葬儀後の法要☆法要の知識

法要の知識(忌日や命日に行う行事)

~一周忌までの法要~

 法要は法事ともいい、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために忌日や命日に行う行事です。
 仏教では、死亡してから7週間(四十九日)は,
「中陰」といって故人は現世とあの世の間をさまよっているとされています。その間に縁故者が供養することによって初めて、死者は無事に極楽浄土に送り届けられると考えられています。これが成仏(じょうぶつ)です。
 したがって、この七週間の法要はたいへん重要な意味を持つ儀式といえます。
 法要は、死者が冥土に行くと閻魔(えんま)の庁で7日目ごとに7回の審判がなされるということから、死亡した日から数えて7日目ごとに7回行われます。

●初七日の法要

 故人が亡くなった日から数えて7日目に行われる法要を初七日といいます。本来は、骨揚げの2、3日あとということになりますが、遠方の人に何度も来ていただくのはたいへんなことなので、葬儀当日の遺骨迎えの法要とあわせて行うことが多いようです。

●五七日(三十五日)までの法要

 初七日以降は、二七日(十四日)、三七日(二十一日)、四七日(二十八日)とつづきますが、これらの法要は内輪で営まれるのが一般的です。僧侶を招いて読経していただきますが、最近ではそれも省略して家族だけで行うことが多いようです。
 しかし、宗派によっては五七日を忌明けとするところもあり、初七日と同様に手厚く法要を営みます。

●七七日(四十九日)

 四十九日は「満中陰(まんちゅういん)」といわれ、忌日の中でも特に重要な日とされています。この日を境に忌明けとなるとされていますから、近親者、知人、友人を招き、僧侶にお経をあげていただいて供養し、そのあと忌明けの宴を開きます。
 納骨、埋骨も五七日か七七日に行うことが多く、法要も盛大なものになります。また、この法要では、位牌を白木から塗り物にかえ、「入魂供養」をして仏壇に納めます。

●百カ日

 四十九日以後の大きな法要は、百カ日も大きな法要は行わず、ごく内輪にすませることが多くなりました。
 また、地域によっては百カ日に先祖や身寄りのない無縁仏の供養である「施餓鬼会(せがきえ)」を行うところもあります。

~月法要と年忌法要~

●祥月命日

 故人が亡くなった日と同月同日の命日を「祥月(しょうつき)命日」といい、一周忌、三回忌などの年回忌ばかりでなく、この日には内輪で供養します。仏壇をきれいに掃除し、故人の好物や花などを供えて供養し、家族でお墓参りをします。

●月忌法要

 毎月、故人がなくなった日と同じ日が月の命日、「月忌」となります。僧侶にお経をあげていただいて「月忌法要」を行いますが、最近では、「月忌法要」を営む例は少なくなっているようです。その場合には、仏壇に故人の好物などを供えて、心からの供養をするだけでもよいのです。

●年忌法要

 故人が亡くなった月日と同じ月日に、まず一周忌を営みます。
 そのあとは、満2年目の三回忌(一周忌以降は死去した年も入れて数える)、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌(あとは50年目ごと)に法要を営みますが、一般家庭では、故人をしのんでの法要は三十三回忌ぐらいまでで終わりにすることが多いようです。
 なお、法要の際、遺族、近親者は卒塔婆をあげて故人を供養します。
hoyo

神式では霊祭を行う

 神式の場合、仏式の法要にあたるものを霊祭といいます。
 霊祭には、葬儀の翌日に行われる翌日祭、亡くなった日から10日目ごとに霊を祭る毎十日祭(十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭)、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭で、あと50年までは10年ごと、そのあとは百年祭になります。一年祭までのうち特に重要なのは、五十日祭、百日祭、一年祭で、四十日祭は略すことがあります。
 霊祭は神社内では行わず、墓前で行うのが普通です。人数が多いときや雨天のときは自宅で行ったり、宗教に関係のない斎場に神主を招いて行います。一年祭以後は、自宅で行うのが一般的です。
 神棚あるいは墓前に、洗米、塩、水、故人の好物などを供え、親戚や親しかった知人を招き、神官に祭詞を奏上してもらい、一同で玉串をささげます。このあと、法要と同じように宴席を設けます。

●神官への謝礼

 神社の格式や祭事に規模によって違いますので、前もって、しきたりにくわしい長老などに、相談しておくとよいでしょう。謝礼の上書きは「御礼」で、別に「御車代」を包むのが普通です。

キリスト教式では記念祭を行う

 キリスト教では故人をしのぶ記念祭、追悼ミサを行います。
 プロテスタントでは、死後1週間目か10日目、または一カ月目の召天記念日に、自宅か教会または墓前で記念祭を行います。
 自宅で行う場合は、祭壇を作り、故人の写真を中央に置き、生花で飾ります。牧師、親類、友人などを招き、牧師の司祭で礼拝を行い、そのあと茶菓をいただいて故人をしのびます。
 このこと以外は、特に決まった儀式はありませんが、1年目、3年目、5年目などの召天記念日には、追悼会を行って故人をしのぶのが一般的です。
 カトリックの場合は、死亡した日から3日目、7日目、30日目、1年目などに、神父に依頼して教会聖堂で親類、知人が集まって追悼ミサを行います。
 ミサのあと、別室か自宅で茶話会を開いて、故人を追悼します。そのほかは特別な決まりはありませんが、毎年、召天記念日には追悼ミサを行うのが普通です。

●牧師、神父への謝礼

 プロテスタントなら「記念献金」、カトリックでは「御ミサ料」と上書きして、教会へ献金することになります。

葬儀後の主な法要(仏式)























































































































































法要名 読み方 数え方
初七日 しょしちにち 死後7日目(死亡日も含む)

しょなぬか
二七日 にしちにち

ふたなぬか 死後14日目
三七日 さんしちにち

みなぬか 死後21日目
四七日 ししちにち

よなぬか 死後28日目
月忌 がっき 死後1カ月目
五七日 ごしちにち

いつなぬか 死後35日目
六七日 ろくしちにち

むなぬか 死後42日目
七七日(四十九日) しちしちにち

なななぬか

(しじゅうくんち) 死後49日目
百カ日 ひゃっかにち 死後100日目
一周忌(祥月命日) いっしゅうき

(しょうつきめいにち)死後1年目
三回忌 さんかいき 死後2年目(3年目の祥月命日*)
七回忌 ななかいき 7年目の祥月命日*
十三回忌 じゅうさんかいき 13年目の祥月命日*
十七回忌 じゅうななかいき 17年目の祥月命日*
二十三回忌 にじゅうさんかいき 23年目の祥月命日*
二十七回忌 にじゅうななかいき 27年目の祥月命日*
三十三回忌 さんじゅうさんかいき 33年目の祥月命日*
五十回忌 ごじゅっかいき 50年目の祥月命日*
百回忌 ひゃっかいき 100年目の祥月命日*
* なくなった年を含める ★地域によって多少異なります。




 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(10月)☆ハローウィン 2019/09/22
秋の行事(9月)☆お月見 2019/09/06
葬儀後の法要☆お彼岸 2019/08/31
秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。