葬儀・告別式☆葬儀・告別式の手順

葬儀・告別式の手順(葬儀・告別式の進め方)

~葬儀と告別式の違い~

 葬儀・告別式は、通夜の翌日に行われるのが普通で、両方をまとめて「葬式」と言っておりますが、本来は別のものです。
 葬儀とは、近親者によって営まれるもので、故人を成仏させる儀式であり、告別式は成仏した故人に生前かかわりの深かった人たちが最後の別れを告げる儀式です。
 最近では多くの場合、同じ会場でつづけて行われますし、自宅で小規模に営む場合には、あわせて行うこともあるようです。
 告別式は、必ず定刻に始まるようにし、会葬者を待たせないようにするのがマナーです。

~葬儀・告別式の席順~

 基本的には通夜の場合と同じですが、喪主、遺族、親族は定刻の5分ぐらい前に式場に入り、祭壇に向かって右側の席に着きます。
 葬儀委員長、弔辞朗読者は、左側の席に着き、あとに一般会葬者がつづきます。

~葬儀・告別式の進め方~

 式次第は、真言、曹洞宗、日蓮宗など、宗派によってやや異なりますが、僧侶がいっさいを指示してくれます。一般的には、式は次のように進められます。

<葬儀>

●僧侶入場
 参列者が着席したころあいを見て、世話役が僧侶を迎えます。僧侶が入場するとき、一同は起立するか、軽く頭を下げます。

●開式の辞
 司会者は「ただいまより故○○○○殿の葬儀を執り行います」と挨拶をします。

●読経・引導
 葬儀の規模によって時間も違いますが、普通は30~40分です。仏教の信仰では、人は死後、釈迦のもとに往生し、仏弟子として成仏するという考え方をします。葬儀は、死者が死の苦しみや迷いから、悟りの世界に導かれるための引導を渡し、残された人々が読経念仏の供養によって故人の成仏を祈る儀式です。

●弔辞・弔電披露
 司会者が挨拶をし、弔辞をお願いする人の氏名を呼び上げます。このとき「様」は使わず、「殿」で統一します。肩書き、姓名の読み方を前もって確認しておくことは言うまでもありません。
 また、弔辞が終わったら、遺族は読み上げたかたに無言で深くおじぎをします。このとき、声に出して礼は言いません。弔辞は3~5人で、1人3分程度が適当です。
 つづいて弔電を披露します。
 弔電が読みきれないほどたくさん来ているときは、世話役代表を通じて遺族と相談のうえ、何通かを選び、それは全文を披露して、あとは名前だけを読み上げるか、枚数を紹介するかにとどめます。

●焼香
 葬儀を執り行っている僧侶たちの中で、最も位が高い僧侶を「導師」といい、この導師がまず初めに焼香します。
 そのあと、再び読経のうちに、司会者の合図によって喪主、遺族、友人、知人の順で、焼香します。

●閉式の挨拶
 司会者が葬儀が終わったことを告げます。このとき喪主と遺族は起立します。
 以上が葬儀で、約1時間が普通です。通例なら、引きつづき告別式に入りますが、必要に応じて休憩をとります。

<告別式>

●一般会葬者の焼香
 会葬者の焼香のために祭壇の中央をあけ、僧侶は脇の席に移って読経をつづけます。
 喪主、遺族は告別式では焼香をしません。祭壇脇にすわり、会葬者が焼香するとき、一人一人に目礼します。葬儀委員長(世話役代表)も同じように返礼します。

●僧侶退場
 会葬者の焼香が終わり、出棺時刻になると、僧侶は読経をすませて退場します。参列者は頭を下げて、感謝の気持ちをあらわします。
 接待係は、別室で茶菓を供して僧侶をねぎらいます。

●閉式の挨拶
 司会者が閉式の挨拶を述べて、告別式は終わります。

 このあと、出棺準備、訣別、親族代表の挨拶、出棺とつづきます。
 以上が葬儀と告別式の進行です。最近は遺族や近親者だけで葬儀を行い、引きつづいて一般会葬者が参加して告別式を行う、という例が多くなっています。

sogi_sikisinko










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。