立てましょう。
 実際には「香典」の収入をあて込んで、用意した費用にいただいた分をプラスしてまかなっている人が多くなってきました。また、中には、結果としていただいた香典の総額で前記の(1)から(5)までの葬儀費用(香典返しや墓地、墓石代を除く)がまかなえればきわめて理想的だという現代的な考え方も出てきました。
 とはいえ、葬儀は急なことでもあり、その費用もけっして安くはありません。

●費用を抑えたいときは自治体に相談

 長期入院などで出費がかさんだり、事情があって葬儀費用を極力抑えたいという場合は、最寄りの自治体に相談してみてください。
 安い予算で、指定業者による「市民葬」「区民葬」が利用できます。また、生活保護を受けていて、葬儀費用の工面が困難な場合には、葬祭扶助を受けることができます。

<現金の用意を忘れずに>

 葬儀の段取りにかかるときに重要なことは、とりあえず現金を手元に用意することです。通夜・葬儀の前に、ある程度まとまった現金を、預貯金からおろすなりして準備しなければなりません。
 気をつけなければいけないのは、故人がみずから“葬儀費用”としてためていた場合でも、預貯金を引き出すときに「葬儀費用のために使う」ことを告げてしまうと、すんなりとお金をおろさせてくれないことがあります。これは、あとあとの遺産相続のトラブルを予想してのことです。
 何かと取り込み中のことでもあり、窓口での無用のトラブルは避けたいもの。相続者が集まって、お互いに承認し合ったうえで、銀行や郵便局の窓口では使途を言わずに預貯金をおろすというのも一案でしょう。

sogijyunbi










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。