通夜☆屋内の準備

屋内の準備(弔問客を迎える準備)

●部屋を決める

  まず、祭壇をしつらえる部屋を決めます。弔問客が出入りしやすく、できるだけ広く使えるように工夫します。
 どうしてもそうしたスペースづくりができなければ、祭壇を玄関や縁側などにしつらえて、玄関や廊下に置いた焼香台で拝礼していただきます。
 そのほか、僧侶を接待する部屋、弔問客の控え室、事務をとったり休息をする部屋などが必要です。テントを利用したり、近隣の家に協力してもらって、限られたスペースを有効に使いましょう。

●部屋を片づける

 家具や装飾品は別の一室にまとめて、できるだけ広く使えるよう片づけ、掃除をします。家具類を片づけるときは、葬儀に必要な小物や什器類、衣類などをとり出し、すぐ利用できるようにまとめておきます。
 たとえば、小机、座布団、盆、什器類のほか、すずりや筆、認め印、ペン、フェルトペン、セロハンテープ、画びょう、半紙、はさみなどの事務用品、そして遺族のための喪服と下着、付属品などです。それから住所録、電話番号帳なども早めに用意しておいたほうがよいでしょう。
 また、通夜から忌明けまで、神棚の扉を閉じて白い紙をはり、仏壇の扉も閉めておきます。葬儀の期間中は供物、灯明、お神酒はいっさい控えます。

●祭壇飾り

 棺、遺影、位牌、枕飾り一式、供物、生花などを、葬儀社の人に手伝ってもらって並べます。
 故人の愛用品や勲章、賞状などは遺影の下に並べ、香典や弔電は祭壇の前の台に、棺のほうに文字を向けて並べます。
saidankazari


●遺影の準備

 故人が気に入っていた写真の中から、最近のもので、正面を向いたものを選びます。かしこまったものである必要はありません。むしろ故人の人柄がしのばれる表情の写真のほうが、弔問客もなごやかな気持ちで最後のお別れができるでしょう。
 写真は葬儀社が引き伸ばしてくれますから、選んだらすぐ渡します。背景を消したり、服装を変える技術もありますので、ネガフィルムがなくてもだいじょうぶです。











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。