葬儀・告別式☆神式の葬儀

神式の葬儀(家の守護神として)

~神式の葬儀は葬場祭~

 神道では、死者の遺体を墳墓に納めてその霊をしずめ、死者を命(みこと)とあがめて、祖先の神々とともに家の守護神として祭ります。
 葬儀は、葬場祭または神葬祭といい、死のけがれを清め、霊を慰め、命として祭る儀式です。神式の本葬は、仏式の葬儀と告別式にあたると考えてよいでしょう。
 略式にすれば自宅でもできますが、正式に行うにはかなりの規模を必要とし、自宅ではむずかしいようです。それに、神道では死を忌み、慎む意味から、葬儀に神社を使用することはできません。
 そのため、しかるべき斎場を葬儀社の人と相談して、早めにさがしておかなければなりません。一室を貸してくれる火葬場もあります。
 棺が家から出て斎場に向かう場合は、出棺祭が行われます。本来は出棺祭は夜間に行うもので、葬列も正式には銘旗(白の正絹か寒冷紗(かんれいしゃ)の細長い旗で、仏式の位牌に相当する)を立て、たいまつをともし、ひつぎをのせるための霊輿に霊柩を奉じて、おごそかに進行します。最近の出棺祭は、昼間に行われる場合がほとんどで、霊輿のかわりに霊柩車ですませています。
 葬祭場には忌み竹を立て、しめなわを張り、故人の氏名、職名、位階などを記した銘旗を立てます。そして、祭壇を設け、さかき、花を供えます。また、喪主だけは斎主(神官)に似た装束をつけることもあります。
 しかし、最近はいろいろな点で、かなり簡略化されています。葬儀社の人と相談して、ほどほどのところですませる場合が多いようです。
sougi_sinsiki

~葬場祭の席順~

 神式でも右側に喪主、遺族、親族と並ぶのは仏式と同じですが、左側は、祭壇に最も近い席に葬儀委員長、つづいて弔辞朗読者の順で着き、斎主と祭員からなる神職の席は一段高いのが普通です。

~葬場祭の進行~

●手水(ちょうず)の儀
 神道では、正式に祭式に入る前に、必ず手水を使って身を清め、口をすすぎます。
 手水は、3度に分けて注ぎます。桶に入れた水を、まず右手に持ったひしゃくですくい、その水を左手へ注ぎます。次にひしゃくを左手に持ちかえて、右手へ注ぎます。そして、最後に左の手のひらに水を受けて口をすすいだのち、左手を洗い、ひしゃくをもとに戻して、懐紙で口や手をふきます。
 ただし、自宅で葬儀を行う場合は、手水の儀は省略するのが普通です。
 手水を使ってから会葬者が着席し、次いで神官、祭員など神職、喪主、遺族、親族が順に着席します。

●修祓(しゅうばつ)
 司会者が開式を告げると、全員起立するか、座敷ならばすわったまま頭を下げます。神官は葬場、棺、供物、祭員、参列者の順に修祓(おはらい)の儀を行います。

●献饌(けんせん)・奉幣
 副斎主が神饌(神の飲食物)と幣帛(へいはく)(供物)を供え、楽を奏でます。ただし、献饌は省略するのが普通です。そのかわりに、開式前に供え物を供えておき、斎主がお神酒の蓋をとることによって献饌を意味することになっています。

●祭詞奏上
 斎主が祭詞を述べます。祭詞には、故人の生前の略歴と功績、人柄などの紹介が含まれますから、この資料をわかりやすくメモにまとめて、斎主にあらかじめ手渡しておかなければなりません。葬儀社には経歴記入用紙が用意してあります。
 祭詞は、故人の冥福と遺族への守護が祈願されます。その間、一同は頭を下げています。

●誄歌(しのびうた)奏楽
 楽員によって、故人の霊を慰める楽が奏でられます。その間に弔辞・弔電披露が行われます。

●玉串奉奠
 斎主が玉串を霊前にささげたあと、喪主から順に霊前に進み、玉串をささげます。
 玉串奉奠は、仏式の焼香にあたります。ささげる順は、仏式の焼香の順と同じです。子供や孫などの数が多い場合は、時間の節約のために、人数がまとまって玉串をささげることもあります。玉串をささげるときは,かしわ手を打ちますが、しのび手といって、音を立てないように打ち合わせます。
 なお、玉串を省略するときは、順に拝礼します。
 以上が葬場祭で、約1時間要します。これに引きつづいて休憩のあと、告別式に入ります。告別式では会葬者一同が玉串をささげ、そのあと遺族代表が挨拶をします。
sougi_sinsiki_sinko









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。