仏壇とお墓☆お墓

お墓(できるだけ一周忌までに)

~墓地を購入する~

 墓地を購入するのに、特定の時期はありません。特に都会では年々墓地を入手するのはむずかしくなっていますから、経済的な余裕さえあれば、できるだけ早いほうがよいでしょう。墓地の購入は宅地分譲などのように、土地そのものが売買されるのではなく、「永代使用権」を得るという形です。
 つまり墓地の取得は、所有権譲渡ではなく、永代使用承諾という方式で扱われ、そこで支払われる代金は「永代使用料」というわけです。
 そしてこの永代使用権には期限がなく、それは永久の権利ですから、使用者の権利は代々にわたって受け継がれていくことになります。このことは、法律でも認められており、そのお墓を祭る者に対しては、墓地使用権の相続が認められているのです。しかし、第三者に譲渡したり、墓地以外の目的に使用することはいっさいできません。
 現在、墓地もけっして安くはなく、購入すれば孫子の代まで使うことになるのですから、立地条件や管理料、寺院内の墓地なら寺院との先々のつきあいなどについて、十分に検討して決めることがたいせつです。

●墓相
 墓地を取得すれば、墓石をつくらなければなりませんが、墓石で気になるのは、墓相のことです。墓相は人相、手相、家相などの相と同じように、墓石の形、色、方位などで吉凶を占うものなのですが、これはあまり気にする必要はなさそうです。
 たとえば、青色、黒色、淡紅色の石は凶相で、白は吉相だといわれていますが、最近では良質で重量感のある黒の石に人気が集中しています。
 また墓の向きは、東、南、東南向きが吉で、西、北、西北は凶となってはいますが、仏教では「西方浄土」といわれていますし、仏典にもお墓について、こうあるべきとする教えはありませんので、気にしなくてよいでしょう。

~墓石はできるだけ一周忌までに~

 墓石はできるだけ一周忌までに建立します。新しい墓石には僧侶を招いて「魂入れ」とか「開眼式」と呼ばれる儀式を行います。
 墓石は注文してから建立するまで1、2カ月かかるので、新しく建立する場合には一周忌に間に合うように予約しましょう。

~墓石の種類~

 長方形の角石を使った角石塔形3段式というのが、和式の代表的な形です。洋式の横型もよく用いられ、このほか、五輪塔形、多宝塔形、自然石を使ったもの、記念碑的なものも見られます。
 石材の材質や色は白みかげが代表的で、そのほか、庵治石、小松石、黒みかげ石、赤みかげ石などが使われ、石の種類によって価格差があります。

haka

お墓を改葬する場合は?

 墓を動かすと縁起が悪いといわれますが、ご先祖さまに対して気持ちを込めたお墓参りをするために、墓を移動したいという場合には、何よりもその気持ちをたいせつにして墓を扱うようにします。
 墓石を移転するときや移骨するときにたいせつなのは、鎮魂の意味からもお寺にお願いして供養の儀式を執り行うようにすることです。そのためにはまず、現在の墓を管理している寺あるいは霊園、それに移す予定の寺、霊園に連絡をとって手続きを進めます。寺の場合、同じ宗派の墓なら問題はありませんが、異なる宗派だと受け入れてくれないということも考えられますから、移す予定のお寺によく相談することです。
 このような改葬は、書類上の手続きも必要になります。旧墓地の管理者発行の埋葬証明書、移転先の墓地発行の受け入れ証明書をそろえ、それらを旧墓地のある市区町村の戸籍課、あるいは市民課などに提出し、その役所から改葬許可証を発行してもらいます。
 墓石を移す場合には、その距離にもよりますが、運搬費や新墓地への設置費などが必要で、新たに墓地を造るぐらいの金額になることがあります。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。