葬儀・告別式☆葬儀・告別式の前に

葬儀・告別式の前に(事前にこまかい打ち合わせを)

~葬儀・告別式の準備は手抜かりなく~

 葬儀・告別式は故人との別れを惜しむたいせつな儀式です。一定の時間に集中して多くの人が集まるわけですから、おちどのないよう、事前にこまかい打ち合わせをする必要があります。

●式次第の打ち合わせ
 喪主と世話役代表は、通夜が終わったら、葬儀業者を含めて葬儀・告別式の式次第を打ち合わせておきます。たとえば、世話役代表の挨拶の内容、弔辞の依頼先と内容、弔電披露の範囲、焼香順位、喪主の挨拶、全体の所要時間などです。式次第は宗派によって多少異なりますから、事前に僧侶に確認しておき、所要時間を決めます。

●式場の整備
 式場の設営はすべて葬儀社が行いますが、世話役や遺族の人も控え室の準備、道順の標示、祭壇の飾りつけなどに手ぬかりがないよう、最終チェックをします。

●席順・焼香順の決定
 自宅で行う葬儀・告別式の遺族の席順や焼香順は、通夜のときと同じですが、葬儀と告別式がはっきり分かれている大規模な葬式のときには、あらかじめ焼香順位を決めておく場合もあります。

●火葬場へ同行する人の確認
 火葬場へ同行するのは、遺族、近親者などの身内か、ごく親しい間柄だけ、というのが普通です。
 そのほかに同行を希望する人や故人の友人、知人の中から特に同行してもらいたい人には前もって確認しておき、人数分の車を手配します。また、火葬場での最後の読経をお願いする場合は、事前に僧侶に確認をとり、同行人数に加えます。

●弔辞の依頼
 弔辞は故人と特に親しかった同僚、あるいは直接の上司、交際のあった知人に依頼するのがよいでしょう。文案を考えるのに時間がかかりますので、喪主・遺族か世話役が早めにお願いするのがマナーです。
 文章の長さは普通、1人3分ぐらいが適当で、目安として400字詰め原稿用紙3、4枚程度ですから、依頼するときには、こうした目安も失礼にならないようにつけ加えておくとよいでしょう。

●心づけの準備
 よい悪いは別にして、葬儀のときに心づけをするのは1つの習慣となっているようです。
 世話役代表をはじめとする各世話役を引き受けてくださったかたがたには、心づけではなく、葬儀終了後にきちんとお礼をしますので、葬儀前後に心づけをあげるのは、次のような人たちです。
 
 ☆ハイヤーの運転手さん=千~2千円くらい。
 ☆係の女性(式場、火葬場)=2千~3千円くらい。
 ☆火葬場=火葬費用と霊柩車も含めた費用の1~2割(これは経費いっさいの必要わくとして葬儀社に一括して支払うことが多い)。
 ☆葬儀社=1人あたり5千~1万円くらい。
 
 このほか、世話役としてではなく、葬儀を手伝ってくれた人などです。火葬場以外は、原則として直接手渡すようにします。
 心づけはお礼の気持ちであって、相手の不幸ではないのですから、紅白の金包みを使ってもよいのですが、喪家側としては抵抗があるでしょうから、白封筒に現金を入れて用意しておきます。
 葬儀のときの出納は、なるべく1つにまとめたほうが、まちがいがありませんので、会計係を設けた場合は、心づけをあげてほしい人をメモして会計係に渡すようにしたほうがよいでしょう。

sogi_jyunbi











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。