子供の祝い☆十三参り

十三参り(大人への変換期に体力と知恵を授かる)

~親子でお参りし、健康を願ったのが始まり~

 本来は、数え年で13歳になった男女が、虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)にお参りし、福徳と知恵を授かるならわしによる行事です。お参りする日は、陰暦の3月13日、現在の4月13日にあたり、地域としては関西のほうがこの風習を残しています。
 13歳という年齢は男女ともに、肉体的にも生理的にも子供から大人に変化する時期であり、特に精神的に不安定なころなので、親子ともどもお参りをして、心のけじめをつけようというのが、この行事の始まりといわれています。

~少女が大人になったお祝い~

 特に女の子にとっては、初潮を迎える年齢で、心の変化も大きいときですから、大人になったことを祝って、きちんと子供に自覚させ、これからの無事を祈ろうという意味合いが強まってきました。
 しかし、今から200年ほど前に始まったこの行事、現在では女の子の初潮年齢も早まってきていますので、13歳のときに祝うという意味もあいまいになってきています。
 しかし、お参りすることに意義があるので、自宅にある仏壇を拝むだけでもよいでしょう。
13mairi

~十三参りの祝い方~

 当日、女の子は本裁ちの晴れ着に踊り帯やかかえ帯を結び、一人前の娘としての装いにします。神社の参拝を終えたら、後ろをふり返ってはいけない、という言い伝えがあり、ふり向くと、知恵を返してしまうといわれています。
 現在、東京の浅草寺と京都嵐山の光輪寺で最も盛んに行われており、前もって連絡をしておけば、その日のお参りの段取りを、とり計らってくれます。

~今では祈願のお参りに~

 現在では、数え年13歳というとちょうど受験準備の真っただ中にあるので、この十三参りは、知恵を授かるためのお参りとして、だんだん盛んになっています。
 親子で参拝し、「知」「美」などの祈願する事柄を、本人の自筆で一文字書いてお供えし、祈祷してもらいます。お礼は「お供え」「御経料」「御布施」として納めます。
 以前には、女の子が大人になったお祝いの意味であった行事が、今は男女の別なく、無事な成長を願う行事となりつつありますが、本来は、子供から青少年への移り変わりの一くぎりを祝う意味があります。
 ですから、お参りから帰宅したあとは、子供の成長を見守ってくれる祖父母や親戚・知人などを招いて会食するのもよいでしょう。このときの祝いの品は学用品や時計、地球儀などが喜ばれます。

初潮祝いと十三参りの関係は?

 十三参りには、女の子が初潮を迎え、1人前の女性となったお祝いの意味がありましたが、最近の子供の成長の速さによって初潮年齢も下がり、この意味も薄れてきました。
 現在では、テレビのCMや雑誌などの情報から、女の子は早くから生理の知識を持っていることと思いますが、母親としては、学校の先生などから、娘の同級生の初潮の時期の情報を伺っておき、いざとなってあわてないように教えておくことが必要でしょう。
 娘から初潮の報告を受けたら、昔どおりお赤飯を炊いて祝い、女性となった心構えや責任について話し合い、不安定な娘の心をやさしく包んであげたいものです。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。