通夜☆服装の準備

服装の準備(弔問客を迎える準備)

~服装の準備~

 亡くなった直後、遺族はすぐに正式な喪服を着る必要はありませんが、なるべく地味な服装(黒、紺、濃いグレーなど)に着かえて、結婚指輪以外の装身具は全部はずします。見苦しくなく、しかも死者を見送る悲しみの場にふさわしい身だしなみを心がけましょう。男性ならひげや髪の毛をきちんとととのえ、女性ならば薄化粧を施します。
 そして、できるだけ早いうちに、通夜、葬儀、告別式を通じて着用する服装をそろえます。喪主と成人の遺族は、原則として喪服を用意します。喪服がなければ葬儀社が貸し衣装を手配してととのえてくれますから、早めに必要なものを伝えておきます。
 ただ、下着やたびなどは、自分のものを用意するのが普通なので、借りられる範囲をよく確かめ、たんすなどを片づける前にとり出して用意しておきます。
 自分の喪服を持っている人は、アイロンをかけたり、半衿をつけたりして準備します。ふだんはたたんでしまってあることが多いものですから、たたみじわがついていたり、思わぬ虫食いがあったりするので、早めに確認します。

tuyamofuku










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。