通夜☆屋外の準備

屋外の準備(弔問客を迎える準備)

●玄関・屋外の準備

 まず玄関先から庭、家の周囲、道路まで丁寧に掃き清めます。人の出入りのじゃまになるものはほかの場所に移し、時間があれば、色鮮やか花などは見えないところに植えかえておきます。
 通夜は夜に行われますから、門外から玄関までの通路や庭先、できれば門の周辺まで照明を明るくして、弔問客がとまどわないようにします。玄関は自由に出入りできるよう、あけたままにしておきます。

●忌中札

 玄関先に、不幸があったことを告げる「忌中札(きちゅうふだ)」をはります。本来は竹のすだれを裏返しにして、その上にはり出しましたが、現在では葬儀社が用意してきた札を玄関にかけるだけになりました。

●受付台の設置

 門の外、玄関前、庭先などに設けるのが普通です。弔問客の記帳簿、香典帳、筆記用具、名刺受けなどを置きます。机やいす、テントなどは葬儀社が貸してくれます。
 周囲の風景が葬儀にそぐわないときは、白黒のくじら幕を張りめぐらして隠します。
 弔問客が多い場合は、下足札などが必要になります。

●道順標示

 訃報を受けて、すぐに駆けつけてくる弔問客のためにも、道順標示の紙は、通夜の前にできるだけ早くはるようにします。弔問客の中には、初めて来る人も少なくありません。葬儀社で用意してくれる道順標示の紙に、家名や日時を記入して、最寄りの駅やバス停から式場までの要所要所にはります。このとき、道筋にあたる交番や商店などに挨拶しておくと、迷った弔問客に道を教えてくれるという便利さもあります。

●駐車場の手配

 近くに駐車場やあき地があれば、持ち主に事情を話してその時間だけ借りる交渉をするとよいでしょう。そうでなければ、所轄警察署の交通課で道路使用許可をとっておく必要があります。しかし、葬儀であっても禁止区域での駐車は認められませんから、付近での駐車が不可能なときは、その旨を前もって知らせ、最寄りの駅まで送迎の車を差し向けます。

●道路使用許可

 葬儀のために車両の通行を妨げる場合は、最寄りの警察に道路使用許可を申請します。
 所轄の警察署の交通課で、道路使用許可申請書用紙と添付書類をもらって、必要個所に記入します。また別の添付書類には、道路幅や使用区間を明示した案内図と、テントや花輪を設ける場合にはその位置と規模を記入します。
 普通は3日前に申請しなければなりませんが、当日、もしくは前日に申請しても、特に交通上の問題がなければ許可されます。しかし、前もって必要があるとわかっている場合は、早めに手続きをすることです。
motyu











検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。