葬儀を終えて☆遺骨と埋葬

遺骨と埋葬(納骨と埋葬式)

~納骨は1年以内に近親者で行う~

 火葬された遺骨は、しばらく自宅に安置しておきますが、いつまでもおいておくわけにはいきません。おそくとも1年以内に納(埋)骨しますが、お墓ができるまでとか、郷里まで出向くために自宅安置が長くなるときは、お寺や霊園にある納骨堂に預かってもらうことができます。これを仮納(かりおさめ)または預骨(よこつ)といっていますが、教会でもお願いすれば預かってもらえるようです。

~遺骨はカロートに~

 遺骨は本来、土に戻されるべきなのでしょうが、現状ではカロートと呼ばれる土中の小室の棚に、関東地方では骨壺に入れたまま安置されます。関西方面では、壺から出してカロートに納めます。
 カロートは墓石の下にありますが、遺骨の出し入れは、石碑の手前の拝み台を動かして行います。ふだんは拝み石の周りはメジを塗って、簡単にはあけられません。
karoto

~納骨の時期~

●仏式
 普通、火葬にした遺骨をいったん自宅に持ち帰り、初七日から四十九日までの7日ごとの法要の日に納骨するのが一般的です。
 納骨の時期でいちばん多いのは、忌明けになる四十九日で、近親者や故人の親しかった人を招いて法要し、そのあと墓地に出向き、僧侶につかさどっていただいて、納骨式を行います。
 納骨式に必要なものは、焼香の道具、花、マッチ、線香、ロウソク1本、水桶などです。
 墓地では、墓地内かその付近の花屋さんに、たいてい用意されていますから、借りたり買ったりすれば、現地で調達できます。しかし、事前に霊園や寺院に連絡しておくことが必要です。
 連絡があれば、霊園・寺院では墓地の掃除や祭壇の準備、手続きなどをしておいてくれます。
 それから忘れてはならないのは、埋葬許可証と認め印です。この2つを忘れると埋葬できません。納骨がすむと、この埋葬許可証は、納骨した寺や霊園の管理人が預かることになっています。

●神式
 神道では本来、土葬でしたので、かつては葬儀の日に埋葬していました。しかし、現在は火葬がほとんどのため、神式では十日から五十日祭までの10日目ごとの霊祭の日のうち、都合のよい日を選んで埋葬することにしています。

●キリスト教式
 キリスト教では、カトリックの場合は、7日目の追悼ミサの日か、翌月の召天記念日に、プロテスタントの場合は、翌月の召天記念日の埋骨が多いようです。
 神式、キリスト教式、いずれも神職のおはらいと祭詞、神父(牧師)の祈祷、聖歌(賛美歌)といった手順で、葬儀と同じように行います。
 なお、遺骨を自宅から埋骨する場所まで運ぶのは、故人と最も血縁の深い人です。配偶者か、配偶者がいない場合は長男、長女がこの役を務めます。

~納骨は内輪の者で~

 納骨式は、あまりおおげさにするものではありません。故人の近親者とごく親しい友人、知人を招いて、しめやかに行うのが普通です。
 近親者でも、遠いところに住む人には、無理をしてまで列席してもらうことはないでしょう。
 参列者には前もって、納骨の日時と場所を書いた案内状を送ります。場合によっては参列者の送迎車の手配も必要です。

~埋葬式の進め方~

 仏式では、まず遺骨を墓の中に安置してその上に墓石を立てるのですが、墓石がまだととのっていないときには白木の墓標を立てておきます。そして、一同が焼香して冥福を祈ります。
 納骨堂に納める場合は、遺骨を箱形の納骨堂の中に安置し、その前に焼香台を置いて、読経をしてもらったり、焼香をします。

~式のあとのもてなし~

 埋葬式、納骨式のあとでは、参列者一同の労をねぎらう意味で、茶菓をふるまったり、酒食の席を設けてもてなします。
 会場は自宅、お寺、料亭などいろいろですが、僧侶を招待する場合は必ず、上座に案内するのが礼儀です。

~永代納骨~

 先祖代々という観念も薄れつつある現代では、墓地を必要としないとする人もふえてきています。
 そのような場合や墓地購入ができない場合は、納骨堂に遺骨を納めて永代納骨(永代納め)をする方法があります。
 これは、寺院や霊園にある一時遺骨を預かる納骨堂や、無縁仏の遺骨を預かる納骨堂とは別のものです。

土葬について

~墓地が土葬禁止地域に指定されている場合、土葬は可能か~

 土葬は、人口密集と都市化の程度やその地域の事情に応じて、許可されているところと禁止されているところに分かれています。
 故人が生前、土葬を希望していた場合などの理由で、土葬禁止地域でどうしても土葬にしたいというようなときはたいへん困るわけです。しかし、これはケース・バイ・ケースで、役所にその旨をよく説明すれば、土葬禁止区域内でも、禁止を解除されることがあります。したがって、一応は役所に相談してみることです。

~骨壺に名前は書き入れられるか?~

 現在は俗名と没年月日は書き入れるようになっているはずですが、もし書き入れられないようなら、火葬許可証を火葬場で提出するときに申し出ておくと、名入りの骨壺を用意してくれるはずです。紙をはるなどではすぐに損傷してわからなくなり、エナメルなどで書いても消えるそうで、特殊な方法で焼きつけるのだそうです。
 東京の博善社の場合は、表に戒名、裏側に俗名と没年月日を入れるのが普通だそうですが、俗名と没年月日は特別に申し出なくても必ず入れてくれるし、戒名を書き入れてもらいたい場合だけ申し入れます。戒名の分だけは別料金になるそうです。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。