危篤から納棺まで☆遺体の引き取り

遺体の引き取り(死亡状況に合わせて)

~臨終の手順は死亡通知状況で違う~

●自宅で死亡したとき
 病気のため自宅で死亡した場合はすぐに主治医をよび、死亡の確認をしてもらいます。また、突然前ぶれもなく急死した場合も、一刻も早く医師に連絡して来てもらいます。
 加療中ならその主治医を、そうでない場合は何科(歯科でも可)でもかまいませんから、できるだけ近くの医師に連絡します。もし、日曜日で医師と連絡がとれない場合は、110番で警察医をよびます。また、心臓病などの発作で、蘇生の可能性があると判断したら、救急車の手配をします。
 いずれにしても、自宅で死亡した場合は、医者による死亡の確認が先決となりますので、医師が来て死亡診断書を書くまで遺体に手をふれたり、動かしてはいけません。「末期の水」や遺体の処置については、医師や葬儀社の指示を仰ぎましょう。

●病院で死亡したとき
 病院での死亡は、死因がはっきりしているので、病気による自然死として扱われるのがほとんどです。救急車で運ばれる途中で死亡した場合でも、死因に特に疑問がなければ同様の扱いになります。
 病院で死亡した場合は、看護婦が遺体を清めたり、着物を着かえさせたりなどの処置をしてくれ、霊安室に運びます。その様子は家族にとって事務的で冷酷に見えるかもしれませんが、病院ではほかの入院患者への思いやりも必要ですから、処置は病院側にまかせます。
 そして、できるだけ早く葬儀社を決めて連絡し、寝台車かワゴン車で遺体を自宅まで運びます。葬儀社は、病院でも紹介してくれます。赤ちゃんや幼児の場合は、親が抱いてタクシーなどで連れて帰ってもよいでしょう。

●事故死、変死、自殺のとき
 交通事故などで即死したとき、自殺や他殺など自然死以外で死亡したときは、警察医による検死が必要になります。
 検死が終わって、警察から死体検案書が交付されるまで、遺体にふれることはできません。自宅で変死した場合、死因解明には、状況の保全が必要です。家族にとってはたいへんショックなことですが、とにかく110番し、事態を正確に伝えることがたいせつです。

●伝染病で死亡したとき
 死因が伝染病の場合は、遺体を自宅に運ぶことはできません。病院で簡単な葬儀をすませてから、そのまま火葬にし、遺骨にして自宅に持ち帰ります。そのあと改めて葬儀を執り行うのが一般的です。

●遠方で死亡したとき
 旅先や自宅からかなり遠い場所で死亡した場合には、遺体の損傷や運ぶ費用がかさむこともあって、現地で荼毘(だび)に付すことが多いようです。仮通夜や密葬をしてから火葬にし、遺骨を持ち帰ります。
 そのまま遺体を運ぶ場合には、現地の葬儀社に依頼して、棺にドライアイスを十分に詰めてもらうなどの配慮が必要です。

●遺体の解剖を望まれたら
 死因によっては、病院側から、遺体の解剖を要請されることがあります。許可できるのは故人の配偶者、いなければ両親です。解剖した場合は、普通1日ほどで遺体は遺族のもとに戻されます。

●献体・臓器提供のとき
〈献体〉
 献体とは、遺体を医学研究のために、大学病院などの解剖用に提供することです。
 故人が生前、献体などの団体に登録していたり、遺言で献体を希望した場合は、その旨を医師に申し出ます。遺族の感情としては忍びないものがあっても、故人の遺志を尊重するならば、ただちに申し出るべきでしょう。
 遺体を提供する場合は、亡くなると遺体は渡してしまって、遺骨になって戻ってくるのはずっと先になります。2年近く先になることもありますので、遺体のない葬儀をすることになります。
 そこで葬儀は遺体の引き渡しを出棺とみなして行うとか、遺髪などで行われたりします。
 なお、献体をするためには、本人の肉親、つまり、夫、妻、子供、親、兄弟、姉妹などの同意が必要となります。
〈臓器提供〉
 アイバンクに登録しているときは、死亡後ただちに連絡します。24時間以内に摘出しないと、角膜もむだになってしまいます。
 連絡後、医師が駆けつけてきて、遺体にごく短時間で手術を施し、手術後は義眼を入れてくれます。献腎は腎機能を失って人工透析を受けている人たちに腎臓を提供するもので、これも外見上、遺体にはほとんど損傷がありません。

antijyo










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。