葬儀・告別式☆出棺

出棺(最後の対面)

~別れ花で飾る最後の対面~

 告別式が終わると、出棺準備にかかり、遺族、近親者による最後の対面が行われます。
 喪主、配偶者、子供などつながりの深い順に、祭壇に供えられた花で遺体を飾ります。
 これは「別れ花」というしきたりで、故人の顔の周りには白い花を、体のほうには色のついた花を入れるのが一般的です。

~棺の釘打ちは喪主から~

 故人との最後の対面がすんだあと、棺の蓋が閉じられ、「釘打ち」の儀式が行われます。釘打ちもやはり、喪主から初め、遺族、近親者、友人と、故人とのかかわりの深い順に行います。
 釘打ちは、1人が2回、こぶし大の石を使って軽く打つのが決まりです。この石は、“三途(さんず)の川”の河原の石を意味するもので、棺に納めた死人が、無事に冥途にたどりつけるようにとの願いが込められています。
 この儀式が終わると、世話役や葬儀社の人の手で、棺はしっかり閉じられます。宗教によっては、釘打ちの儀式は行わないこともあります。

~男性たちの手で行う棺の運び出し~

 室内から霊柩車まで棺を運ぶのは、遺族や故人と親しかった友人などの男性の手で行うのが一般的です。喪主は位牌を、次の親族が遺影を持ってつづきます。
 以下、遺族は、香盆、骨箱、だんご、飯、燭台などを分け持ってつづいたのですが、最近では火葬場に用意されていて、位牌と遺影だけのことが多いようです。運び出すときは、遺体の足のほうが家から先に出て、霊柩車にも足のほうから納めます。

~出棺の際の遺族の挨拶~

 霊柩車に棺を納めると、火葬場への出発に先立って、喪主または親族代表が参列者に挨拶をします。
 挨拶の内容は、

 (1)会葬に対するお礼の言葉
 (2)生前の厚誼に対する感謝
 (3)今後の遺族に対する支援のお願い
などです。たとえば、
「本日は、お暑い中(お寒い中、雨の降ります中)、故○○○○葬儀のためにお運びくださいまして、深くお礼申し上げます。
生前賜りましたご厚誼に深く感謝申し上げますとともに、今後とも変わらぬご厚誼をお願い申し上げます」
などと挨拶し、終わったら、遺族は参列者に一礼します。

~喪家の事情にくわしい者があとに残る~

 遺骨はほとんどの場合、火葬場からいったん自宅に戻ります。そのために火葬場へは同行しないで喪家に残ることになった留守番役の人は、出棺後、すぐ、遺骨迎えの用意をします。
 こまごました用事がたくさんありますから、あとに残る人は、男性だけでなく、女性も何人か必要です。その中には喪家の様子をよく知っている人がいるようにします。
 葬儀社の人が、祭壇などをとり片づけたら、後(あと)飾りをします。後飾りとは、火葬場から帰宅したお骨を安置する祭壇です。
syukan



 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。