赤ちゃんのお祝い☆初誕生(初誕生日)

初誕生(1年目の健やかな成長を祝う)

~誕生もちをついて祝うのがしきたり~

 日本ではもともと、元旦を迎えるごとに年をとっていく数え年の習慣だったので、欧米のように誕生日を祝う風習はありませんでした。しかし、赤ちゃんの初めての誕生日を祝う習慣だけは古くからありました。これが「初誕生」のお祝いです。
 この日には、立ちもちとか力もちといわれるもちをついて祝い、子供に背負わせて歩かせたり、足で踏ませたりして、子供が健康で力強く育ってほしいと願います。地方によっては、このもちを親類や近所の人に配る習慣があります。祝いの日には、祖父母、仲人、名づけ親、親戚などを招いて、祝い膳を囲んで今後の成長を祈り、盛大にお祝いをしました。最近ではこのような祝い方は少なくなってきています。

~赤ちゃん中心のお祝いにする~

 今日では、普通の誕生日と同じく、洋風にバースデーケーキを用意し、ロウソクを1本立てて、祝うことが多いようです。
 赤ちゃん中心のお祝いですから、なるべく赤ちゃんの機嫌のいい昼の時間にし、疲れさせないように短時間で切り上げるようにしたほうがよいでしょう。
 子供が無事に満1歳の誕生日を迎えられたことは、親にとって何よりの喜びですから、祖父母や兄弟姉妹、仲人などを招き、軽食や飲み物を用意して、みんなでお祝いするのも楽しいことです。
 その場合でも、あくまで赤ちゃんが中心ですから、大人用に特別なメニューを用意するより、みんなでいしょに食べられるメニューにしましょう。それらをかわいらしく飾りつけたほうが、子供も喜び、雰囲気も盛り上ります。

~お祝いの品物は記念になるものを選ぶ~

 初誕生のお祝いに招かれた場合、現金を包むこともありますが、記念になる品物を贈ることが多いようです。その子が好きそうなおもちゃや歩行器、積み木、絵本など子供の成長を助ける品が喜ばれます。
 おもちゃを選ぶ場合は見た目の派手さで選ぶのではなく、安全なもの、壊れにくく、長い間遊べるものを選ぶようにしましょう。
 両親としては、子供の初めての誕生日を記念して手形や足形をとったり、身長や体重を記録したり、声をテープにとる、動きをビデオにとるなどして保存するのにもいい機会です。
 祖父母が遠くに住んでいて孫になかなか会えない場合は、このような記録を送ってあげると喜ばれます。
 
hatutan








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。