悲しみの日の装い☆女性の洋装

女性の洋装(喪服)

~遺族・近親者の装い~

 洋服の喪服には、黒のワンピースやアンサンブル、ツーピースがあります。透けたり、光ったりしない黒無地のもので、衿元を詰め、長めの袖で、丈はひざが隠れる程度にします。靴は止め金などの飾りのない黒、アクセサリーは結婚指輪以外いっさいつけないのが本式です。

mofuku_f_y2


●アンサンブル
 夏冬使用できて便利ですが、袖は長めの半袖にし、ノースリーブは避けます。ボタン、バックルは金属をやめて共布か光沢のない共色にします。

●ツーピース

 薄地のウールで作っておくと、盛夏以外の喪服として利用できます。デザインは、オーソドックスなものにし、派手なものは避けます。
 洋装の場合も、バッグと靴は布製が本式ですが、革の利用が日常に浸透している今日では、つやや飾りのないものなら革製でもかまいません。
 ただし、仏教では殺生を嫌いますので、一見してそれとわかる、爬虫類(はちゅうるい)製のものは避けるのがマナーでしょう。

~一般会葬者の装い~

 黒、グレー、濃紺などの地味な色でシンプルなデザインのスーツやアンサンブル、またはブラウスとスカートを組み合わせてもかまいません。遺族の場合は、上下とも黒にしますが、親族でも姻族などで血縁でない場合や、一般会葬者の場合は白、グレー、ベージュ、ブラウン、紺などのブラウスと黒のスカートを組み合わせてもかまいません。
 このように知人、友人、近隣の者として弔問や会葬に出席する場合は、地味で清潔な平服でよいのです。ただし、アクセサリーはつけず、化粧も身だしなみ程度に。

~失礼にならない喪の装いのポイント②~

●ストッキングは派手でなければよい
 ストッキングは黒のほか、肌色でもよいのですが、模様入りのものやカラーストッキングは避けます。

●パンツルックはベーシックなものを
 パンツルックも、ベーシックなもので、地味な色の無地なら差し支えないでしょう。特に寒さの厳しい冬などはやむをえません。派手なデザインやスポーティーなものは避け、シンプルなものを選びます。

●手袋は防寒以外は不要
 防寒以外の手袋は必要ありません。防寒用でも黒か地味な色にします。どうしてもという場合は、礼装用の黒のものなら着用してもかまわないでしょう。ただし、その場合も飾りのないシンプルなものにします。
 手袋をはずした場合は、バッグにしまうか、片手にまとめて持ちます。

●一般会葬者は帽子をかぶらない
 帽子は必要ありませんが、最近はかぶっている人も見かけるようになりました。もし、かぶる場合は、つばのないトーク型か、つばの狭い小さな形で、飾りのないシンプルなデザインのものを。
 キリスト教の場合、信者はヴェールをかぶりますが、遺族でもない一般会葬者はヴェールをかぶる必要はありません。

mofuku_f_y
mofuku_f_y3
mofuku_y








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。