新春の行事としきたり(1月)☆お年玉・初詣(はつもうで)

お年玉・初詣(はつもうで)、年始回り、年賀状

お年玉

■お年玉はその家の方針に合わせてあげる

 お年玉は、本来は神様に供えたもちをおろし、年神様から賜ったものを分け与えるという意味で、年長者から年少者へ、丸いおもちに、ちょっとした小物を添えて渡したのが始まりです。主人からもらったお年玉を持って、使用人たちはやぶ入りをしました。
 現在では元日に両親から子供たちへ与えたり、年始回りに来た子供や伺った先の子供に渡すお金のことを、お年玉と呼ぶようになりました。
 お年玉は、小さなのし袋に新札を入れるようにし、お金をむき出しで渡してはいけません。
 最近は小さな子供が高額のお年玉をもらうのが問題になっていますが、金額や、何歳までの子供にあげるかは、その家の教育方針もありますから、親の意向を尋ねてからのほうがよいでしょう。また、お金ではなく、幼児ならおもちゃ、中学生なら図書券などの品物でもかまいません。
 また、子供たちでなく、退職して現金収入のなくなったお年寄りに、「昔、こちらからいただいたから、今度はさしあげる番」と、お年玉の形でお小づかいをあげるのも気がきいています。親類のお年寄りには、お芝居の切符などもよいでしょう。

お年玉(相場、目安)はこちら・・・

年始回り

■元日は避けるのが礼儀

 お正月に、実家や仲人、親戚、上司や恩師のお宅に新年の挨拶に伺うのが年始回りです。本来は、主人の家や本家に関係者が全員集まって祝い膳を囲み、新年の挨拶を交わしていたのが、しだいに各自の家で新年を迎えるようになったため挨拶回りをする必要から生まれた習慣です。
 しかし現在では年末年始に旅行に出かけたり、独自の予定を立てて過ごす家も多くなったので、突然の訪問は、かえって迷惑になることもあります。あらかじめ様子を尋ねておいたほうがよいでしょう。
 年始回りは普通、松の内にすませればよいのですが、元日だけは約束した場合以外、避けるのが礼儀です。時間も10時から3時ごろまでの間にします。玄関先で挨拶をすませ、上がるようにすすめられても、失礼のない理由を言って辞すのが礼儀。もし、上がったときも長居は無用です。
 年賀の品は、お歳暮を送ってある家には必要ありませんが、手ぶらが気になるなら菓子類程度で十分です。

初もうで

■松の内に社寺にお参りする

 元日に、寺や氏神、恵方(えほう)にあたる神社にお参りすることです。恵方とは、その年の年神様を恵方神といい、その神様を祭ってある神社が恵方神社で、その年の干支(えと)によって毎年違います。元日の朝、衣服をすべて新しいものに着がえ、身を清めてから、一家そろって出かけました。
 その昔、大みそかの夜、徹夜で神社にこもって新年を迎えた風習があり、今でも除夜もうでをしてから再び初もうでをする地方もあります。
 現在では、除夜の鐘を聞いてからとか、元日の朝起きてすぐとか、さまざまですが、元日でなくても、松の内までにお参りすればいいのです。
 守護矢、お札などは家に帰ってから、神棚や鴨居(かもい)の上に飾ります。
hatumode

年賀状

 年賀状は本来、直接年始の挨拶に行かれない場合や、遠方の人に送る挨拶状でしたが、最近は、松の内に顔を合わせることがわかっている人にも出すのが一般的になりました。
 また、かつては、年が明けてから書いたものでしたが、現在では元日の朝、先方に届くために、年末の年賀状扱い期間のうちに出しておくのが普通になっています。

■新年になって書く賀状は

 元日になってから書く年賀状は、先方に、だいぶ遅れてから届くことを考えて「よい元日が迎えられました」など、新年になってから書いたことがはっきりわかる文面にします。

■賀状が遅れた場合は

 出さなかった人から年賀状を受けとったら、くどくど弁解するのはやめ、普通の文面で出しましょう。

■喪中の場合は

 年始のご挨拶欠礼の知らせを、12月の初めまでに出します。


 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。