婚約と結納☆結納の交わし方

結納の交わし方(方法は地方差あり)

 結納の方法は地方差があり、どの方法が正しいとか、最も伝統的であるということを決めるのはむずかしいといえます。しかし、現代式の結納でも伝統的なやり方に近いもの、あるいは、それにもとづいて略した方法をとっている人も多いようです。
 現在行われている方法の中で、伝統的なものに近い代表とされるのが、関東式で、両家を行き来して執り行う、往復型の結納です。
 関西地方の結納は、もともと女性からの結納品がありませんから、正式の結納でも、関東式でいうと、“再び男性宅へ行き、女性側からの受書を渡したところ”で終了になりますが、基本的な行い方にそう違いはありません。
 しいていえば、関東の結納品は、一つの白木台に全部の結納品がのっているのに対し、関西の結納品は、一品ずつ台にのせています。したがって関西式では、結納品は床の間に飾ったままにしておき、目録だけを台にのせ、上にふくさをかけ、それをやりとりし合います。

 男女本人とそれぞれの両親、仲人が一カ所に集まってとり交わす結納は、正式な方法に対して、略式と呼ばれています。この方法は、仲人への負担が軽く、時間もかからないので、現代にマッチした方法といえましょう。
 この方法で選ばれる場所は、仲人宅、ホテルや料亭、女性宅などが多いようです。双方の地の利や、手順に便利な場所を選ぶとよいでしょう。
 結納のやりとりは、すべて仲人が間に立って行います。その際、仲人と男性側あるいは女性側が、やりとりしている間、もう一方はただ見ているだけで、いっしょに礼をしたりしないことです。
 結納式が執り行われる部屋は和室か洋室ということになりますが、洋室の場合でも基本は同じです。初めと締めくくりの挨拶のときと、仲人夫人や母親が結納品を運ぶときだけ立ち上がりますが、それ以外は、すわったまま口上を述べ合います。

 略式をもっと簡略化したのが、仲人を立てずに男女本人とそれぞれの両親だけで結納をとり交わす方法です。
 恋愛結婚の多い現代では、この方法がいろいろな意味で合理的とされ、ふえている傾向にあります。しかし、仲人なしの結納はトラブルが起こったときに、中に入る人がいないので困ることもあります。また、結納についての知識がなくても執り行えるので気楽ではありますが、リラックスしすぎて、結納本来の意味が薄らいでしまう危惧もあります。行うときはその点を十分踏まえて行いたいものです。
s_yuinoukawasu
結納の交わし方の具体的な例は以下のリンク先を参考にしてください。










検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。