葬儀・告別式☆遺骨迎え

遺骨迎え(「後飾り」の祭壇に)

~遺骨を迎える準備をする~

 遺骨を火葬場から直接運んで、その日のうちに埋葬してしまうこともありますが、ほとんどの場合はひとまず自宅に持ち帰り、埋葬、納骨の日まで「後飾り」の祭壇に安置されます。

●後飾りの用意
 出棺を見送ったあと、残った人は祭壇を片づけ、あたりを清めます。
 葬儀社に後飾りのしつらえを頼むか、自宅の小机に白布をかけて、あらためて祭壇を作ります。この上に遺影を飾り、葬儀のときに使ったものでかまいませんので、生花、盛り菓子などを供えます。
 このほか、位牌、香炉、線香立てなどの仏具を置きます。忌明けまでは遺骨をここに安置し、仏壇は閉めておくのがしきたりです。
ikotumukae

●清めの塩と水の用意

 遺骨の帰る時間を見はからって、玄関に、小皿に入れた塩と、水を入れた桶にひしゃくと手ぬぐいを添えたものを用意しておきましょう。

~火葬場から帰ったら身を清める~

 火葬場から戻った人たちは、まず家に入る前に塩と水で死のけがれから体を清めます。
 正式な清め方は、留守番で残っていた喪家の家族でない手伝いの人が、帰宅した1人1人の手にひしゃくで水をかけてあげて、手ぬぐいやタオルを手渡します。さらに塩を正面向きで胸や背中にひと振りして終わります。ただし、最近では「清めの塩」だけのことも多いようです。

~後飾りの祭壇に遺骨を安置する~

 体を清めたあと家の中に入ったら、喪主は、用意した後飾りの祭壇に遺骨を安置して、その前に遺影や位牌を飾ります。
 このあと、僧侶は遺骨を迎える意味を持つ「還骨勤行」のお経を上げ、一同が焼香して葬儀は終了します。「還骨勤行」を行わない場合は、すぐに精進落としの宴に入ります。

~神式では帰家祭を行う~

 仏式と同じ要領でしつらえた祭壇に、神饌、さかき、灯明などの神具を飾ります。また、後はらいといって、神官が家に残った人と家の内外をはらい清めます。遺骨が帰ってきたときは、帰家祭といって、門口に神官が立ち、一同おはらいをして清めることがあります。

~キリスト教式では特別な儀式はしない~

 祭壇に十字架、聖書などを置きます。遺骨を迎えるときも、特別な儀式はありません。
 カトリック、プロテスタント、いずれでも、遺骨と遺影の飾り方に決まりはなく、自由でよいのです。



 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。