婚約と結納☆結納品の準備

結納品の準備

~結納の形式は地方によって異なる~

 結納という言葉は、もともと「ゆひのもの」といい、結婚の申し入れを意味する「言入(いいいれ)」が変化したものだとか、新しく親族となるしるしに飲食をともにするその酒肴のことだとか、いろいろな説があります。
 ですから、各地によってその意味や形式、方法などにはかなりの差があります。
 たとえば、主に関東の慣習では昔から往復型結納で、男女双方で同程度の結納品を用意して交換します。これに対し、主に関西のほうでは片道結納が行われていて、結納品は男性側だけが用意して贈り、女性は受書を渡します。この違いは言葉の使い方にもあらわれており、関東地方では「結納を交わす」といいますが、関西地方では「結納を納める」といいます。
 また、往復型結納にしろ、片道型結納にしろ、伝統的な方法(正式)と現代的な方法(略式)とがあります。伝統的な方法というのは、男女双方の家を仲人が行ったり来たりして結納を交わす方法です。現代的な方法というのは、男女双方と仲人が一堂に会して結納を行うもので、仲人へかける負担が少なく、合理的な方法といえます。
 さらに、結納品そのものも各地によって異なりますし、地方によっては男性が結納品に添えて女性の家族にお土産を持参するしきたりがあるなど、細部にわたってはその土地土地で特色があります。
 このように、一口に結納といっても、そのやり方はさまざまです。ですから、事前に双方で具体的に打ち合わせる必要があります。お互いに自分の考えや地域の慣習を伝え、違いがあれば調整します。男性側に合わせるのが基本ですが、女性の側に合わせてもかまいません。

~仲人を選んで依頼する~

 結納に立ち会ってもらう仲人は、見合い結婚の場合は、その仲介者にお願いするのが普通ですが、別の人を立てる場合もあります。恋愛結婚だと、この時点で仲人を選ぶことになります。
 一般的には、結納のときの仲人が引きつづき、挙式のときの媒酌人になります。ですから、媒酌人を前提として結納の仲人を選びます。
 周囲からの人望が厚く、何かあったときに気軽に相談することが可能な夫婦仲が円満な人、そして何よりも新郎新婦が信頼できる人を選ぶようにします。見えで、地位や名声にこだわるのは賢明ではありません。
 自分たちの人間関係の中で、最良の人を選べばよいのです。なお、一般的には男性の会社の上司、恩師、先輩などが多いようです。

~仲人を立てない結納もふえている~

 結納とは結婚の約束を確定させる社会的な手続きですから、仲人が立ち会うのが本来の姿ですが、最近は仲人が立ち会わないで、男女本人と双方の両親だけで行うことが多くなっています。他人の手をわずらわせずにすむので気が楽という点が、現代にマッチしているのでしょう。
 ただ、第三者が立ち会っていないので、結納以降に何かトラブルが起きた場合、双方の間に立って調整、解決する人がいないとか、気楽な方法なので本来の意義が薄れてしまうという面もないわけではありません。

