新春の行事としきたり(1月)☆お正月料理

お正月料理(おせち料理、祝い膳)

~おせち料理~

■神様に上げたごちそうを食べる

 おせち料理のせちは「節」で、季節の変わり目である五節句……人日(じんじつ)(1月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)、端午(たんご)(5月5日)、七夕(しちせき)(7月7日)、重陽(ちょうよう)(9月9日)に神に供える料理のことでした。他の節句の日と異なり、人日の日だけ日と月の数が同じでないので、元日のお祝いと兼ねて特に盛大に祝うようになったのが、現在のおせち料理のいわれとされています。
 正月におせち料理を食べるのは、神に供えたごちそうをみんなでいただく、という意味と、神様を迎えている正月に、台所で仕事をして、騒がしくしないという意味と同時に、日ごろ忙しい主婦を、三が日の間は休ませるための保存食という新解釈もあり、おせち料理は男が作るという地方もあります。
oseti2

■保存のきく料理をお重に詰める

 伝統的なおせち料理は,一の重から与(よ)の重
(四が死につながるごろ合わせからの言いかえ)までの四段重ねが正式です。重箱の詰め方は地方により、少しずつ違いますが、一の重には甘みのある、きんとん、かまぼこ、黒豆、だて巻きなどの口取りを詰め、二の重は酢の物、三の重には焼き物、与の重には煮物を詰めるのが一般的です。
 重箱が二段重ね、三段重ねの場合は、それぞれの味がまざらないように工夫して詰めましょう。重箱の中が美しく配置されるように気をつけ、また、四隅をあけないよう、品数が奇数になるようにするのが昔からのしきたりです。
 料理は、本来、にんじん、こんにゃく、大根、ごぼう、焼きどうふなどを中心にした煮しめが主でしたが、これに、子孫繁栄を意味する数の子、まめに働くという意味の黒豆や、よろこぶのこぶ巻きなど、おめでたい意味のあるものを加え、かまぼこや紅白なますなど、縁起のよい食べ物で、1年の無病息災と家内安全を祈願しました。
 お重に詰めたおせち料理は、取り箸で各自が取り皿にとって食べるのがならわしです。
 重箱がなくても、大皿やお盆などに和紙や松葉などをあしらい、新年の祝い膳にふさわしい雰囲気を工夫しましょう。
oseti1

~祝い膳・祝い箸~

■食卓に新年の演出を


 新年の祝い膳は、足つきの塗り膳を1人ずつ用意し、器も塗りのものを用いるのがしきたりでした。まずお屠蘇で祝い、祝い肴、おせち料理、お雑煮の順に、目上の人から箸をとります。
 現在では、いつも使う食卓で祝う人がほとんどでしょうが、せめてきれいなテーブルクロースをかけたり、花を飾ったりして、華やかな演出をしたいものです。
 祝い箸は、水引のついた箸袋に入った柳の丸箸を三が日の間使い、毎回、自分で洗い清め、自分の名入りの箸袋におさめます。来客用には、松の内の間は祝い箸を使います。

~屠蘇~

■1年の邪気をはらう祝い酒

 屠蘇は屠蘇延命散とも呼び、薬草の成分をしみ出させたお酒のことで、山椒(さんしょう)、防風
(ぼうふう)、桔梗(ききょう)、肉桂(にっけい)などの粉末を紅絹(もみ)の三角袋に入れ、大みそかの夜から、酒かみりんに浸して作ります。屠は退治するという意味、蘇は病を起こす悪魔という意味で、つまり邪気をはらい、寿命を延ばすといういわれがあります。
 もとは中国から伝わった風習で、水引をつけた塗りの銚子と、杯台にのせた三つ重ねの杯を用いるのが正式です。

■屠蘇のいただき方

 まず、いちばん上の小さい杯で年少者がいただき、2番目の杯で順次年長者、最期の大杯で一家の主人という順で、1回ずつ合計3回飲むのがしきたりです。これは毒味のならわしと、若々しい精気を年長者が飲みとるという意味からきた風習です。
 しかし、まず主人から杯をとったり、3回飲まず、3回に分けて注いだり、1杯を3回にくぎって飲んだりすることもあります。
 年始回りに出かけて、お屠蘇をふるまわれたら、その家のやり方に従いましょう。
 屠蘇はお祝いの儀式ですから、すすめられたとき、断ってはいけないことになっています。一口だけでも飲むか、口をつけてまね事だけでもして、全員で新年を祝いましょう。
 現在では、屠蘇にこだわらず、清酒や赤ワインで乾杯する家庭もふえているようです。

~雑煮~

■雑煮は家ごとにしきたりがある

 大みそかの夜に年神様に供えた供物を、元日の朝に下げ、年男が汲んだ若水で煮て、みんなで食べたのが始まりです。特にもちは、昔の物日(ものび)といえばついたもので、これを中心に、山国では山菜やいも、ときには、きじの肉、雪国では貯蔵品、海の近くでは鮭の卵やぶりなどの海の幸をとり合わせました。
 雑煮の材料、調理法、もちの形は、さまざまな種類があります。たとえば、汁は、関東風のすまし仕立て、関西風のみそ仕立てなどがあり、もちは一般的に東は切りもち、西は丸もちを入れるところが多く、丸もちにあんを入れる地方もあります。もちも焼いてから入れたり、ゆでたものをお椀に入れたりと方法はいろいろですし、具も、その地方の珍味を用いて、郷土色あふれたものになります。
 各家庭で、家族の好みに合わせ、独特なお雑煮を工夫して楽しむのもよいでしょう。

若水迎え

 元旦の朝、まだ暗いうちにしめなわ飾りのついた井戸へ行って、最初に汲む水のことを「若水」といいます。これを年神様に供えたり、煮炊きして祝い膳をととのえたり、お茶(福茶)をたてたりすることで、これから1年の邪気をはらうとされています。
 この、若水を汲みに行くことを若水迎えといいます。
 水道の普及とともに、井戸が次々と姿を消し、こうした若水迎えのならわしもすたれてきました。しかし、1年の初めにあたって、たいせつな水への感謝の気持ちは忘れないようにしたいものです。
 現在なら、水道の蛇口を井戸に見立てて、小さな輪飾りで飾り、若水を汲むなどをするのもよいでしょう。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。