冬・歳末の行事(12月)☆冬至

冬至(冬を過ごすための準備)

■冬の健康を願う行事

 毎年12月22日ごろが冬至にあたり、1年じゅうで最も昼が短く、夜が長い日です。このころか、しだいに寒さも本格的になり、人々は冬を過ごすための準備や食料の保存に、本格的にとり組まなければならないときです。

■かぼちゃとゆず湯

 冬至にかぼちゃを食べるという習慣は、野菜が不足しがちになるこの時期に、ビタミンやカロチンをとるという合理性があり、昔の人は「冬至までとっておいたかぼちゃを食べると魔よこえになる」と言っていたようです。一面では、冬に珍しい野菜を神に供える意味もありました。
 地方によっては、こんにゃく、れんこん等「ん」のつく野菜を7種食べると幸運に恵まれる、といわれているところや、「冬至がゆ」を作って食べるところもあるようです。
 この日、ゆず湯に入るとかぜをひかない、という言い伝えも合理性があります。ゆずの香り高い湯にゆっくりつかることでリラックスし、体もあたたまります。また肌を引き締め強くする作用もあるので、これからの厳しい寒さに負けない体づくりのための昔の人の知恵は、現代にも十分通用するものです。

touji











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。