夏の行事(7月)☆七夕・お中元

七夕(たなばた)・お中元

~七夕~

■技芸の上達を願った星祭り
 「七夕」いえば、すぐ思い出すのが、牽牛と織女の伝説ですが、これは中国から伝わったもので、牽牛に恋した織女が仕事の機織りをやめてしまったため、天帝の怒りにふれて、罰として天の川をはさんで引き離され、毎年7月7日の夕だけ会うことを許された、というものです。
 また、乞巧奠(きっこうでん)という風習もあり、宮中の女性が裁縫、機織り、習字などの手先の仕事の上達を祈りました。
 日本にも、奈良時代の昔から、乙女が小屋にこもって神を迎え、みそぎをする、棚機女(たなばたひめ)を信仰する祭事があり、これらがみんな重なり合って七夕祭りの形ができ上がったといわれています。
 「七夕」は棚機(たなばた)、つまり機織り機のことで、織女星の和名を棚機津姫星と呼ぶことと、七夕の夕の意味を合わせて「七夕」を「たなばた」と読むようになりました。

■七夕飾り
 7日の夜、たらいに水を張って星を映し、その星明かりの中で針に糸を通すとか、1年間使った布を笹竹につるすと、裁縫が上達するという風習があります。また、いもの葉に宿った露で墨をすって、短冊に字を書くと習字が上達する、という言い伝えもよく聞きます。
 現在の七夕飾りは、笹竹に短冊や色紙、くす玉、切り紙細工や折り鶴などを飾りますが、短冊には、恋の成就や、けいこ事の上達など、思い思いの願い事を書きます。
 七夕飾りは、前日の6日の夕方に軒先に飾り、7日の夜にとりはずします。以前は七夕送りといって、7日の夜に川や海に流すしきたりがありましたが、現在では川がよごれるため禁止されています。地方によってはこの日、子供や飼い牛に水浴びさせたり、女の人が髪を洗ったりするところもありました。
 これは天の川の川に託して、悪いものを水に流してしまうおはらいの意味と、この時期、農作物の生長に欠かせない水を中心にした農耕の儀礼であったといわれています。確かに、「七夕雨」といって短冊が流れるほど雨が降るとよいといわれ、雨の日の七夕を喜ぶ地方もあるようです。
tanabata

~お中元~

■祖先にささげる品物を持ち寄ったのが起源
 現在行われているお中元は、1年の上半期のくぎりの意味で、7月上旬から15日ころまでの間に、日ごろお世話になっている人に、贈り物をします。
 お中元は、今ではこの贈答の代名詞となっていますが、本来は、1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元を三元といい、1年のけじめの1つでした。上元、下元が消えて、中元だけがクローズアップされるようになったのは、中元と重なって、お盆(祖先の魂祭り)があったからです。
 お中元の中心になる行事は、祖先の魂祭りで、嫁いだり、分家した一族の者が親元に集まってきました。このとき、祖先の魂にささげるものをそれぞれ持ち寄ったのが、お中元の贈答の起源です。
 ちょうど麦の収穫の終わったときですから、その年の麦で作っためん類を中心に、季節の野菜、果物などを持ってきたのです。
お中元の予算・目安はこちら・・・








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。