弔問の心得☆供花・供物のマナー

供花・供物のマナー(霊前に供える品物や花)

~供花や供物は喪家の意向を聞いてから~

 死者の霊を慰めるために霊前に供える品物や花のことを供物(くもつ)とか供花(くげ)といいます。
 供物に別に決まりはありませんが、品物としては線香、ロウソク、干菓子類、果物など。花は花輪、生花などが一般的です。その他、故人が好物だったものなら何を供えてもよいでしょう。
 ただし、喪家側で置き場所や順序の都合もありますので、供えたい場合は事前に連絡をとるようにします。事前に申し出れば、喪家側が式場に見合った数を用意できますし、色をそろえたり、花の種類を指示したりすることも可能です。
 また香典をはじめ、いっさいの供物を辞退する葬儀の場合もありますので、念のため確認したうえで届けたほうがよいでしょう。

~個人で贈るなら生花を~

 生花は祭場内に、花輪は祭場の外に飾るのが普通です。花輪は団体や公的な立場にある人が贈り、個人や親族、友人などが贈るときは、生花のほうが心のこもった感じになります。

~供物としての花や果物の色は控えめに~

 霊前に供える花は、赤や原色の派手な色を避けるのが礼儀です。なるべく白一色にするか、白を主体にして、淡い色の花を加えるぐらいにします。
 形は、花束、かごに盛りつけたもの、花輪にしたものなど、いずれでもかまいません。なお、供え物も、華やかな印象を与える色合いのものは避けます。
 しかし、これはあくまで一般的な習慣であって、故人が生前好んだ花や供物であれば、あまり色などにこだわらずに贈ってもよいでしょう。ただ、バラの花はとげがあるので避けることが多いようです。

~届ける時期は配慮して~

 花輪、生花などは飾るスペースをとることや、配列の順序を考えることもあって手間がかかるもの。なるべく早めに届ける心づかいが必要です。通夜に供えるものは当日の午前中までに、葬儀に供えるものは前日までに届けたいものです。
seika

~花を贈る方法~

●届けてもらう場合

 花輪を贈るときは、喪家の世話をしている葬儀社に頼むのが普通です。喪家側に業者を問い合わせるとよいでしょう。また、世話役が引き受けてくれることもあります。
 供物は本来持参するものですが、大きいものを贈るときや遠方のときは業者に届けてもらいます。生花は花輪と同様で葬儀社に頼めば手配してくれますが、花屋に注文して届けてもらってもよく、遠隔地からでも送れるサービスもあります。いずれも届けてもらうときは、配達日時、場所をはっきり指示しましょう。

●持参する場合

 自分で花を選んで花屋に作ってもらう場合は、喪家が花器を用意しなくても、そのままの状態で飾れるようにしてもらうことがたいせつです。

~花をささげたら香典は?~

 花輪や生花をささげた場合でも、香典を持参する人がいますが、いずれも故人の冥福を祈るためにささげるもので、花はそのものをささげ、香典は香や花、供物をささげるかわりにその料(代金)を持参するということですから、花輪や生花をささげれば、それで冥福を祈る心は通じているわけです。
 したがって、花などの供え物のほかに「香料」を包むことは二重になることですから、必要ありません。
 しかし、これは絶対にタブーというものではありません。故人への思いが強くて、花と香典の両方をささげたいという場合にはそうしてもかまいません。

~供花につける名前~

 生花や花輪には名前をつけるのが一般的ですが、あまり目立つ名札は贈り主の売名行為ともとられかねません。贈り主がだれであるのかが喪家にわかればよいわけですから、目立たないようにするに越したことはありません。
 一方、故人が社会的地位を重んじている人であった場合は、その逆のこともあります。名前をどうするかはいろいろな状況が考えられますので、喪家の世話人に問い合わせてみるとよいでしょう。

~供物の表書きと包装~

 供物は進物盆にのせ、奉書紙をかけて白黒の水引で結び止めるのが正式ですが、買った店で「不祝儀」と言って頼めば、そのようにととのえてくれます。
 水引を印刷した掛け紙の場合は、上部に「御霊前」、下部に贈り主の氏名を書きます。

~神式、キリスト教式の供花・供物は~

●神式

 供物は鮮魚、野菜、乾物などを供えますが、仏式と違って線香や抹香は贈りません。品物にも飾り方にも決まりがありますので、これらの料(代金)として現金を包んで、喪家にまかせたほうがよいでしょう。
 花輪や生花を供える場合は仏式と同じです。

●キリスト教式

 花輪や供物は供えず、生花だけを霊前に飾ります。しかし、教会によっては飾り方が違う場合もありますので、生花を贈る場合には、世話役などに問い合わせてからにしたほうがよいでしょう。









検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。