通夜☆通夜の手順

通夜の手順(故人をしのび、冥福を祈り、別れを惜しむ集い)

~通夜は、半通夜として2時間くらいに~

 現代の通夜は、親戚、知人、友人たちが集まって故人をしのび、冥福を祈り、別れを惜しむ集いとしての意味が強くなっています。そのため通夜といっても夜を明かすこともなく、「半通夜」といって、7時ごろから始まり、10時ごろまでに終わるのが普通です。

~通夜の席順~

 通夜の席順は、会場においてはあまり厳密に考える必要はありません。一般的には血縁の深い人ほど棺に近くなります。また血縁にこだわらず、実際、死者に近い人、たとえば、長年めんどうを見た人などが上座に着く配慮もほしいものです。
 とはいえ、自宅で通夜を営む場合には、どうしてもスペースに限りがありますので、無理をして席順を守る必要はありません。ただし、喪主だけは棺の近くにすわります。また、通夜が始まってから到着した場合には、到着順にすわります。

~通夜が始まる前に~

 僧侶が到着したら、まず祭壇の飾り方、供物などの位置を見てもらいましょう。確認後、僧侶を着がえのために控え室に案内し、定刻までの間、喪主と世話役が茶菓でもてなします。このとき、読経や法話についてのことなど、十分に打ち合わせをし、僧侶が通夜ぶるまいを受けてくださるかどうかの確認もしておきます。

~読経と焼香~

 通夜は、僧侶の読経によって始まります。僧侶が入席し、祭壇の前にすわって読経を始めたら、参列者は全員静かに耳を傾けます。
 読経が終わると僧侶が焼香し、そのあと喪主以下席順に焼香していきます。弔問客が多い場合は、読経の間に焼香をすませることもあります。
 喪主の焼香は、左手に数珠を持って祭壇に進み、祭壇前の座布団の手前にひざをついて、僧侶に軽く一礼してから座布団に正座し、合掌して焼香、拝礼のあと、参列者に一礼して席に戻ります。遺族も同様にし、焼香をすませたら、弔問客が焼香する前とあとの黙礼に対しては、やはり黙礼で答えます。
 弔問客が多いときなどは「回し焼香」にしますが、その場合、読経中に僧侶から「ご焼香をどうぞ」というすすめがありますから、喪主から順に始めます。
 読経が終わったあと、僧侶が「説教」や「法話」を行うことがあります。故人や喪家が檀家の場合には、普通、故人の思い出を中心に仏教における死の意義などについて話してくれます。

~喪主の挨拶~

 僧侶が控え室に立ったあと、喪主は遺族を代表して弔問客に挨拶をします。通夜の参列に対するお礼の言葉とともに、生前の故人への厚情に対して感謝の意をあらわします。
 「本日は、お忙しい中をわざわざお越しいただきまして、まことに恐れ入ります。そのうえ、ご丁寧なお供物までちょうだいいたしまして、故人にかわりましてお礼申し上げます。故人は生前、本日お集まりの皆々さまには、並み並みならぬお世話をいただきまして深く感謝いたしておりました。あわせてお礼申し上げます」
 などと、このときの挨拶はあまりおおげさにしないで、できるだけ手短にすませます。このあと、通夜ぶるまいの席への誘いで締めくくります。
 また、もし喪主が未成年や高齢者であるなどなんらかの事情で挨拶ができないときには、後見人か世話人代表が「喪主にかわりまして」と断って挨拶します。

~通夜ぶるまいは簡単にすませる~

 通夜の席では「お供養」といってわずかなものでも口に入れていただくというならわしがあります。かつては酒宴になることもありましたが、最近の通夜は半通夜が普通ですし、夕食後ということもありますので、簡単にすませるようにしてよいでしょう。
 手軽につまめるおすし、サンドイッチ、おにぎり、おつまみなどを大皿に盛り、取り皿を出して、めいめいにとっていただく形が多いようです。また折詰めにしてもよく、茶菓だけですませてもかまいません。
 料理は、かつては精進料理でしたが、最近、特に都会ではこだわらなくなっており、刺し身などを盛ることも多くなっています。お酒は、昔は清めの意味で用いたものですから、出すにしても、ほどほどの量でよいでしょう。

~僧侶のもてなしとお礼~

 読経が終わったあと、通夜ぶるまいをすすめ、軽い料理でもてなします。僧侶が通夜ぶるまいを辞退された場合は、「御膳料」としてお金を包み、「御車料」といっしょに渡します。このとき、通夜の謝礼(お布施)を渡す場合もありますが、これは葬儀のあと一括して渡すのが一般的です。

~通夜の切り上げ方~

 予定の時間が来たら、世話人代表ははっきりと、通夜を終わらせていただく旨を告げましょう。挨拶の言葉は、「皆さま、だいぶ夜もふけてまいりましたので、本日の通夜はこれでお開きにさせていただきます。お忙しいところをお運びくださいまして、遺族ともども、深く感謝申し上げます」などとします。

~遺族は弔問を受けるのに専念する~

 通夜の席での遺族は、読経と焼香の通夜式のとき以外、客の弔問を受けることに専念します。特に喪主は、霊前で弔問客に返礼するのが務めです。
 お悔やみの挨拶をいただいた場合は、「お忙しい中をお運びくださいまして、故人も感謝申し上げていることでございましょう」
「生前は何かとお世話になりまして、故人にかわりまして、お礼申し上げます」
 というように、静かな口調で返礼します。たとえ弔問客が目上のかたでも、喪主は席にすわったままの挨拶で失礼になりません。

~世話役への心づかいを忘れずに~

 世話役や手伝いの人は弔問客の案内、接待、挨拶などでしばしば食事をとれないこともあります。
 その人たちのために、通夜ぶるまいの席とは別に、手軽に食べられる折詰め、おすしなどを用意し、台所や控え室に置いておくとよいでしょう。手伝いの人は自分たちの分まではなかなか言い出しにくいものですから、喪家の側の女性が中心になって準備してあげるようにします。

~遺族は弔問客の見送りをしない~

 弔問客が帰るとき、喪主と遺族は部屋で席に着いたままで、玄関まで見送りに出る必要はありません。これは、死者は不浄なもので、その身内も同様に不浄であるから、見送りを遠慮するという、昔からのしきたりです。
 弔問客が帰るときには、喪主と遺族は、その場で軽く目礼をして見送り、世話役が玄関まで送ります。特に故人と親しかった人や、特別に世話になった人にも、その場で簡単にお礼を述べるだけにとどめます。同様に、出迎えもいっさいしないしきたりになっています。

仏式の進行

sinko_butusiki


神式の進行

sinko_sinsiki


キリスト教式の進行

sinko_kirisuto











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。