葬儀を終えて☆香典返し

香典返し(忌明け)

~香典返しは忌明け法要のときに~

 近親者が死亡した場合、身を慎み、公の席には出席を遠慮する期間を忌中、喪中といいます。
 昔はこれが守られていましたが、人間関係が拡大し、社会生活が複雑になっている現代では、官公庁服務規定による忌引き期間が明ければ仕事に戻り、忌明け後はほどんど通常の生活に戻るのが普通になっています。
kodenkaesi

●仏式では
 忌明け(四十九日、または三十五日)の法要を営むとき、葬儀でお世話になったかたがた、香典を賜ったかた、会葬をしてくださったかたなどにご挨拶をします。
 このご挨拶は、挨拶状を添えて、香典返しの品をお送りするのが現代の習慣になっています。香典のお返しに品物を送るというのは近年の習慣で、本来は、出向いてお礼を述べるか、自筆の挨拶状に感謝の気持ちを託すことが基本でした。
 しかし今は、交流の範囲も広くなっていて一軒ずつ伺うこともできないので、感謝の気持ちを託した品物を送るのもよいでしょう。

●神式では
 三十日祭、または五十日祭を忌明けとし、挨拶状とともに香典返しをするのは仏式と同じです。
 ただし、挨拶状は市販品を利用するなら、仏教用語が使われていないものを選びましょう。品物の上書きは「志」とします。

●キリスト教式では
 香典返しという習慣はないのですが、近年ではお返しをする人が多くなっているようです。
 1カ月後の召天記念日の拝礼、ミサのあとに、故人をしのぶ品を友人、知人に贈ってお礼を述べ、遠方のかたには挨拶状を添えて送ります。上書きは、「召天記念」がふさわしいでしょう。

~香典返しの品~

 お中元やお歳暮と違って、相手の好みのものを選ぶ必要はありません。どこの家庭でも使うようなものがよく、全国の有名百貨店の香典返し品ベスト10などを見ても、こればかりはだいたい似通っていて、お茶、シーツ、せっけん、タオルケット、砂糖といった品が多くなっています。
 本来、品物には、白の奉書紙をかけ、黒白の水引で結び、シーツ一枚なら「敷布」として水引の下に「一」と書き、その左側に喪主の氏名を書くのが宗教を問わず正式です。
 しかし、現代では、仏式の場合は上に「忌明」「満中陰」「志」などと書き、下に喪家、つまり「○○家」というように書くのが一般的になっています。

~忌明けの挨拶状~

 百貨店、葬儀店などで、50部以上になれば筆書きで印刷してもらえますし、必要な文面はすでに印刷されていて戒名を書き込めばすむようになっている書状も市販されており、1カ所ですべてととのうという便利さです。
 弔事の場合は1枚で書き終わる手紙にするのが昔からの習慣で、巻紙に筆書きということになっていますが、だれもが毛筆で書けるわけではないので、これらの市販品を利用するのもやむをえないでしょう。
 また、近年では、自筆ではないまでも、自分の文章で二つ折りのかたい紙に印刷し、それを封筒に入れてお送りするという挨拶状なども、ふえてきています。

~香典返しをしない場合~

●弔電をいただいたかたにはお礼状を送る
 弔電をくださったかたにまで香典返しの品をお送りしたのでは、かえって先方を困惑させることになるものです。
 この場合は、ペン書きでかまいませんから、自筆の手紙でお礼状を出しましょう。

●香典の一部を寄付するとき
 最近は香典返しをしないで、その一部または全額を福祉施設、社会事業団体、学校などに寄付することも多くなっています。
 この場合は、忌明けの挨拶状に「どこへ」「どうのような趣旨で」寄付したということを、はっきり書き添えてお送りします。

服忌の期間(明治7年太政官布告)
















































































続柄
父母 50日 13カ月
養父母 30日 150日
30日 13カ月
20日 90日
嫡子 20日 90日
養子 10日 30日
きょうだい 20日 90日
異父母きょうだい 10日 30日
祖父母 30日 150日
曽祖父母 20日 90日
3日 7日
おじ・おば 30日 90日
いとこ 3日 7日
甥・姪 3日 7日

年賀欠礼の挨拶

~年賀欠礼の挨拶は早めに~

 家族を亡くして喪に服している場合、前もって年賀状をいただきそうな相手にその旨を伝え、欠礼をわびる書状を出すのは、現在、社会的習慣として定着しています。

●服喪期間は1年だが……
 服喪期間は、肉親であれば、すべて1年として考えられているようですが、服忌令によると、1年間の服喪は、両親と、妻にとって夫だけですから、厳密に言えば欠礼挨拶をする必要のない場合にまで、広く出されていると言えそうです。
 それに欠礼挨拶を出すとなると、例年年賀状をさしあげているかたがたに対しては、全部一律に送られる傾向のようですが、そうなると仕事上のかたがたなど、亡くなった人とのかかわりが全くない人に出すべきかどうか、疑問が残ります。
 たとえば、妻の親の不幸の場合、夫は職業上のつきあいはどうするかとか、逆の場合なら、妻の交友関係には……といったことや、会社経営者の場合、会社としての年賀状はどうするかで迷うことになります。
 結局、人の交流も少なかった昔と違って、社会生活も広範囲にわたっている現在では、個人的な交友関係と、社会的関係とを分けて考えたほうがよいのではないかと思われます。
 欠礼の挨拶は、少なくとも故人のことを知っている人々、家としておつきあいをしているかたがたに出すということにしてはどうでしょうか。出すかたには、年賀郵便特別扱いの始まる前、つまり12月上旬までには送るようにしましょう。

●年賀状を出したあとに喪中の挨拶を受けとったら
 知らないで年賀状を出してしまったあとに、欠礼の通知が届いたような場合は、その旨をおわびする便りをすぐ出しましょう。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。