婚約と結納☆婚約指輪の選び方

婚約指輪の選び方

 ~思いを込めて贈る~

 婚約指輪そのものの由来は、古代ローマで、契約の履行のあかしとして発祥したといわれています。これがキリスト教で婚約指輪の交換をしたことで広まり、今では日本でもすっかり定着しました。
 婚約後、左手の薬指に光る指輪は、幸せの象徴、愛のあかしとして、女性の憧(あこが)れの的です。
 婚約指輪としての宝石にはいろいろありますが、やはり人気ナンバーワンはダイヤモンド。純粋無垢の象徴で、永遠の愛を意味します。
 誕生石を婚約指輪にするということもよく行われます。誕生石の指輪を身につけるのは、“魔よけの力があり、幸福を招き入れる”からといわれます。
 そのほか、婚約指輪は、代々その家の家宝である宝石を贈るというケースもあります。その家の嫁として、責任と資格を与えられる象徴といえるでしょう。
 結局、贈り方がどういう形式であれ、どんな宝石であれ、そのものに思いが込められていれば、婚約指輪としての価値があるのです。

~選ぶときは目的に合わせて~

 現在では、婚約指輪のデザインも豊富になりました。単に、石の大きさによって価値が変わるといった時代ではなくなったようです。そこで指輪を選ぶときは、自分たちの目的に合ったものにすることがポイントになります。
 その1つの例として、婚約のしるしなので、いつも肌身離さず身につけていたいと思うなら、ファッションリングとしての要素のあるものを選ぶのもよいでしょう。
 たとえば、手持ちのリングとコーディネイトしてつけられるものや、アームなどのデザインが個性的なもの、親しみやすいゴールドとのコンビ、小さなダイヤモンドをたくさんちりばめたキュートな印象のもの、マリッジリングと重ねてつけることのできるものもあります。
 また、オーソドックスなものを永く使いたいと考えるなら、ダイヤとプラチナを組み合わせたものなどが、冠婚葬祭のおつきあいにもつけられて便利でしょう。
 さらには、婚約指輪に財産としての価値を求める場合もあります。こういう場合は、自分の代から次の代へ引き継ぐ財産としての意味があります。

~婚約の1カ月前に購入~

 統計資料によれば、婚約指輪の金額の平均は、月収の2、3倍となっています。
 しかし、結婚にかかる費用はほかにもいろいろありますから、全体の予算の中から無理のない範囲で求めるのが理想的です。
 一般に、婚約指輪の裏にはふたりのイニシアルと、婚約式の年月日を刻みます。サイズの調整がありますから、おそくとも婚約の1カ月前には購入しましょう。


婚約指輪

1月 ガーネット(誠実・忠実・友愛・貞節)

2月 アメジスト(真心・理想・純真)

3月 アクアマリン(英知・聡明・知恵)

4月 ダイヤモンド(純潔・永遠・貞操・純粋)

5月 エメラルド(愛・幸福・夫婦愛)

6月 真珠(健康・富・長寿)

7月 ルビー(情熱・自由)

8月 ペリドットまたはサードニックス(夫婦愛・幸福・和合)

9月 サファイア(誠実・真実・正直)

10月 オパール(希望・幸福)

11月 トパーズ(忠実・忠誠・友愛)

12月 トルコ石(成功)

 デザインも、デコラティブで大きめのものよりも、定番の形に個性的な工夫をこらしたもの、ファションリング的なものが、日常的にも応用範囲が広くてよいでしょう。
 また、婚約の記念として、自分たちだけのオリジナルの指輪がほしい場合は、オーダーメイドにする方法もあります。
 参考になる写真や、アレンジするポイントなどを簡単な絵にかいて、オーダーメイド店に持っていきます。1カ月ぐらいはかかりますので、時間的な余裕を持って注文しましょう。


結婚指輪の用意

~結婚指輪は挙式の1カ月前に用意~

 結婚式をイメージするとき、その代表的なワンシーンが“指輪の交換”でしょう。
 結婚式に交換する指輪は、一般に「カマボコ」といわれる甲丸タイプのもので、ゴールドかプラチナがよく選ばれるようです。
 指輪自体はシンプルで、特にこったデザインではありませんが、リングの内側に彫る日付やふたりのイニシアルなどのデザインは、やはりいろいろなタイプがあります。挙式1カ月前くらいにはふたりで好みのものを選んで用意し、挙式まぎわになってあわてないように、準備しておきたいものです。

konyaku_ring








検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。