結婚式の実際☆結婚式と披露宴の合間に

結婚式と披露宴の合間に(親族を紹介する)

~親族紹介は父親がする~

 式が終わると、新郎側と新婦側の控え室の仕切りがはずされ、1つの部屋になります。ここで双方の親族が初めて顔合わせをするのが普通ですが、式場によっては、挙式に引きつづき、式場内で紹介をすることもあります。
 いずれの場合も、仲人が親族を紹介する旨を挨拶し、先に新郎側を新婦側に、つづいて新婦側を新郎側に紹介します。ただし、1人1人については、仲人にかわって、双方の父親もしくは親族の中の年配者が、本人との関係と氏名、現職などを紹介します。順序は、本人に近い関係者から。同じ関係なら年齢順にします。

~写真撮影は係の指示に従って~

 親族紹介の前後に写真撮影があります。カメラに向かって右側に新郎とその親族、左に新婦とその親族が並びますが、こまかいことは係の人が指示してくれるはずですから、それに従います。
 このとき、新郎新婦ふたりだけの写真も撮影します。ただ、最近は「前写し」といって、挙式前に実際の衣装をつけ、メークしてもらって写真撮影をする式場もふえてきています。当日は何かとあわただしく、落ち着いて写真が撮れないので、時間のあるときに衣装合わせも兼ね、写真を撮っておこうというものです。

~宴の開始まで家族は来賓をもてなす~

 記念撮影や親族の紹介が終わったら、家族や親族は来賓の控え室へ行き、お客さまを迎えます。
 新郎新婦はこの間、自分の控え室で休んでいても、あるいは出てきて来賓を迎えても、どちらでもかまいません。
 家族や親族は、来賓の間を回り、出席に対するお礼を述べながら、歓談し、飲み物の手配や、手持ちぶさたのかたに声をかけます。新郎新婦も、両親と面識のないかたへは両親を紹介するなどします。また、兄弟や親しい友人が、本人にかわり、あるいは補佐して来賓をもてなし、親交をはかります。
 入り口で来賓を出迎えるときは、新郎新婦を中心に、両わきに仲人夫妻と両親が並び、軽く頭を下げてお迎えの意をあらわします。
 パーティー形式の披露宴なら、少し形をくずして、8人が多少輪を描くように並び、1人1人に声をかけて迎えましょう。

syasinsatuei










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。