葬儀・告別式☆キリスト教式葬儀

キリスト教式葬儀(プロテスタント葬儀・カトリック葬儀)

~葬儀の進め方~

 キリスト教式の葬儀は、教会堂で行われるのが普通です。
 式次第は、プロテスタント(新教)とカトリック(旧教)とでは多少違いがあります。ただし、葬儀と告別式を区別しないで同時に行うところは同じです。
 式次第や歌われる賛美歌(聖歌)などは、プログラムに印刷して参列者に配り、司会者が式を進行する場合が多いようです。

●プロテスタント葬儀の進行

 プロテスタントの信仰では、死後は天に召され、神に仕えるものとされています。仏教や神道の場合のように、死者が仏や神になるわけではありませんので、拝礼はあくまでも神に向かってささげられます。
 そして、故人が生前に受けた神の恵みを感謝し、別れを惜しみ、神の国で再会する希望と信仰を深め、遺族を慰めます。
 プロテスタントの葬儀は、普通、次のように進行します。

<参列者着席>
 教会では、会葬者が先に着席して待ちます。
 オルガンの奏楽が始まると、会葬者は起立します。そこへ教会関係の先導者、棺、遺影、遺族の順に入場します。遺影は遺族が持つのが普通です。先導者は棺を教会堂中央に安置させ、棺の前に遺影を置き、白い花でかたどった十字架や生花で飾ります。
 ただし、一般会葬者が入場する前に、棺の安置を行う場合も多くなっています。

<賛美歌斉唱>
 故人の愛唱歌を、参列者一同が起立して歌います。

<聖書朗読>
 司会者が聖書を朗読します。

<祈祷>
 司会者が祈祷し、参列者は黙祷をささげます。

<賛美歌斉唱>
 前に同じ。

<故人の略歴朗読>
 普通、友人代表が読みます。

<式辞または説教>
 牧師は説教とともに故人をしのび、遺族への慰めの言葉を述べます。なお、式辞の際に故人の略歴朗読を組み込むこともあります。

<祈祷>
 牧師が祈祷し、一同は起立して黙祷をささげます。

<弔辞・弔電の披露>

<賛美歌>
 一同は起立し、頌栄(神の栄えをことほぐこと)を唱和します。

<祈祷>
 牧師が祈祷し、一同は起立して黙祷をささげます。

<後楽>
 オルガンの奉楽があり、一同は黙祷をつづけます。

<遺族代表の挨拶>

以上で式を終えます。

 告別式では、牧師、喪主、遺族、友人、知人の順で参列者が生花を1本ずつ受けとり、祭壇に進み、一礼して献花します。
 遺族は、祭壇脇か会場出口で、会葬者1人1人に挨拶を送ります。
 ただし、会葬者が多くて、告別式の時間がかかりすぎる場合は、最後の献花を省略し、一同が起立して黙祷をささげて、献花のかわりにすることもあります。

●カトリック葬儀の進行

 カトリックでは、死者は栄光の体として復活し、神と対面して天国で休息するものとされています。
 葬儀は、故人の罪を神にわびて許しを請い、永遠の安息を得るように祈る儀式になります。カトリック葬儀は普通、次のように進行します。

<出棺式>
 プロテスタントでは行わない出棺式をします。遺体を納めた棺を、自宅から教会堂に移す際の儀式です。神父が出棺の祈りを唱え、参列者は聖歌を斉唱します。
 そのあと、神父の導きで一同が教会堂へ向かいます。
 ただし、最近の出棺式は、神父を招かないで信者の祈祷だけですます場合が多くなっています。

<入堂式>
 棺が教会聖堂に着くと、入り口で神父が出迎え、棺をいったん入り口に安置して、聖水を注ぎながら祈祷します。
 次いで参列者は、入り口で祭壇に一礼して着席します。棺は神父のささげ持つ十字架を先頭に、聖堂中央の祭壇前に移され、安置されます。その際、神と対面する姿として、棺の足部を祭壇に向けます。参列者は斉唱をつづけます。

<ミサ聖祭>
 祭壇に立った神父が死者のための安息ミサをささげます。霊魂を救うためのたいせつな儀式です。信者は神父とともに祈祷をささげ、一般参列者は故人の冥福を祈ります。
 ミサ聖祭は、故人が信者でなければ行いません。

<赦祷式>
 ミサのあと、神父は故人の追悼説教をし、赦祷式に入ります。棺に聖水と香を振りかけ、故人の罪やけがれを清め、永遠の安息を祈ります。このとき、参列者一同は聖歌を斉唱します。

以上で葬儀は終わり、神父は退場し、引きつづき告別式に入ります。赦祷式までは教会側の進行ですが、告別式からはすべて遺族側の手で行います。

 遺族の司会により、弔辞・弔電披露、次いで遺族代表の挨拶があります。
 最後に喪主以下、順に棺への献花を行います。
 以上の式の間、聖歌隊によって聖歌が歌われる場合もあります。

葬儀の席順

 キリスト教では会葬者が先に着席して、遺族の入場を待つのが普通です。
 席順は最前列に喪主・遺族、葬儀委員長、弔辞の朗読者が着席します。2、3列目までに親族が着席、一般会葬者はその後ろから後方までの席に着いてかまいません。

sougi_kirisuto











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。