赤ちゃんのお祝い☆お七夜

お七夜(赤ちゃんの名前をつける、命名)


~生後7日目に命名式を行う~

 赤ちゃんが生まれた日から数えて、7日目のお祝いをお七夜といいます。古いしきたりでは、親しい間柄の長寿のかたや、尊敬できる親戚のかたに名づけ親になっていただいて命名式をし、赤ちゃんの名前を披露して祝いました。
 命名書は、檀紙か奉書紙を横に2つ折りにし、さらに縦に3つ折にして、名づけ親が名前と生年月日を書いて、三方にのせて神棚に飾るのが正式です。

~現在は両親が命名することが多い~

 今でも昔どおり、名づけ親に頼む場合もありますが、本来は両親が命名するのがいちばん自然です。
 わが子の成長を願ってつけた名前ですから、周囲の雑音に惑わされず、一度決めたら迷わないことです。
 名づけ親を頼まれたら、両親が考えた名前の中から選ぶか、あるいは名づけ親が2、3の候補名を挙げて決定は両親にまかせるようにします。名前が決まったら、命名書に名前を書いて渡すのがマナーです。
meimei0
meimei1

~お七夜は内輪で祝うのが現代の習慣~

 出産後7日目あたりは、まだ産婦も疲れやすいときですから、お祝いは、できるだけ簡略にします。
 名づけ親をお願いしたかたがあれば、そのかたを中心に双方の両親や兄弟など、ごく親しい人たちだけを招き、ごちそうを用意して祝います。
 お赤飯、尾頭つきの魚、白みそ仕立てのみそ汁、または、すまし汁などで会食をしますが、産婦が食べやすいメニューでもけっこうです。
 会場となる部屋には、鴨居(かもい)や中央の壁などに赤ちゃんの名前をはって披露します。
 しきたりでは、このとき、赤ちゃんが男の子なら鶴や松などをあしらった里方紋つきののし目模様の広袖を、女の子なら手鞠(てまり)や羽子板柄などの友禅を着せますが、現在はそこまでそろえなくても、ちょっとしたおしゃれ着を着せる程度ですませているようです。
 鴨居などにはった命名書は、1ヵ月ほどではずしますが、赤ちゃんのへその緒といっしょに保管しておくなど、記念にとっておきましょう。

~招かれたときのお祝いの品は~

 お祝いに持参する品は、目上のかたへなら祝い膳のための「御酒肴料」として、現金を、兄弟やごく親しい友人なら、花やケーキなどを合同で求めて祝うのもよいものです。彩り豊かなおもちゃを贈るのも、その場の雰囲気を明るくする贈り物としてよいでしょう。
 お祝いのお返しは、当日の祝い膳がお祝いに対するお礼になるので特に必要ありませんが、礼儀として電話するか、もしくはお礼状を書きましょう。








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。