危篤から納棺まで☆遺体の処置と安置

遺体の処置と安置(死に水をとる)

~「末期(まつご)の水」は血縁の深い順に~

 医師から「ご臨終です」と告げられたら、家族や近親者は臨終の人に最期の水を含ませます。これは「末期の水をとる」、あるいは「死に水をとる」ともいって万が一の死者のよみがえりを願い、そしてそれがだめなら死後の世界で飢えや渇きのために苦しむことのないように、との願いから今日まで残ってきたものです。
 新しい筆の穂先に、茶碗の水を含ませて唇を軽く湿らせるか、筆は使わずに、割り箸の先に脱脂綿を白の木綿糸で縛り、それに水を含ませて、唇を軽く湿らせます。
 末期の水をとる順序は一般に、配偶者、次に子(年齢順)、故人の両親、兄弟姉妹(年齢順)、孫、配偶者の兄弟姉妹の順といわれています。

~遺体の清めはなるべく遺族の手で~

 末期の水とりが終わったら、遺体を清めます。仏式では湯灌(ゆかん)といって、たらいにさかさ水(水を先に入れ、湯をあとから入れてつくるぬるま湯)を張り、全身を洗い清めるならわしがありました。
 しかし、最近は湯灌はほとんど行われなくなっており、アルコールやお湯でしぼったガーゼか脱脂綿で、遺体をふくようになってきています。そしてそのあと、汚物が出ないように、耳、鼻、口、肛門などに脱脂綿を詰めます。このとき、のどには多めに詰めておくことが肝心です。のどの処置さえしっかりしていれば、口や鼻に詰める量は少なくてすむので、外から見えるようなこともありません。
 ここまでの遺体清めは、病院で亡くなったときには看護婦さんが、自宅で死亡したときには葬儀社の人が手抜かりなく行ってくれるようになりました。しかし、これは故人への最後のいたわりとなるわけですから、遺族や近親者が進んで清めてあげたいものです。ただ、故人が女性の場合は、親族でも男性は行わず、女性の親族やお嫁さんなどが行うのが、たしなみというものでしょう。

~清めの終わった遺体に死に化粧を~

 大きな苦痛を伴った臨終では、遺体の目や口が、開いたままになりがちです。
 このようなときは枕辺の遺族が、遺体清めの間も、故人のまぶたを軽くなでるようにして閉じさせ、下からあごを持ち上げるようにしてしばらく支えて、口を閉じてあげるようにしましょう。
 そのあと、髪をととのえ、故人が男性ならひげをそり、女性や幼児なら薄化粧をしてあげます。
 また、つめが伸びていたら切り、長い病気でやせてほおがこけてしまっていたら、含み綿を入れてふっくらさせてあげる心づかいも必要です。
 これらの処置は、弔問客の目に、故人が見苦しく映らないように、また遺族や近親者からすれば、故人の最後の姿が少しでも美しいものであるように、という願いからするものです。
 しかし死に化粧を忌む地方もありますので、そうした場合は、その土地のしきたりに従ったほうがよいでしょう。

~旅立つ故人に生前の愛用の服を~

 遺体を安置する前に、衣服もさっぱりとしたものに着かえさせます。仏教では、僧尼の旅立ちの姿に似せた白木綿の経帷子(きょうかたびら)、手甲脚絆(てっこうきゃはん)、三途(さんず)の川の渡し賃である六文銭の入った頭陀袋(ずだぶくろ)の装束を着せ、手には数珠を持たせるのがしきたりでした。そして経帷子は、さらし木綿をはさみを使わずに裂いて裁ち、近親者が一針ずつ玉結びのない糸でぬい上げて着せるとされていました。
 しかし近年では、葬儀社で用意してある紙製の帷子を上からかけるだけというのが普通になっていますので、病衣を脱がせたあとは仏教の場合も清潔な浴衣とか故人が生前好んで着たものに着かえさせてあげます。また、弔問客との対面があることから、紋つきなどの礼服や晴れ着を着せる地方もあるようです。このような場合は、衿の合わせ方を左前にし、足袋のこはぜをとって、左右逆にはかせるなどの習慣があります。
 なお、末期の水、遺体の清め、死に化粧は、仏式、神式、キリスト教式、いずれも共通しています。しかし、死に装束については、神式では神衣という納棺用の衣装があり、これも葬儀社で用意していますので、遺体清め後に遺族の手で着かえさせるときは、浴衣や故人の好みのものでよいでしょう。キリスト教の場合は特に決まった装束はありませんので、故人の好んだ衣服や晴れ着に着かえさせます。

~遺体の安置は北枕か西枕で~

 遺体の寝かせ方は、いずれの宗教でも遺体の手を胸元で組ませ、仏式ではその手に数珠をかけ、キリスト教のカトリックではロザリオをかけます。顔は白い布(ハンカチやさらしなど)でおおい、仏教と神式では北枕(遺体の頭が北向き)に、他の宗教では方向は関係なく寝かせます。
 しかし、住居の条件によって、北枕にできないことも多い昨今です。そんなときは、極楽浄土は西方にあるとする宗教もありますので、西枕でもよいといわれるようになってきています。
 敷布団は1枚で、シーツは新しいものか洗濯したきれいなものにします。掛け布団も軽くてこざっぱりしたものを上下逆にかけるのが一般的です。布団を薄くするのは、蒸されて遺体の腐敗を早めないためです。
 また地方によっては、布団の上から紋服をさかさにかけるところもあります。
 枕はなくてもかまいませんが、老人の場合は枕をしないと口が開くことがよくありますから、なるべく高い枕をさせます。