~結納金は月収の2、3カ月程度~

 結納金は支度金であるとか、嫁とりの対価などといわれたこともありますが、現代では、婚約に際して贈る贈り物として解釈するのが自然でしょう。したがって、男女とも自分の経済力に見合ったプレゼントを考えるのがマナーとしてもふさわしいあり方ですし、特に男性はそれを相手に示すことで、自分の経済力と結婚後の生活の規模を女性に理解してもらうことになります。見えを張って多額の結納金を贈ると、女性はそれに見合う生活プランを考えがちですし、逆に少なすぎてもあとあとの生活に影響をもたらします。
 一般的には、月収の2、3カ月くらいが、一生に一度の贈り物としてふさわしいと考えられています。ただし、最近はほとんどの人が結納金に婚約指輪を添えて贈りますから、両方合わせた額がこの程度におさまるように考えてよいでしょう。
 たとえば、60万円くらいの予算だったら、30万の現金と同程度の指輪にするか、指輪を豪華にして現金はゼロ、ということも考えられます。どちらにするかは当人ふたりの価値観と状況によりますから、相談して決めるのがいちばんです。
 女性からのお返しとしての結納金は、関東だと「半返し」、つまり結納金の半額程度、関西は1割程度とされています。ただし、最近は現金の返礼はやめて、装身具とかスーツ、あるいは趣味の品などを記念品として贈ることが多くなっています。
 記念品の金額が半返しの額よりだいぶ少なくなるような場合は、男性側はあらかじめ結納金から半返し分を差し引いた額を贈るようにすると、バランスがとれます。
 このように、結納金についても考え方はいろいろですから、事前に双方で話し合っておきましょう。見合い結婚でお金のことをざっくばらんに相談しにくいのであれば、仲介者や仲人に調整してもらうとよいでしょう。

~結納品には正式と略式がある~

 結納品(結納飾り)は、縁起物をセットにしたものです。
 関東では、長熨斗(ながのし)、末広(すえひろ)、友志良賀(ともしらが)、寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)、松魚節(かつおぶし)、家内喜多留(やなぎだる)に、目録と結納金を包んだ金包(きんぽう)を加えた9品を白木台にのせたものを正式とし、略式の7品(鰹(かつお)節と柳樽を省略)、5品(さらにするめ、こんぶを省略)といった飾りを使うこともあります。
 結納品は地方によって特色があり、関西では結納品の一つ一つに、たとえば長熨斗には鶴、末広には亀というように豪華な水引細工がついていて、それぞれ別々の白木台のうえにのせます。名古屋のほうでは、結納品に加えて呉服地や帯締めなどを使って作った宝船や鯛、樽などを贈ります。
 地元のデパートや結納用品店にはその土地のやり方にもとづいた結納品が用意されています。やり方でわからないことがあれば、お店の人に聞いてみるとよいでしょう。
 なお、品数を正式にするか略式にするかは、本人たちの考え方に従って、合理性を好むのであれば略式にするとか、形式を尊ぶのであれば正式にするといった感じで選べばよいでしょう。飾る家の格式とか環境、価値観に合ったものを選ぶ場合もあります。いずれにせよ、往復型結納では双方が同じものを用意するようにします。

yunohin

 







検索フォーム

スポンサーリンク

最新記事

秋の行事(9月)☆重陽(ちょうよう)の節句 2019/08/20
洋食のテーブルマナー(ナプキンの使い方とマナー) 2019/08/11
夏の行事(7月、8月)☆お盆・暑中見舞い・土用 2019/07/30
婚約と結納☆婚約の意味・結納 2019/07/20
会葬のマナー☆葬儀の手順 2019/07/14
夏の行事(7月)☆七夕・お中元 2019/06/29
結婚式の実際☆結婚式当日のマナー 2019/06/25
披露宴でのマナー(服装・スピーチなど) 2019/06/16
結婚のお祝いの仕方とマナー(招待状、お祝い金、書き方) 2019/06/15
夏の行事☆お中元(予算・目安) 2019/06/04
夏の行事(6月)☆父の日・衣替え・入梅 2019/05/31
新春の行事としきたり(1月)☆書き始め・鏡開きなど 2019/05/13
春の行事(2月)☆節分・初午・針供養・バレンタインデー 2019/05/13
新春の行事としきたり(1月)☆正月の後始末 2019/05/13
大人の祝い☆成人式 2019/05/13

スポンサーリンク

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

マナーマスター

Author:マナーマスター
年を重ねると冠婚葬祭にまつわる、儀式や行事に参加することが多くなりますよね。でも、今さら恥ずかしくて人に聞けないこともあります。葬儀に参列したはいいが、お焼香ってどうするんだっけ?など。 食事のテーブルマナーについても参考にしてください。