縁談と見合い☆履歴書と見合い写真

履歴書と見合い写真(自己PRの資料として)

~履歴書は自己PRの資料として書く~

 履歴書はその人柄をあらわすたいせつな資料です。相手のかたが、間接的にではあっても本人と出会う初めてのコミュニケーションの手段の一つですし、見合いの前にお互いを知っておく情報源でもあります。
 誤字があったり、乱暴な文字であったり、社用便箋が使われていたりということでは、その気がないのではないか、と疑われてもしかたがないでしょう。まして、家族の代筆などもってのほかです。
 文字に自信のない場合でも、必ず自筆でしたためます。楷書で丁寧に正確に、読みやすい文章を心がけます。
 市販の履歴書専用の用紙もありますが、なんとなく見合いの場合には味けないので避けます。
 ペン書きの場合は、白無地やけい線入りの便箋を用います。ボールペンの使用や、毛筆の場合、半紙の使用はやめましょう。
 氏名、生年月日、現住所、学歴、職歴(転職した場合はその理由も書く)、取得した資格などを記入します。身上書には、身長、体重、視力などとともに健康状態、趣味、所属の団体やサークル、特技、資格、生活信条、結婚後の生活の希望(たとえば仕事や習い事を一生つづけたいというようなことや、こんな家庭をつくりたい、などのひと言を入れる)、簡単な自己紹介文などを書きます。
 初めて会う人に自己紹介をし、交際のきっかけをつくるのですから、できるだけ明確にくわしく記入し、飾らず、さりげなく自分をアピールするのがよいでしょう。
 家族書は、親、兄弟、同居の家族までを書きます。続柄、氏名、配偶者の氏名、配偶者の勤務先も記入します。
 履歴書、身上書、家族書は、一まとめにして三つ折りにします。輪が右で、読み始めが左上になるように折りたたんで、封筒に入れると読みやすいものです。
 封筒は、白無地の長封筒を使い、表書きに「○○○子 履歴書在中」と書きます。写真とともに、さらに大きい封筒に入れ、封はしないでおきます。
 縦書きが一般的ですが、横書きでもかまわないでしょう。ただし、格式を重んじるかたや、先輩のかたにお願いするときは配慮して、縦書きにするほうが感じがよいと思います。
minouesyo
rirekisyo

~見合い写真は明るい感じで好印象を与えるものを~

 書類に添える写真には、本人の結婚に対する考え方や、人生観などが色濃く出るものです。格式やしきたりを重んじる結婚がしたいのか、日常の生活感をたいせつにした結婚を望むのかなどによって、おのずと写真のニュアンスが変わってきます。
 前者なら写真館やホテルのスタジオで、振り袖や華やかなワンピースで改まった感じのものにし、後者なら職場など、日常生活の中で最も自分らしい魅力あるスナップを中心に選びます。
 2、3枚用意して、1枚は写真館で撮影のキャビネ判程度の改まった正装のもの、1、2枚は、スポーツやレジャーなどふだんの素顔の魅力があらわれているものを用意するとよいでしょう。
 家族や友人など、だれかといっしょに写っていないこと、何年も前のものでないこと、くだけすぎていないこと、本人があまり小さくないことなどが、選ぶときのポイントです。
 写真館で撮影する場合は、ポーズに気をつけて、女性なら正面向きは避け、体を左、または右に少し斜めに向くなどして、自分がいちばんきれいに見える角度を研究してみてください。
 写真の裏には、撮影年月日と氏名を記入しておきます。
 同じものを何組かそろえておいてもよいでしょう。
miai
 








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。