秋の行事(9月)☆お月見

お月見(収穫を感謝)

■収穫を月に感謝する日

 中国では陰暦の7月の初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といい、それぞれの満月を観賞する風習がありました。中でも8月15日の満月を「中秋の名月」と呼び、1年じゅうでいちばん美しく明るい月とされ、日本でも平安時代から、貴族の間で月をめで、供え物をして、詩歌を詠むようになりました。
 江戸時代になると、庶民の間にもお月見の宴が定着してきましたが、ちょうどこのころ、農作物の収穫期の直前にあたることから、豊作を願う収穫祭の意味合いが強まってきました。月に対する信仰も強く、満ちては欠け、欠けては満ちる月を生命の根源と考え、たくさんの農作物を供えて、豊作を祈願したようです。
 陰暦8月15日は、芋(いも)の収穫期であることから、別名「芋(いも)名月」と呼ばれ、里芋を供えます。また、これに対し陰暦9月13日の月を「十三夜」といい、栗(くり)、豆の収穫期であることから「栗名月」「豆名月」と呼ばれ、栗や豆を供えました。
 お月見はこの両月に行うのがしきたりで、片方だけ観賞するのは「片見月」といって忌みました。

■すすき、だんご、秋の花を供える

 現在では、中秋の名月を観賞することを「お月見」いうのが一般的ですが、縁側や庭に小机を出して月見の台とし、三方(さんぼう)に米の粉で作っただんごをのせ、農作物を供えます。花びんには秋の七草(すすき、はぎ、おみなえし、ききょう、くず、なでしこ、ふじばかま)を飾ります。
 秋の美しい月を、いつまでもめでていたいという気持ちから、十五夜の月を「待宵(まつよい)」、翌夜を「十六夜(いざよい)」、一夜ごと出のおそくなる月を待ちわびる意味で十七夜を「立待(たちまち)月」、十八夜を「居待(いまち)月」、十九夜を「臥待(ふしまち)」月、二十夜を「更待(ふけまち)月」と呼んでいます。

秋の七草

nanakusa



 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

赤ちゃんのお祝い☆お宮参り 2019/10/31
秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。