結婚式がすんだら☆披露宴が終わった後のマナー

披露宴が終わった後のマナー(感謝をこめて来賓の見送り)

~新郎新婦、両親は出口で来賓を見送る~

 披露宴のお開きが近づき、招待側の謝辞を述べたら、新郎新婦、両親、そして仲人夫妻は出口へ向かい、帰られる来賓を見送る準備をします。
 出迎えのときと同様に並んで、1人1人に「ありがとうございました」と、言葉を添えて挨拶をします。

hiro_miokuri

~仲人や世話人にも気配りを忘れずに~

 来賓の見送りがすんだら、新郎新婦と両親は、仲人夫妻に改めてお礼を述べます。そして、手配しておいた車で、家族のだれかが見送ります。
 また、司会や受付、カメラなどを頼んだ世話役の人たちにもお礼を述べ、労をねぎらいます。新郎新婦がすぐに旅立たないときは、手伝ってくれた人を別室に招いて、ねぎらいの意をあらわしたいものです。世話役の人たちは宴の最中にちゃんと食事ができないことが多いので、サンドイッチやすしなどの軽食を出すと、気がきいています。本人たちがするのが無理なら、兄弟か仲のよい友人に代行してもらうとよいでしょう。

~式場への支払いは男女で折半する~

 披露宴がすんだら式場への支払いをしますが、現在では、結婚式は男女双方の共催ですから、費用も当然ながら平等分担です。
 つまり、挙式や記念撮影など共通の料金に関しては折半し、披露宴や引き出物の費用は互いに招待客の人数分を負担し合います。衣装はそれぞれ自分持ち、美容や着つけも本人の負担ですから、美容師や介添え人への祝儀は女性が出し、宴会場のボーイさんの分は折半します。
 仲人さんの費用、謝礼なども折半ですが、まちがいやすいのは花嫁の持つブーケ。これは新郎が新婦に贈るものですから、男性の負担です。
 式場によってはあらかじめ頼んでおけば別々に請求書を出してくれるところもありますが、一般にはどちらかが立てかえ払いをし、あとでゆっくり清算するようにします。あるいは支払いの少ない側がおよその金額を多い側に預け、あとで清算してもらえばよいでしょう。
 いずれにせよ、事前に支払い方法を相談し、当日になっていざこざがないようにしたいものです。

~仲人へのお礼は後日、改めてする~

 仲人へのお礼は、披露宴がすんだあとにその場で渡す場合もありますが、一般的には、式の翌日に両家両親がそろって伺ってお礼をします。
 新郎新婦は新婚旅行から帰ってきて挨拶に伺うときに、手土産とともにお礼を言います。このほうが、式当日のあわただしさの中で渡すよりも丁寧な感じがします。
 お礼の金額は、挙式当日だけか、紹介からお願いしたかなど、お世話になった度合いに応じます。
 当日だけのかたなら5万円程度が常識的な線ですが、先方の社会的地位や、贈られたお祝いの内容に伴い、妥当な金額にします。
 結納からお願いしたかたへは、5万から10万円でしょうが、5万円のお礼に、車代を添える場合もありますし、2、3万円の品、たとえば高級洋酒や夫人用のはき物、ハンドバックなどを添えてもよいでしょう。
 紹介からしてくださったかたへは、10万円くらいはお礼をしたいものです。かつては結納金の1割といわれ、そのしきたりが残っている地方もあります。
 お礼は金銀もしくは紅白の結び切りの水引のかかった金包みに入れ、表書きは「御礼」、下に両家の姓を並べて書きます。

~友人の司会者へのお礼は不要~

 友人に披露宴の司会を頼んだときには、原則としてお金のお礼は不要です。
 友人同士、お互いに力になるところに意味があるのですから、それをお金で割り切るのはおかしなものです。それよりも、新婚旅行のときに気のきいたお土産を買ってくるとか、新婚家庭に招待してもてなすとかしたほうが適切です。ただ、遠方から来てもらったようなときには、車代を渡します。
 また、司会などを本業にしている人の場合は、それなりのお礼を出します。












検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。