赤ちゃんのお祝い☆帯祝い

帯祝い(生命の芽生えを祝い、出産の無事を祈る)

~帯祝いは5カ月目の戌の日に行う~

 妊娠5カ月目の戌(いぬ)の日に、腹帯を巻いて妊娠を祝い、出産の無事を祈るのが「帯祝い」です。戌の日に行うのは、犬は多産で、しかもお産が軽いのにあやかろうというものです。
 この帯を“岩田帯”といいますが、これは岩のようにたくましく、元気な子供が生まれるようにと、語呂を合わせてつけたものです。
 帯を巻くことによって腹部を保温し、胎児の位置を安定させて発育を助けると同時に、妊婦に母親としての自覚や、出産に対する心構えを持たせる効果もあります。

~岩田帯は妊婦の実家から贈られるのがしきたり~

 岩田帯は、妊婦の実家から贈るものとされていました。儀式用の紅白二筋の絹地に、ふだん用の白木棉一筋を重ねた祝い帯に、祝い酒などを添えて贈られました。
 着帯の儀式は、両家の両親、仲人が一堂に会し、親戚や知人の中で子宝に恵まれている夫婦を“帯親”として招いて行われました。帯親役の夫人が母の役を務め、妊婦に帯をつけます。このときの絹帯は産着や祝い着に仕立て、赤ちゃん誕生のときに使われたものです。着帯の儀式のあと、祝いの宴を開きます。
 
iwataobi

~現代の着帯は病院での指導に従うとよい~

 最近では、安産を守る神社などの祈祷ずみのものが販売されていますので、それを持って神社へお参りして、安産の祈願をしてもらうことが多いようです。また、妊娠時から出産まで病院の世話になることの多い今日では、着帯も医師や看護婦から指導してもらうのが一般的です。つまり、医師や看護婦が現代の“帯親”といえましょう。
 病院で個人的に着帯の指導を頼んだ場合は、診察料とは別にお金を包みます。「御礼」「御祝儀」として、菓子折に相当する現金を紅白の水引をかけて贈るとよいでしょう。
自分でやるなら、以下参考。
iwataobi_how

~お祝いは夫婦が中心で行う~

 着帯は、あくまでも内輪の祝い事なので、夫婦ふたりで、親となる心の準備などを語り合いながら、安産を祈るだけでかまいません。
 祝い膳をする場合も、双方の両親、兄弟など、ごく近い身内を招くくらいです。仲人も、ごく親しいかたならお招きしてもよいのですが、頼まれ仲人のようなかたなら、妊娠の報告をする程度でよいでしょう。
 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。