~仏式枕飾り~

 遺体を安置したあと、枕飾りをします。まず枕元に白木の台を置き、その上に次のものをのせます。
 線香立て、燭台、花立て、コップに入れた水、枕だんご、故人が愛用していた茶わんに、ごはんを山盛りにし、使用していた箸を中央に突き立てたもの。
 白木の台がなければ、小机に白布をかけたものでもかまいませんし、小道具も全部そろわなくても、ロウソクと線香の火を絶やさないようにして、故人をお守りする心づかいがたいせつです。

●さかさびょうぶと守り刀

 広い意味では枕飾りに入るかと思いますが、前述のものにさかさびょうぶと守り刀が加わります。さかさびょうぶは、びょうぶをさかさまにして枕元に立てるもので、これは故人の姿を外から見えないように、との配慮からといわれています。
 守り刀は、魔性のものや動物を寄せつけないという意味で、かみそりやはさみ、刃物をお盆にのせて枕元に置いたり、刃物だけを遺体の胸の上にのせたりします。

●枕づとめ

 遺体を安置してから故人の枕元で行う行事を、枕づとめといいます。
 枕飾りをすませ、部屋やその他をととのえたら、僧侶を迎えて経を上げてもらいます。
 これを枕経といって、故人を無事に仏の座に送る意味があるたいせつなものとされています。喪主はもちろん、参列する遺族、近親者は謹んで耳を傾け、故人の冥福を祈ります。
 枕づとめの僧侶への謝礼は、地方や寺のしきたりなどによって違いますので、葬儀社の人やその土地に古くから住んでいる人に尋ねるとよいでしょう。
 普通は、通夜や葬儀のときのお礼といっしょに、葬儀後にまとめてすることが多いようです。しかしお車代だけは、そのつど包む場合もあります。
 また、戒名は枕づとめのあとにいただくことが多いのですが、俗名のままでも葬儀は行えます。
makura_butu

 ~神式枕飾り~

 遺体の清め、死に化粧、死に装束が終わると、遺体を別室に移し、北枕に寝かせて安置します。
 顔に白い布をかぶせて、枕元にさかさびょうぶを立て、守り刀を盆にのせ、遺体のほうに刀を向けないようにして置きます。このあたりまでは仏式の場合とほとんど変わりありませんが、以下はかなり違います。
 まず灯明に火を点じ、安置した遺体の前に案(あん)(神式の儀式に用いる台)を置き、水、洗米、塩、お神酒(みき)、常饌(日常の食膳に準ずるもの)などを供えます。案は、なければ小机を白布でおおってもかまいません。
 神式では仏教と違って、“生ぐさもの”を禁じていませんので、常饌には故人が生前好んだものであれば、魚や肉類を供えてもよく、酒もかまいません。香はたかず、さかきが花のかわりに供えられます。神棚や祖先の霊が祭ってある祖霊舎には白紙をはり、故人が息を引きとった部屋には、しめなわを張ります。
makura_sin


~キリスト教式枕飾り~

 キリスト教式では、亡くなってからの枕飾りや枕づとめはなく、臨終まぎわに儀式が行われます。
 信者が危篤になると、まだ意識があるうちにカトリックでは神父、プロテスタントでは牧師をよびます。そしてカトリックでは「終油の秘跡」という儀式を行い、いよいよ臨終というとき、神父が「教父掩祝(えんしゅく)」という祝福を授けます。
 「終油の秘跡」の儀式には、時間的に余裕があれば、黒い布をかぶせた小机を用意し、その上に十字架とロウソク、聖水をととのえますが、十字架と聖水は神父が持参してくれますので、急なときは、場のしつらえはなくても儀式は行われます。
 祝福が終わったら、遺体は胸の上で手を組ませ、その上に故人が愛用していた十字架、ロザリオをのせます。プロテスタントの場合は「正餐式」という儀式を行い、牧師はパンとぶどう酒を与えて、安らかに天国に行けるように祈ります。
makura_kiri

北枕にするのはなぜ

 北枕は、お釈迦さまが生涯を閉じたとき、頭を北側にし、顔を西に向けて寝姿であったことから、死者を北枕に寝かせる風習が生まれたとされています。
 この「北枕」のように、葬式の前後に行われることは、日常と正反対に行うことが多くあります。たとえば、「死に装束の左前」「さかさびょうぶ」など。
 このほかにも、遺体にかける布団は天地を逆にしたり、布団のすそに死者の晴れ着をさかさにかけることなどもその一つです。
 「死」ということは不幸なでき事で、その「死」が生き残った人たちに何らかの影響を与えて、不幸をもたらさないように、という願いが込められています。そして、これらのことは逆に日常生活のうえでは、縁起が悪いとして忌み嫌われます。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。